「もう結婚できないかも」と辛い気持ちになったあなたに贈る7つの言葉

最終更新日:

なかなか良い出会いがなく、気分が落ち込んでしまう。周りはどんどん結婚していく中で自分だけが取り残された気分になっていく。そんな時に「もう結婚できないかも」と思ってしまうことがあると思います。

とても辛い気持ちだと思います。私自身も婚活で何度も辛い気持ちになってきたので痛いほど分かります。

今回は本当に辛い時に私が何度も勇気付けられてきた言葉を7つ紹介したいと思います。

1.休むことも婚活のうち

焦る気持ちがあるがゆえに婚活をやり続けてしまいがちですが、走り続ければ疲れるのと同じように婚活もやり続ければどこかで疲れます。なかなかいい相手が見つからず、精神的にも肉体的にも打ちのめされているときはかなり疲れていると思った方がいいです。

なので、休みましょう。休む事に不安を感じるかもしれませんが、いまの状態で婚活をしても、うまくはいきません。

中途半端は良く無いので、気分が盛り上がるまで、3ヶ月くらいまるっと婚活を休んでしまい、その間に婚活中に我慢していたことや本当にやりたかったことをしてリフレッシュさせましょう。

旅行に行ってもいいと思いますし、読みたかった漫画を一気読みしてもいいですし、ひたすら部屋でダラダラしてもいいとも思います。

しっかりと休むことで、再び婚活を頑張る気力が湧いてくるはずです。休む事も婚活のうちなのです。

2.結婚だけが人生ではない

結婚することが当たり前のように語られますが本当にそうでしょうか?

2015年の国勢調査の結果、男性で23.37%、女性で14.06%が生涯独身を選んでいます。そして生涯独身を選んだ人の回答を見ると「結婚できなかった」のではなく「自ら独身を選んだ」という人が相当数いることに気づかされます。

私自身の友人の中でも、結婚しなくても幸せに暮らしているひとを何人も知っています。

  • 自由にマイペースに生きていきたいから独身の人
  • 本当に自分の好きな仕事をやり続けて結婚はしなかった人
  • 夢や目標のために結婚はしなかった人
  • 結婚に意義を見出せずに独身を貫いた人

結婚しなくたって、大好きな趣味に熱中したり、仲のいい友人と遊んだり、仕事に熱中したりと、人生を楽しむことはできます。

結婚すると家庭を優先しなければいけないので、趣味をやめなければいけなかったり、友人と自由に遊べなくなったり、仕事も家庭優先になったりするので、むしろ結婚しないほうがいい人もいるのです。

結婚にはメリットデメリットがありますし、結婚しない人生もそれはそれで楽しむことはできるので、今この瞬間で結婚していないからといって人生が終わったかのような気持ちになる必要なんてありません。

人生は人それぞれなので、自分の人生に結婚は必要なのか??という視点で考え直してみてほしいと思います。

3.結婚に年齢は関係ない

日本人は皆と同じであることを美徳とするところがあるので、平均的な結婚適齢期を重視しがちです。

特に女性は「〇〇歳までに結婚するべき」という目に見えないプレッシャーを感じている人が多くいますが、気にする必要はありません。妥協して結婚して失敗するくらいであれば、結婚しないほうがよっぽどマシです。

結婚していない人を負け組みたいに言う人がいますが、結婚しているけどうまくいっていない夫婦は大勢いますし、4割の夫婦が離婚する今の日本では結婚したから勝ち組なんてことはあり得ないでしょう。

何歳になっても出会いはありますし、何歳で結婚しようが本人の自由です。独身貴族を楽しんで50歳で結婚する人は普通にいますし、65歳の定年退職まで独身を貫いて、老後を楽しむパートナーを見つけるために結婚したという人もいます。

子供が欲しいから34歳までに結婚しなきゃと考える女性もいますが、妊娠確率というのはあくまで過去の数字のデータなので、最近は高齢でも妊娠できるだけの医療技術はあります。

年齢でプレッシャーを感じる必要はないので、それよりも「本当に今この瞬間に結婚しなければいけないのか?」と問い直してみてはいかがでしょうか。

4.やり続ければ必ず運命の人に会えます

未婚者の人口は2000万人と言われており、半分が異性と考えると1000万人。そのうちの恋愛対象となる年齢の人が10分の1だとすると、実に100万人以上の異性が結婚相手の候補となりうることが分かります。

婚活を始めてから知り合った人は何人でしょうか?仮に50人だとすると、まだ0.0005%の人にしか知り合っていないことになります。まだ会ったことが無い人が99万9950人もいるんです。

運命の相手に出会えるかどうかはトランプのようなものです。いきなりハートのエース(運命の相手)を引くひともいれば、最後に引くひともいます。

現時点で運命の相手が見つかっていないからといって一生見つからないと考えるのは早いです。今はまだハートのエースがなかなか引けないでいるだけです。

トランプを引き続けることで必ずハートのエースを見つけることができます。それを引くまでは婚活を諦める必要はありません。

5.出会いを楽しむ人にはいい出会いが待ってます

「〇歳までに結婚しなきゃ。」「一年以内に結婚しなきゃ。」「親を早く安心させなきゃ。」などなど、目標で自分をがんじがらめにしてしまい、婚活することが自分に課せられた義務のように取り組んでる方がいます。

そんな状態では婚活していても楽しくはないですし、目の前の相手との出会いを楽しむことなんてできません。出会いを楽しめていない人は不思議と表情が硬くなり、笑顔も作り笑いしかできなくなっていきます。

一方で、自分と合うかどうかは分からない。もしかしたら好みじゃないかもしれないし、気になることがあるかもしれない。そんな時でも出会いを楽しむことができれば、自然と表情が柔らかくなり、相手からの印象もよくなります。

話したことのない業界・職種の人、変わった趣味の人、自分が経験したことがないことを経験している人、世の中にはいろんな人がいます。そんな貴重な出会いの瞬間を楽しむことを意識してみてください。

今までとは違った世界が見えてくるはずです。

6.自分らしくない自分で婚活してもうまくはいかない

婚活をしていると、どうやったらうまくいくかを試行錯誤しているうちに、異性に求められることに応じようとして、自分じゃない自分を演じてしまいがちです。

  • 「家庭的な人がモテるというからそれをアピール」
  • 「好きな趣味があるけど異性ウケしないから隠す」
  • 「本当は違うけどリア充っぽいフリをする」

これらは全て異性ウケを狙ったがゆえの行動ではあるのですが、本当の自分ではない自分なので、演じ続けることに疲れてしまいます。

ただでさえ、仕事では自分らしくない自分を演じなければいけないのに、プライベートでも自分らしくない自分を演じていたら婚活が嫌になってしまうのも無理ありません。

婚活がうまくいかない原因はもしかしたら自分らしくない自分だからなのかもしれません。

こういう時は婚活をお休みして、仲のいい友人や自分らしくいられる友人と過ごして、婚活で演じている自分は本当に自分らしい自分だっけ?ってことを改めて考えて欲しいと思います。

7.さいごに

結婚がすべてじゃないですし、運命の人に出会えるタイミングは人それぞれです。10代で会う人もいれば60代で会う人もいます。

焦る必要はありませんので自分のペースで自分らしく婚活をしましょう。自分らしいやり方を継続していくことで必ず良い人に出会うことができます。

注目の記事

結婚相談所の口コミ比較ランキング 結婚相談所の口コミ比較ランキング
実際に利用した600人以上の評価で決定!口コミ評価を元にした結婚相談所の口コミ比較ランキング。本当に出会える結婚相談所とは??
結婚相手のイメージ 期待の新サービスが登場!ペアーズエンゲージのレビュー
月額9800円の格安の結婚相談所が2019年8月にスタート!運営はあのペアーズ!詳しいレビューはこちらから。
結婚相手のイメージ 目的別!短期間で出会いを10倍に増やす方法
理想の相手と結婚するために最も大切なのは出会いの数!短期間で出会いを増やす方法を目的別に紹介します。
1年以内に婚活で結婚したカップル 1年以内に理想の相手と結婚する方法
1年以内に結婚できる人とできない人の違いは〇〇!婚活のプロアドバイザーが教える1年以内に結婚するための方法。

SNSでシェア