刺激よりも安心感のある生活を過ごせる相手が結婚相手にはちょうどいい

あこがれのリッチで刺激的な生活

どうせ同じ男を選ぶのなら刺激的な刺激的な生活をさせてくれるひとがいい。欲しいものを買ってくれる。行きたいとこにつれてってくれる。高級なレストランで食事ができる。女性ならば誰でも抱く願望です。

でも、それを手に入れたらみんな幸せになっていくの?

という疑問も心のどこかに感じてしまうのもまた事実です。私が2年前に出会ったとある女性の話をします。

彼女には学生時代から5年間付き合っていた男性がいました。もうこのまま結婚するだろうと私は思っていたのですが、あるとき二人は別れてしまいます。

女性に話を聞くと、彼とはどうしても結婚できないといいます。というのは、彼はふつうのサラリーマンで決して経済力があるとはいえない。結婚しても、共働きになるのは間違いないという。

彼女はどうしても専業主婦がよく、都心の高級マンションで暮らすのが夢なのだという。それが実現できないとわかっている相手とは結婚を考えれないというのだ。

その後彼女は年収1200万円という若い弁護士の男性と付き合うようになりました。

その男性と付き合いだしてからは、彼女の夢はつぎつぎと実現していきます。毎日、高級レストランで彼のおごり、ほしいものはなんでも買ってくれる。彼が住む都内のマンションはまさに彼女が描いている通りの場所。

心もおどり、友人に対しても優越感を感じる日々だったそうです。

満たすことのできない感情

しかし、1年間付き合う中で彼女は自分の心の中でどうしても満たすことのできない感情がありました。

それは彼女が幼いころから両親や兄弟との幸せな生活の中で感じていた安心感という感情です。

学生時代から付き合っていた彼と過ごしていたときに当たり前のように満たされてた感情も、いま付き合ってる男性との日々ではどうしても満たすことができませんでした。

結局、彼女はその男性と別れて、学生時代から付き合った彼とよりを戻します。すぐ後にその彼と結婚し、今は一児の母として幸せそうな日々を送っています。

刺激的でリッチな生活よりも、安心感のあるふつうの生活を選んだんですね。

笑顔のカップル

幸せな結婚生活とは

どんな男性でも選べるのであれば、たいていの女性はお金のある男性との刺激的な生活を望みます。恋愛であればそういう刺激のある男性の方が楽しいかもしれません。

でも、結婚となると、安心感を感じることのできる生活のほうを望むひとが多いでしょうし、私自身も結婚するなら金銭感覚は近い方がいいと思います。

婚活をしていると、焦る気持ちや周りに負けたくない気持ちから、自分の価値観がぶれて、刺激的な相手を求めるようになってしまいがちです。

どんな結婚を望むかはひとそれぞれなので、刺激的な相手との結婚を否定する訳ではありません。

でも、本当に自分がそれを望んでいるのかだけは確認するようにしてあげてください。もし、少しでもためらいがあるのであれば、自分の価値観を改めて振り返る時間が必要かもしれません。