手をつないだときの気持ちが一番正しい

手をつなぐ男女

手をつないだときのドキッと感

結婚できる相手かどうかを見極めるためには手をつないだときの自分の気持ちを確認するのも役に立ちます。

話していて楽しいと思える相手であっても、手をつないだときに違和感があったり、ずっとつないでいたいとは思えないことがあります。

それは、心の底でその相手を受け入れられない気持ちがある裏返しです。手をつなぐ気持ちになれないようであれば、結婚はまず難しいでしょう。

本当に心から結婚したいと思える相手であれば、手をつないだときにちょとドキッとするものです。これは男性でも女性でも一緒です。

手をつないだときのドキッと感。これがあるかどうかを確かめることで自分の本当の気持ちを確かめられるというものです。

手をつなぐタイミング

手をつなぐタイミングというのは意外と難しいものです。学生のころの恋愛であれば付き合い始めるタイミングが明確ですので、その日から手をつなごうとなりますが、大人の恋愛では必ずしも付き合うことを宣言する(告白する)という過程をたどらないこともあるので、手をつなぐタイミングもまちまちです。

ある程度デートを重ね、だいぶ打ち解けてきたようであれば、手をつないでもいいとは思いますが、こればかりは相手あってのことなので、ベストなタイミングというのは難しいでしょう。

ちょとしたボディタッチで相手がいやがるそぶりをみせなければ大丈夫だと思います。

男性からさりげなく手を出すのが理想的ですが、シャイな男性はそれができないので、女性から手をつないだというケースも最近は多いようです。

手をつなぐのが嫌いな相手

手をつなぐことが嫌だというひとがいます。理由は恥ずかしいから、歩きにくいからなど様々ですが、こういう相手に対してはあまり無理して手をつなごうとしないほうがいいでしょう。

言葉で説得してもあまり効果はないので、相手が本当に自分のことを受け入れてくれるまでは気長に待つしかありません。

あるとき、突然相手のほうから手を差し出してくるということもあります。

手をつなぐのは相手あってのことですので、タイミングは合わせるようにしてあげてください。