婚活をしていて不安になったときには原点回帰

体育座りの女性

本来の自分を思い出す

婚活は山あり谷ありです。調子いいときもあれば、調子が悪いときもあります。調子が悪いときには強い不安を感じてしまうときもあるでしょう。

「どうして婚活がうまくいかないんだろう。」
「自分は結婚に向いてないのかな。」
「このまま結婚できなかったらどうしよう。」

などと、次から次へと不安が頭をよぎると思います。不安になればなるほどに自分が分からなくなるものです。なんで婚活をしてるのか、なんで結婚するのか、自分の幸せとはなにか。

そんなときには原点に戻ることをおすすめします。

婚活を始めたばかりの頃の新鮮な気持ちを思い出すのです。

安らげる家庭が欲しかったかもしれませんし、子供がほしいと思ったからかもしれない。親を喜ばせてあげたいという気持ちだったかもしれません。

婚活を始めたばかりのころの新鮮で純粋な気持ちを思い出すことで、もう一度本来の自分を思い出すのです。

自分に素直になる

それでも気持ちが晴れないようなら、自分が好きなことを思いっきりやってみるのもいいでしょう。

婚活は魅力的な自分を演じようとするあまりに、本当の自分を閉じ込めてしまうことがあります。

自分が心から楽しいと思えることやずっと我慢していたことをやってみましょう。

ショッピングでもいいです。旅行でもいいです。我慢していた甘いものをたくさん食べてみてもいいです。

とにかく自分に素直になって、内側に閉じ込めている自分を外に出すのです。

そうすれば、本当の自分が分かるようになり、どうして結婚したいのか、どうして婚活を始めたのかを純粋な気持ちで思い出すことができるでしょう。

想いを口にする

自分一人ではどうしても不安が拭いきれないことはあると思います。人間一人でなんでもできるほど強くはないのですから。

そんなときには親しい友人や家族に今の自分の想いを吐き出してみるようにしてください。誰かに不安を打ち明けることで、気持ちが楽になると思います。

想いを口にすることで、結婚に対する考え方が整理できる効果もあります。

どうして自分が結婚したいのか、どんな生活を望んでいるのかがはっきりするようになります。

そうなれば、あとはやるだけです。

理想の相手に出会えることを信じて婚活をし続けることで道は開けるはずです。