婚活疲れから脱出する5つの方法

婚活をしていても中々いいひとに出会えずに心も身体も疲れきってしまう「婚活疲れ」。長く婚活をしているひとなら誰でも経験するものですが、婚活疲れが長引いてしまうと結婚も先に延びてしまうので要注意。婚活疲れから脱出する5つの方法をご紹介します。

婚活疲れ

1.とりあえず身体を休める

身体が疲れていてはどんなこともネガティブに考えてしまいがちです。まずはゆっくりと身体を休めて前向きに考えられる自分を取り戻しましょう。

部屋でゆっくりするのもいいですし、温泉に行くのもいいでしょう。一人暮らしのひとは実家に帰ってみてもいいかもしれません。

休むときのポイントは徹底的に休むことです。婚活を一時的に休止して、婚活のことを忘れてしまうくらいの勢いで休みます。

婚活をしていないと不安になってしまうかもしれませんが、気にしてはいけません。婚活しないことも婚活のうちだと開き直ってゆっくり休みましょう。

2.自信のあることをする

婚活がうまくいかないと自分に自信がもてなくなってしまうことがあります。婚活パーティーでカップルになれなかったり、デートを断られたりすると自分の魅力に不安を感じてしまうからです。

でも、自信がないままだとかえってよくありませんので、自信をもってできることをやってみるようにしましょう。スポーツが得意ならスポーツをする。ゲームが得意ならゲームをする。料理が得意なら料理をする。

自信をもってできることをすることで、自信を取り戻すことができます。そうすれば、それ以外のことにもちょっと自信がもてるようになるはずです。

3.褒めてくれるひととしゃべる

あなたの友達を思い出してみてください。どんなときでもとりあえずあなたのことを褒めてくれる友達がいるはずです。

「〜さんは〜ところがすごいよね!」
「〜さんのことは尊敬してるよ!」
「〜さんはいつも〜で頑張ってるよね!」

など、根拠があるのかどうか分からないけど、とりあえずなんか褒めてくれるようなひとがいるはずです。

そういう人としゃべっていれば、自然と元気が出るし前向きな気持ちにさせてもらえるでしょう。

4.結婚できる自分を想像する

「思考は現実化する」という言葉があります。ひとは想像したとおりのことしかできないし、逆にいえば想像できることは実現することができるという意味です。

どうせ結婚できないだろうと思ってるひとは、どんどん結婚できなくなっていきますし、自分なら絶対に結婚できると思っているひとは結婚できるようになります。

ちょっと宗教チックに聞こえるかもしれませんが、実際のところ私が知る婚活で無事に結婚できたひとは、自分が幸せに結婚するイメージをはっきりと描けていました。

理想的な結婚や、結婚後のイメージを想像してみましょう。具体的に書き出すとより効果的です。

5.婚活のやり方を変えてみる

婚活疲れを起こしやすいひとの特徴として、婚活のやり方は自分に合っていないということがあります。

婚活といっても様々で、結婚相談所、お見合いパーティー、婚活サイト、街コン、趣味合コン、料理合コン、婚活カフェ、婚活バーなど実に多くのやり方があります。

お見合いパーティーといっても、パーティー会場を貸し切ってやる場合や個室形式、クルージング形式など色々ありますね。

同じように見えてもちょっとスタイルが代わるだけで全然違いますし、色々な婚活をすることで新しい発見があるかもしれません。自分自身の気分転換にもなります。

婚活疲れを感じているときは、色々な婚活を試してみてください。きっとポジティブな効果が得られるはずです。