女性がもらったら困るプレゼント5選

困る女性

好みに合わないアクセサリー

男性からみれば女性のアクセサリーなんて全部似たようなものだと思うかもしれませんが、女性からみるとアクセサリーほど好みが別れるものはありません。ちょっとした違いでも、女性からみれば大きな違いなのです。

誰がもらっても喜ぶようなブランドのアクセサリーや女性がピンポイントで指名してるアクセサリーでない限りは避けた方が無難です。

どうしてもアクセサリーにこだわる場合には、女性と一緒に買いにいくのがいいでしょう。

花束

それはないだろw
って思う男性がほとんどだとは思いますが、ドラマの見過ぎか、女性に対する偏見でしょうか。花束をあげれば女性は必ず喜ぶと思っている男性は少なからずいます。

確かに見た目が華やかですし、花自体が嫌いだというわけではありません。しかし、もらっても置き場所に困ってしまうのです。

よほどマメな女性でないと、もらっても次の日にはゴミ箱いきになってしまいます。

自作の曲やポエム

自分のために作ってくれたのだという気持ちは嬉しいものです。ひとによっては心から喜んでくれるかもしれません。

でも、一般的な女性はもらっても困ります。まず、リアクションに困ります。次に、聞くタイミングに困ります。一度は聞いてくれるかもしれませんが、よほど特別な思いのつまった曲でない限りは二度と聞くことはないものです。

自作の曲がプレゼントされたときの女性気持ちは、手作りのマフラーをプレゼントされたときの男性の気持ちに似ています。

「気持ちはうれしいいんだけど。。。」という微妙な感じなんです。

化粧品

化粧品は好みやこだわりがあるからという理由だけでなく、コンプレックスを刺激する可能性があることも避けた方がいい理由です。

マスカラをあげたら、目が小さいと言ってるように聞こえるかもしれませんし、ファンデーションをあげたら肌をきれいにしろと言っているように聞こえるかもしれません。

そんなつもりはなくても、女心は繊細です。

特別な理由がないかぎりは避けるのが正解です。

男性の趣味で選んだもの

女性が一番いやがるのは、自分の気持ちや好みを無視したようなプレゼントです。どんなに素晴らしいものであっても、それが男性の勝手な趣味で選んだものであったら喜んではもらえません。

例えば模型好きの彼が、おすすめの模型をプレゼントしても女性は困ります。車好きの彼が、便利なカー用品をあげても困ります。

何かの記念とかであげるならまだしも、誕生日にあげようものなら、女性はがっかりしてしまいます。

いかがでしたでしょうか。女心は繊細です。偏見や思い込みでプレゼントを選ばないように、プレゼントをあげるときには必ず女性の気持ちを十分に考えてあげることが大切です。

女性の気持ちを考えたプレゼントであれば決して高価でないものであっても喜んでくれるはずです。

ちなみに男性版もあるので、こちらもよろしければどうぞ。逆の立場になるとその気持ちが少しは理解できるかもしれません。

男性がもらったら困るプレゼント5選