合コンは結婚につながらないって本当?合コンが婚活に不向きな理由5つ

最終更新日:

華やかな合コン

婚活中の皆さま、「合コンは婚活に向いていない」という話を聞いたことがありますか? 中には、合コンが婚活に向いていないと聞くと「どうして合コンは婚活に向かないの?」「合コンで出会って結婚する人だっているんじゃないの?」と思う人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、合コンをしても結婚につながらない理由を5つご紹介します。合コン以外の出会い方にイマイチ興味をもてない方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

理由1.合コンに対するイメージが良くない

合コンをしても結婚につながらない最大の理由は、合コンに対するイメージが良くないことです。

あなたは、「合コン」と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?

  • ・気軽に出会えそう
  • ・チャラい人がいそう
  • ・一晩限りの関係もありそう

などのイメージをもっている人が多いのではないでしょうか。

もちろん、合コンに参加する全員が軽い気持ちで参加するワケではありません。合コンで出会ったカップルが結婚に至ることもあるでしょう。

ただし、婚活の場合はこのような合コンのイメージが邪魔となります

なぜなら、合コンで出会っただけで軽い人のような印象を与える(もしくは受ける)可能性があるからです。

もし合コン以外の場所で出会っていれば素直に「楽しい人だな」と思ったかもしれないのに、合コンで出会ったせいで「合コン慣れしてそう」などと思ってしまう(もしくは相手に思われてしまう)ことは充分に考えられます。

つまり、合コンは真剣さや誠実さを求める人には不向きな出会いなのです。

理由2.一度に出会える人数が少ない

一度に出会える人数が少ないことも、合コンが結婚につながりにくい理由です。

平均で見ると、一般的な合コンは男女が3対3や4対4で開催されるケースがほとんど。中には5対5以上の人数で開催する合コンもありますが、まれですね。

なぜ合コンは少人数での開催が多いのかと言うと、あまり大人数で開催すると全員と仲良くなるのが難しいからだと考えられます。大人数で開催する合コンで全員と話をするには、席替えをしなくてはいけません。もし席替えがなければ、遠くに座っている異性とは挨拶しかできない可能性も出てくるでしょう。

このような理由から、合コンの黄金比率は3対3や4対4と言われています。

ところが、婚活における出会いでは、一度にたくさんの異性と知り合えるかということ、つまり効率の良さも重要なポイントです。とくに「なるべく早く結婚相手を見つけたい」と考える人にとっては、効率の悪さが命取りになります。

このように、合コンは早く結婚したいと考える人には向いていない出会いなのです。

理由3.フリーではない可能性がある

NGサインの女性

合コンをしても結婚につながらない3つ目の理由は、彼氏や彼女のいる人や既婚者が参加しているかもしれないことです。

婚活を早く終わらせたければ、確実にフリーの異性と出会う必要があります。

ところが、合コンはだれでも参加できます。婚活サイトや結婚相談所のように、身分証明書を提示する必要もありません。もしかしたら相手の名乗った名前は本名ではないかもしれないですし、彼氏・彼女がいるだけでなく結婚している可能性もあります。

婚活中の人が遊び目的の異性と出会ったところで、何のメリットもないですよね。むしろ時間とお金のムダとも言えます。

確実にフリーの異性と出会いたい人には合コンの出会いは向いていないと言えるでしょう。

理由4.結婚願望がない人も参加している

合コンが婚活に向かないのは、合コンには結婚願望のない人も参加しているからです。

合コンに参加している人の中には、結婚願望がない人もいます。むしろ、合コンで結婚の話を出すと相手に引かれてしまうこともあるのです。

中には、交際を始めてから結婚願望がない事実を知るケースもあります。交際を始めてから結婚願望がないことを知ったからと言って、すぐに別れられる人はそう多くないのでは? 女性の場合はとくに、好きになった男性に結婚願望がないと知ってもすぐに気持ちを断ち切れない人は多いでしょう。

最悪の場合、「いつかは彼の気が変わるかも」と思いながら何年も交際を続けた末に「俺はこれからも結婚する気はないから」と告げられる可能性もあります。

婚活の一環で参加した合コンなのにもかかわらず、こんな悲しい結末があって良いのでしょうか。

一般的に考えて、婚活をしているなら結婚の話は避けられません。たとえ初対面であっても、「結婚について相手がどんな考え方をしているのかを知ってから親交を深めたい」と考えるのが一般的な婚活の出会いです。

一日も早く結婚したいと思える異性と知り合うためには、確実に結婚願望のある異性と出会わなければいけません。

ですから、結婚願望があるかどうかすら質問できない合コンは婚活中の男女には不向きな出会いなのです。

理由5.出会いを求めていない人も参加する

怒っている婚活女性

合コンが婚活に向かないのは、出会いを求めていない人も参加している可能性があるからです。

合コンは、基本的には男女の人数が同じである必要があります。つまり、頭数をそろえるために友人に頼まれて参加する人もいるということ。頭数をそろえるために参加を頼まれる人の中には、もちろん恋人のいる人や既婚者もいるでしょう。

下手をすると、同性愛者が紛れている可能性もあるかもしれません。

婚活を目的とせずに参加するなら、人脈が広がるだけでも参加する意味があるかもしれません。ところが、婚活となれば話は別。結婚願望どころか、出会いさえ求めていない人と出会うためにお金と時間を使うくらいなら、もっと結婚につながる出会いのために費やした方が良いですよね。

婚活をするなら、出会いを求めている人と確実に出会える場所を選びましょう。

■まとめ:婚活するなら婚活専門の出会いの場

今回は、いくら合コンに参加しても結婚につながらない可能性がある理由を4つご紹介いたしました。

「餅は餅屋」という言葉があるように、婚活には婚活専門の出会いがオススメです。

たとえば、結婚相談所婚活サイトなら真剣に婚活をしている相手と出会えるでしょう。

せっかくお金と時間を費やす訳ですから、確実に結婚につながる出会いの場を選んで婚活してくださいね。


関連記事