【徹底解説!】ペアーズ(Pairs)登録・ログインの方法

最終更新日:

pairs(ペアーズ)

最近ではマッチングアプリがメディアで取り上げられることも増え、その存在が浸透してきました。興味を持っている人や登録を迷っている人も多いのではないでしょうか。現在は数多くのマッチングアプリやマッチングサービスが展開しており、機能や使い方は多種多様です。そんな中で今回は利用者が国内最大級のマッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の登録までの流れやログインの方法について説明します!

ペアーズ(Pairs)に登録する前に

さて、先ほども述べた通りマッチングアプリは多種多様で、人によって合う、合わないがあります。
登録してからのミスマッチにならないよう、会員登録をする前まずはにペアーズのサービスについて紹介します。

ペアーズ(Pairs)の特徴

ペアーズの最大の特徴は初心者でも使いやすい点です。
ユーザー数も国内最大級で幅広い相手とマッチング出来ますし、恋活・婚活両方に利用できます。
機能も豊富で監視体制もしっかりしているので、マッチングアプリに抵抗があったり、本格的に活用する前に試しに使ってみたいという方におススメのアプリの一つです。

ペアーズの口コミや評判はこちらからチェックできます!

ペアーズ(Pairs)の料金

ペアーズ(Pairs)は多くのマッチングアプリと同様に、女性は基本的に無料で利用できます。
男性も登録自体は無料でできますが、メッセージのやり取りをするには月額料金を払って有料会員になる必要があります。

決済方法とプランごとの料金(料金は一括での支払いの場合)

  ※税込み
※料金は変動することがあります

料金はブラウザ版(クレジットカード)、AppleID、GooglePlayなど決済方法ごとに違います。
ブラウザ版で支払うのが一番安く済むのでお得です。
定期的にキャンペーンなどもやっていてお得に有料会員になる方法もあるので、キャンペーン期間中はチャンスです!

ペアーズ(Pairs)登録時に必要な情報

 

基本的に登録の場合もログインの場合も手順や入力することは変わらないので、ここでは登録の仕方をメインに説明します。

Facebookを使う場合

アプリを開き「Facebookではじめる」をタップします。

するとFacebookとの連携の確認画面が出るので、「続ける」を押してFacebookにログインします。

ログインができたら登録は完了です

Facebookでの登録のメリット

普段使用しているSNSをマッチングアプリと連携させることで「知人に使用がバレてしまうのではないか」と不安に思う方もいるでしょう。
ペアーズのFacebook連携はむしろそのような不安を抱えている人にこそおすすめです。
というのも、ペアーズはFacebookと連携させると、Facebookで繋がっている人同士は表示されない仕組みになっているのです。
つまり、Facebookで繋がってしまえば、その人にはバレる心配はないということです。
タイムライン等にペアーズの利用がバレる書き込みがされることもないのでご安心ください。

メールアドレスを使う場合

先ほどの画面から「メールアドレスではじめる」をタップします。
登録するメールアドレスを入力する画面が出るので、任意のメールアドレスを入力します。キャリアメールでもフリーメールでもかまいません。
今後、ログインの際にも利用するアドレスになるので、日常的に使っているものが良いです。

入力を終えて「確認メールを送信」を押すと、メールアドレスに認証コードが届きます。
認証コードを入力して、利用規約等の同意すれば登録完了です!

どちらも持ってない場合には電話番号が使える

「どちらもお持ちでない方はこちら」をタップします。

すると電話番号を入力する場面になるのでお持ちの携帯電話の番号を入力します。
SMSに認証コードが届くので、入力し、利用規約に同意すれば登録完了です!

ブラウザ版での登録・ログイン

ペアーズはアプリだけでなくPCやスマホのブラウザ版もあります。
まず初めに注意したいのは、PCの場合は会員登録がFacebookを用いた方法しか利用できない点です。Facebookのアカウントを持っていない場合はアプリかスマホ版のページからメールアドレスや電話番号を用いて登録しましょう。
アカウント作成後、メールアドレスの登録が済めば、PCでもメールアドレスを用いてログインができます。

PCのブラウザを使う場合

PCでの登録方法ですがHPより左下の「Facebookではじめる」をクリックし、ログインすればOKです。
ログインの場合は右上からログイン方法を選択し、登録しているアカウントやアドレスを入力してください。メールアドレスに届いた認証コードを入力すればログイン完了です。

スマホのブラウザを使う場合

スマホの場合もログインの手順等は変わりありませんが、HPの表示が少し違います。
スマホ版のHPでは、「Facebookではじめる」と「電話番号ではじめる」、「Facebookをお持ちでない方はこちら」と表示され、メールアドレスを利用する場合は「Facebookをお持ちでない方はこちら」をタップしてください。
登録・ログイン方法を選んでタップしたら、その後はアプリ版と同じです。
Facebookの場合はログイン、メールアドレス・電話番号の場合は認証コードを入力すればOKです。

登録できないときに確認すること

登録できない場合には次の要因が考えられます。
該当する要因がない場合はヘルプから問い合わせてみましょう。

Facebookの交際ステータスが登録条件外になっている

マッチングアプリというサービスの性質上、トラブルを避けるため、交際ステータスが「交際中」「婚約中」「既婚」などになっている場合は登録ができません。独身者であることを表すステータスである必要があります。また、離婚されている場合でも登録は可能です。
ステータスを変更して再度登録を試しましょう。

18歳未満や高校生

18歳未満や高校生はペアーズを利用できません。
仮に、Facebookの年齢を偽って登録したとしても、登録後に年齢確認があるのでその際にバレてしまいます。
18歳未満や高校生は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」、いわゆる「出会い系サイト規制法」の保護の対象になっています。
年齢によって利用が制限されるということはペアーズが法令を順守して運営されているという裏付けにもなります。対象の年齢になってからの利用しましょう。
逆に、年齢の確認のないマッチングアプリは危険なので使用しないことをお勧めします。

過去に強制退会させられている

過去に強制退会させられている場合は、原則として登録できません。
アカウントを変えて登録しても、年齢確認の際に強制退会者と分かってしまうので利用できません。
強制退会の身に覚えのない方は、直接ペアーズに問い合わせてください。

メールアドレスが間違っている

一番、やりがちなミスがこれです。
入力したメールアドレスが間違っていたら、認証コードが送られて来ないため、待てど暮らせど登録できません。
メールアドレスを入力して10分以上たっても認証コードが送られて来ない場合は、再度メールアドレスを入力してみましょう。しっかり確認した上で、それでもメールが来ない場合は次の要因ではないかチェックしてみてください。

認証メールが迷惑メールに振り分けられている、受信拒否している

受信拒否の確認の前に迷惑メールフォルダを確認してみましょう。端末やメールアプリによっては自動的に迷惑メールに振り分けられることがあります。
また、「no-reply@pairs.lv」または「auth@pairs.lv」のアドレスやドメインを受信拒否している場合はメールが届きません。受信リストに「@pairs.lv」を登録してからもう一度やり直してみましょう。
それでもメールが届かない場合はヘルプから問い合わせるか、別のメールアドレスを試してみましょう。

退会後1か月以内

以前、ペアーズを使っていて退会してしまった人は退会後1か月は再登録ができません。
また、以前使っていたアカウントの復旧はできないので注意です。

ログインできないときの要因と対処法

ログインができない場合は次の要因が考えられます。

アプリが最新の状態に更新されていない

アプリが最新のものか確認しましょう。
最新のバージョンがリリースされているのであれば、アップデートすることで改善する場合があります。

システムメンテナンス中やサーバーのトラブル

システムメンテナンス中は使用できません。。
また、アクセスの集中などによりサーバーが不安定な場合もあります。
こういった場合は時間がたってからもう一度ログインを試しましょう。

認証コードの有効期間切れ

認証コードを入力してエラーが出る場合は、認証コードの期限が切れている場合があります。認証メールが届いてから10分以上経過すると、認証コードが無効になります。再度、認証メールを送ってもらいましょう。

スマホが重い

スマホ自体の動作が重かったりするとログインに支障をきたす恐れがあります。
ほかのアプリを閉じてみたり、別の通信回線を試してみると改善する場合があります。

登録時と違うFacebookアカウントでログインしようとしている

複数のアカウントを持っている方は、登録時と同じアカウントでログインしているか確認しましょう。間違いなく同じアカウントを使用しているという方は次の要因ではないかチェックしてみてください。

Facebookのステータスが登録時の条件を満たさなくなった

交際ステータスを「既婚」「交際中」「婚約中」などに切り替えてしまうとログインできなくなります。また、年齢も18歳未満にしてしまうとログインできないので、操作ミス等でステータスが変わっていないか確認してみましょう。間違いがある場合はステータスを変更しましょう。

Facebookを退会している

ペアーズのログインに利用していたアカウントを退会してしまうと、ログインができなくなるので要注意です。

Facebookのアカウントは退会後2週間以内であれば復旧ができます。

2週間以上たっている場合は新しくペアーズのアカウントを作り直す必要があります。

強制退会させられた

ペアーズの利用規約にある禁止行為をしてしまうと強制退会になります。

別のアカウントで再登録することもできなくなりますので、アプリの使い方には十分に注意しましょう。

身に覚えがない場合はペアーズに直接問い合わせてみましょう。

上記の改善を試みてもログインができない場合はヘルプから問い合わせましょう。

登録後の流れ

無事、登録が完了したらもろもろの設定が必要になります。

プロフィールの記入

登録が完了すると、プロフィールや相手に求める条件などを選択していきます。

身長や年収や職業など基本的な情報を入力します。

見栄を張りたくなるところですが、正直に回答するのが良いです。

位置情報の設定

位置情報をもとに相手の検索をすることができます。

あまりに遠すぎると都合が悪い場合には重宝しますが、位置情報の設定に抵抗がある場合には無効のままでも大丈夫です。

写真の登録

写真はきちんと選びましょう。

写真の有無は人となりが分かるという点でも相手方に安心感を与えます。

年齢確認

実際にメッセージのやり取りをするには年齢確認が必要になります。

これは『インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律』により定められた義務で、ペアーズにかかわらずマッチングアプリは全てこの規制法にのっとって運営されることが求められます。

未成年者を保護すると同時に、利用者のトラブルを回避するために大変重要な法律です。

また、最初のプロフィール入力時に年齢を偽って回答していると年齢確認ができないため、審査の前に正しい情報に直しましょう。

年齢確認には「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「マイナンバーカード」などが必要です。写真に証明書の全体が写るように撮影しなければなりません。

個人情報のアップロードに不安を抱く方もいると思いますが、ペアーズは「TRUSTe」マークを取得しています。「TRUSTe」マークはOECDのプライバシーガイドラインに基づいた個人情報の取扱いを実践していることを証明するものですので、アップロードした情報は安全に保管されます。

プロフィールの注意点

写真や自己紹介文には審査があります。写真の場合、不鮮明なものや複数人で写っているものなど、本人の顔がよくわからない場合は審査で承認が下りません。自己紹介文では不適切な内容が未承認となります。

審査は早ければ1~2分で終わることもありますが、10~15分程度かかることもあります。

時間帯によって審査の速さに差があるようです。

まとめ

ペアーズの登録・ログインについてまとめましたが、どちらもさほど難しくはありませんよね?

初めて登録する方にはいろいろと不安はあるでしょう。ペアーズはルールを守って使用すれば安全なアプリです。

この機会にぜひ登録してみてください。

注目の記事

結婚相談所の口コミ比較ランキング 結婚相談所の口コミ比較ランキング
実際に利用した600人以上の評価で決定!口コミ評価を元にした結婚相談所の口コミ比較ランキング。本当に出会える結婚相談所とは??
結婚相手のイメージ 新型コロナで外出自粛!自宅でもできる婚活・出会いの方法
外出自粛中でもできる婚活って??自宅でもできる婚活や出会いの方法をご紹介。
結婚相手のイメージ 期待の新サービスが登場!ペアーズエンゲージのレビュー
月額9800円の格安の結婚相談所がスタート!運営はあのペアーズ!詳しいレビューはこちらから。
1年以内に婚活で結婚したカップル 1年以内に理想の相手と結婚する方法
1年以内に結婚できる人とできない人の違いは〇〇!婚活のプロアドバイザーが教える1年以内に結婚するための方法。

関連記事

SNSでシェア