モテるのはおごり派!婚活の初デートで割り勘を避けるべき理由4選

最終更新日:

婚活デートでお会計をする男性

あなたは、女性とデートをしたら食事をおごりたいと考えるタイプですか? それとも、割り勘にしたいタイプですか? 恋愛に関する価値観は人それぞれです。デート代を男性が多く出すべきなのか、それとも割り勘をすべきなのかはカップルによって変わりますし、お互いがそれで良ければ何の問題もないでしょう。

しかし、婚活における初デートでは割り勘派よりもおごり派の方がモテます。では、なぜ婚活の初デートで割り勘をすると女性からのウケが良くないのでしょうか?

今日は、婚活の初デートで割り勘を避けるべき理由を女性目線で3つ紹介します。

理由1.経済力が違うから

婚活で割り勘にされて残念がる女性

男性と女性は経済力が明らかに異なります。その金額が女性にとって負担になると気づかずにキッチリ分けるのは女性としては納得がいきません。

仮に、お会計が1万円だったとします。割り勘にすると、5,000円です。

この5,000円という金額は、同じ5,000円でも人によって価値が違います。

仮に男性の年収が800万円だった場合、1食分の飲食代が5,000円という金額は妥当なのかもしれません。

ところが、年収が300万円の女性からすれば1食分の食事代に5,000円も出すことが妥当とは思えないでしょう。ましてや一人暮らしをしている女性ともなれば、毎回のデート代にそう多くのお金を割けないハズです。

もし最初から割り勘にする予定だったなら、せめてもう少し安いお店にしたり、女性には3,000円だけもらって残りの7,000円は自分が出したりすることで女性への思いやりを示すと◎。キッチリ割り勘にすることと比べれば、女性も受け入れやすいです。

割り勘派の男性は、おごりか割り勘かという点だけでなく、女性と自分の年収の差や女性の生活スタイル、金銭面などにも気を配ってあげたほうが良いということです

理由2.食べる量・飲む量がそもそも違うから

これは物理的な話で、たとえば食べたり飲んだりした量が明らかに男性より少なかったにもかかわらず、キッチリ半分ずつに分けると女性は納得がいきません。

仮に男性が4杯、女性が2杯のお酒を飲んだなら、やはり「男性が多く支払って当然」と女性は思います。女性の方が多く食べたり飲んだりしたワケでないなら、少し自分が多めに出してあげましょう。

女性より少し多めというのは、6~7割を男性が負担するということです。仮にお会計が8,640円だった場合、3割だと2,592円、4割だと3,456円ですから、この場合は間を取って3,000円ほどを女性に出してもらい、残りを男性が出すと良いですね。

一般的に考えて、やはり食事の量は女性よりも男性の方が多いと思います。割り勘を受け入れられる女性は多いですが、キッチリ半分ずつに分けるべきかどうかはよく考えましょう

理由3.男らしさを感じられないから

初デートで割り勘にされてガッカリする女性

婚活の初デートで割り勘が良くない理由の3つ目は、男らしさを感じられないことです。

お金の問題ではないにしても、やっぱり女性は「ここは俺に任せろ!」という男気には弱いものです。反対に言えば、初デートで男らしさが見られない男性には少しガッカリしてしまう女性が実際にいるということ。

たとえば、初デートで割り勘にすると、

  • 自分のことにしかお金を使わないタイプかも
  • 男らしくない感じがする
  • ケチケチしていそう

などと思われる危険があるので要注意。たとえ男性にそのつもりがなくても、もしそう思われてしまったらそれ以上あなたに興味をもってもらえなくなる可能性があります。

しかも、女性には自分の直感を信じるタイプが多いです。いくら初めてのデートとはいえ、直感的に「この人との交際はうまくいかない気がする」と思われてしまうと次のデートにつながらない可能性も。

せっかく出会えた女性なのですから、最初のデートでは少し見えを張る姿を見せてあげてくださいね

理由4.初デートは特別な日だから

婚活における初デートは、女性にとって特別な日です。特別な日なのにもかかわらず割り勘にすると、女性はガッカリします。

実は、「デートでも割り勘OK!」と考える女性は多いです。

たとえば、マイナビウーマン(※1)の行ったアンケートによると、79%の女性が「デートの支払いを割り勘にするのはアリ」と回答しています。

とはいえ、「特別な日くらいはおごってほしい」と考える女性は多いもの。先ほどのアンケートによると、「誕生日の割り勘は愛を感じない」と答えた女性が52.8%もいます。

彼氏のお財布事情を思ってか、「日頃のデートでは割り勘を受け入れられても、特別な日くらいはごちそうしてほしい」と考える女性が多いということですね。

そして、女性にとって大切なのは、特別な日を大切に考える女性の気持ちを相手の男性が分かってくれることと、その気持ちに共感してくれること

ですから、

  • 「今日くらい俺に出させてよ」
  • 「今日は俺が出したいの」

などと言われると、女性は「この人も今日を大切に思ってくれてるんだ♡」と感じ、とても喜びます。

婚活における初デートは、女性にとって紛れなく特別な日です。初めてのデートでは、なるべく割り勘を封印しましょう

まとめ:大事なのは「おごりか割り勘か」ではない

今日は婚活の初デートで割り勘が良くない理由を3つ紹介しましたが、納得していただけましたでしょうか。

結局のところ、女性はお金を払ってくれる男性かどうかを見ているのではなく、自分を大切にしてくれる男性かどうかを見ています。ですから、たとえ「対等な夫婦でありたい」と考える男性であっても、「生活面では君に頼ることが多いし、せめて金銭面では少しくらい俺に頼っていいよ」と言ってくれる男性にひかれるのです。

とはいえ、割り勘派の男性が割り勘を嫌う女性と交際しても長続きしないでしょう。デート前や交際を始める前には、デート代について相手の女性がどんな考えをもっている人なのか、さりげなく探ってみると良いかもしれませんね。(Written by 永瀬なみ)

【参照元】
※1:マイナビウーマン:割り勘する彼氏の心理~奢られ上手な女になる方法~:https://woman.mynavi.jp/article/170228-41/

注目の記事

婚活パーティーの口コミ比較ランキング 婚活パーティーの口コミ比較ランキング
実際に利用した600人以上の評価で決定!口コミ評価を元にし婚活パーティーの口コミ比較ランキング。本当に出会える婚活パーティーとは??
結婚相手のイメージ 目的別!短期間で出会いを10倍に増やす方法
理想の相手と結婚するために最も大切なのは出会いの数!短期間で出会いを増やす方法を目的別に紹介します。
1年以内に婚活で結婚したカップル 1年以内に理想の相手と結婚する方法
1年以内に結婚できる人とできない人の違いは〇〇!婚活のプロアドバイザーが教える1年以内に結婚するための方法。

SNSでシェア