心理学の研究で明らかに!すぐ別れるカップルの特徴と相手選びの注意点

最終更新日:

別れ際のカップル

「今度こそ、長続きする恋がしたい!」毎回こう思っているのに、実際に付き合ったらすぐに別れてしまった…なんてことありませんか?

実は「すぐ別れてしまうカップル」には、いくつかの特徴があることが心理学の研究で分かっています。

タイプに当てはまると、永遠に付き合っては別れ、付き合っては別れ…のループにハマったまま、抜け出せないかもしれません。

ここでは、すぐに別れてしまうカップルの特徴を解説。心理学を交えながら分かりやすく説明していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

すぐに別れてしまうカップルの5つの特徴とは?

恋人ができたのに、またすぐ別れてしまい落ち込む女性

すぐに別れてしまうカップルには、次のような特徴があります。

  • 自分に自信がない
  • 他人を信じられない
  • 外見だけで付き合ってしまった
  • 相手のことをよく知らないのに付き合ってしまった
  • 自分との違いを認められない

順番に見ていきましょう。

1.自分に自信がない

自分に自信がない人は、好きな人とカップルになっても別れやすい傾向にあります。自信がないために、恋愛関係でも友人関係でも「一人になること」をとても恐れるからです。(心理学では、このような人を「不安型の愛着スタイル」と呼びます。)

「一人でいたくないなら、すぐ恋人ができるんじゃないの?」と思うかもしれませんね。確かに、不安型の人は恋人ができやすいです。しかし、恋人を作る理由は「一人でいるのが嫌だから」というものなので、安定した恋ができるわけではありません。

例えば、相手に嫌われるのを怖がって、好きな人じゃないのに告白されると付き合ってしまうことも。「こんな自分を好きと言ってくれたんだから、きっといい人だ」と思ったのに、一定時間が経つと「やっぱり違うかも」と別れて、同じような恋をくり返してしまいます。熱しやすく、冷めやすいカップルになりやすいということですね。

※また、不安型の人は「パートナーとの関係が悪化しても、自分から別れられない」こともあります。「この人と別れたら、もう二度と恋人はできないかもしれない」と考えて、今の関係にしがみついてしまうのです。

「嫌われるくらいなら、私が我慢した方がマシ」と考えたことがある人は、不安型の傾向があるので注意しましょう。

2.他人を信じられない

他人を信じられない人も、すぐに恋人と別れてしまう傾向があります。自分の本音を明かしたくないため、友達や恋人であろうと一定の距離を取りたがるからです(心理学では「回避型の愛着スタイル」と呼びます。)

パートナーが「連絡の回数は少なめにしておこう」と性格を理解して、バランスを取れたら問題はありません。しかし、パートナーから「どうして連絡してくれないの?」「もっと連絡して!」と距離を詰められると、回避型の人は束縛されているように感じてしまいます。

パートナーから「本当に好きなの?」「どうして付き合ってるのか分からない…」と言われることが多い恋になりやすいということですね。

3.外見だけで付き合ってしまった

「外見に惹かれて付き合った」カップルは、3ヶ月以内に別れることが多いです。そのため、外見重視でパートナーを選んでいる人は注意しましょう。

誰にでも「好みの顔」はあるので、外見を気にすることは悪いことではありません。

しかし、意見や価値観など「内面」で合わないことがあると、恋心は冷めやすくなってしまいます。

他人同士が長く一緒にいるには、見た目の好みだけでなく「内面での相性」も大切なのです。

どんなに好きな顔であっても、時間が経つと見慣れてしまうもの。見た目だけでなく、性格や内面で尊敬できるパートナーを選びましょう。

4.相手のことをよく知らないのに付き合ってしまった

相手のことをよく知る前に付き合ってしまうと、すぐに別れてしまう傾向があります。

なぜなら、付き合っていくうちに「価値観の違い」が目立ってきてしまうからです。もちろん、お互いに違いを認め合って「相手のことをもっと知ろう!」と努力していくのなら問題ありません。

しかし、付き合った後でパートナーに期待するのは、もはやギャンブルみたいなもの。

長続きする恋をしたいなら、付き合う前に会話を重ねて「相手は自分と価値観が合うか」しっかり確認しましょう。

5.自分との違いを認められない

「お互いのことは、何でも分かっている」というカップルに憧れることはありませんか?実は、カップルは似すぎると「恋愛関係」が壊れてしまいます。

似すぎると相手から学べるものがなくなり、一緒にいても飽きてしまうからです。

最初は共通点があると嬉しく感じますが、一緒にいる時間が長くなれば「相手と自分で違うこと」が目立つようになります。

このとき、お互いが自分と違う点を「自分にはない考え方だ」と認め合い、尊敬することによって恋愛関係が長続きするのです。

しかし、自分との違いを認められなかったり、自分の考えを無理やり相手に似せようとすると破局してしまいます。

長続きする恋愛がしたいなら、2人の共通点だけではなく「違い」も大切だということを覚えていてくださいね。

長続きするカップルになるために大切な2つのこと

長い恋愛期間を経て、結婚式をあげたカップル

長続きするカップルになるには、とくに次の2つが大切です。

  • 相手を慎重に選ぶ
  • 自分を変える

長続きするパートナーの選び方を知りたい方は、「長続きする恋人の選び方」の記事に詳しく書いてありますので、読んでみてくださいね。

好きになった人と長く安定して付き合いたいなら、「自分」を変えるように努力してみましょう。人が変えられるのは「自分」だけだからです。

ここからは、好きな人と安定したカップルになるために「自分の努力で変えられること」を紹介していきます。

1.悩みや問題ができたら、きちんと伝える

悩みや問題は、きちんと相手に伝えましょう。言いたいことを言わずに我慢してしまうと、一緒にいることがストレスになるからです。

「悩みを伝えたら、嫌われるかもしれない」と思うかもしれませんが、恋人の悩みを真剣に聞かない時点で、その相手と安定した関係を築くことはできません。

長く続いているカップルも、問題が起こるたびに共有して乗り越えてきたからこそ、ずっと一緒にいるのです。

「努力することで、恋愛関係は続けられる」ということを忘れないでくださいね。

2.感情をコントロールする

最後に、自分の感情をコントロールできるようにしましょう。感情のコントロールとは、自分が「何に対して」「どのような感情を持っているか」を把握することです。

自分の感情と冷静に向き合うことで一旦クールダウンができるため、ケンカではなく、前向きな話し合いができるようになります。

自分の感情をコントロールするためには、次の2つが有効です。

  • 毎日感じたことを日記に書く
  • 1日5分でも良いので瞑想をする

この2つを続けると、自分が感情的になりそうなときに気づくことができます。

他にも、呼吸を整えることも効果的です。感情的になりそうになったときに、4秒息を吸って4秒息を吐くことを5回くり返しましょう。

長期的に仲の良い関係を続けるためには、「お互いに歩みよる」ことが大切です。しかし、感情的になると「自分優先」になってしまうため、どうしても相手を非難しやすくなります。その結果、2人の関係がどんどん悪くなってしまうことに…。

仲良しの関係を続けるためにも、自分の感情はしっかりとコントロールしましょう。

まとめ

お互いに努力して、長続きしているカップル

すぐに別れてしまうカップルの特徴や、長続きするカップルになる方法について紹介してきました。

次のような人は、好きな人と付き合っても長続きしない傾向があります。

  • 自分に自信がない
  • 他人を信じられない
  • 外見だけで付き合ってしまった
  • 相手のことをよく知らないのに付き合ってしまった
  • 自分との違いを認められない

当てはまるものがある方は、恋人を慎重に選ぶだけでなく、自分自身を変えるように努力してみましょう。

努力がなければ、長期的な恋愛はできません。逆に言えば、努力することで長続きするカップルになることはできます。

相手を見極める目を養いつつ、自分自身の感情をコントロールするようにしましょう。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

注目の記事

結婚相談所の口コミ比較ランキング 結婚相談所の口コミ比較ランキング
実際に利用した600人以上の評価で決定!口コミ評価を元にした結婚相談所の口コミ比較ランキング。本当に出会える結婚相談所とは??
結婚相手のイメージ 期待の新サービスが登場!ペアーズエンゲージのレビュー
月額9800円の格安の結婚相談所が2019年8月にスタート!運営はあのペアーズ!詳しいレビューはこちらから。
結婚相手のイメージ 目的別!短期間で出会いを10倍に増やす方法
理想の相手と結婚するために最も大切なのは出会いの数!短期間で出会いを増やす方法を目的別に紹介します。
1年以内に婚活で結婚したカップル 1年以内に理想の相手と結婚する方法
1年以内に結婚できる人とできない人の違いは〇〇!婚活のプロアドバイザーが教える1年以内に結婚するための方法。

関連記事

SNSでシェア