【女性向け】婚活プロフィールに書かない方がいいことTOP5

結婚相談所や婚活サイト、マッチングアプリなど、婚活をしているとプロフィールを書く機会は多いと思います。しかし、女性のプロフィールを見ていると、「これは書かない方がいいんじゃないか。」と思うようなプロフィールに出くわすことがあります。

今回は女性の婚活プロフィールで書かない方がいいと思うことTOP5をご紹介したいと思います。

5位:自虐的なフレーズ

自虐的な女

・「彼氏がいない歴はほぼ年齢です。www」
・「東京タラレバ娘とは私のことです。」
・「こんな歳まで結婚できない私ですが。。。」

女性のプロフィール文を読んでいると結構自虐ネタを書いている人って多いんです。

友達や職場の同僚の前では結婚していないことを自虐的に話すのはウケがいいので、ついついそのノリでやってしまいがちですが、婚活している女性にとって、自虐ネタは百害あって一利なしです。

なぜなら、自虐ネタは自らの価値を下げる行為でしかないからです。

私はこんなダメなやつなんですってことをアピールしたところで、男性がこの女性魅力的!って思うことなんてありません。

ただの痛いやつで終わってしまう可能性の方が高いので、絶対にやめるようにしましょう。

4位:マイナスにしかならない情報

ネガティブな女

・「趣味と言える趣味がほとんどないです。」
・「ネガティブな性格なのでポジティブな人と出会いたいです。」
・「頭が悪いので難しい話は苦手で。。。」
・「動くのが嫌いで休日は引きこもってます。」
・「彼氏が長い間いないです。」

自虐ネタと同じようにマイナスポイントを自らプロフィールに書いている人も多くいますが、これもやめた方がいいです。

自分への自信の無さからこうしたマイナスポイントを書き連ねてしまうのですが、プロフィールを読んでいる側からすれば、ネガティブな印象を感じるプロフィールは心地よいものではありません。

むしろ、マイナスポイントがあっても、それをポジティブに受け止めて、前向きに生きていこうとする女性の方が魅力を感じます。

人間は完璧ではないので、誰しもマイナスポイントがあります。相手にも同じようにマイナスポイントがあるはずなので、マイナスポイントは少しずつ知ってもらえば十分です。

あえてプロフィールに書くようなことはやめたほうが無難です。

3位:読み手を否定するようなこと

殴る女

・「太っている人は生理的に無理です。」
・「タバコ吸う人はストレス多そうで嫌です。」
・「低学歴の人はお断りします。」
・「背が低い人は魅力を感じません。」

人間には誰しも何かしらコンプレックスがあります。プロフィールで相手のコンプレックスを刺激するようなこと、読み手を否定するようなことを書くのは絶対にやめた方がいいです。

書いている本人からすれば、そんなに悪気はないかもしれませんが、それに当てはまっている人は少なからず傷つきます。

また、当てはまっていなくとも、そういうことを平気で書いてしまう人にいい印象はもたれないでしょう。

2位:重い女だと思われるようなこと

重い女

・「前の彼氏のことが大好きだったのでまだ引きずってます。」
・「彼氏と別れたばかりで切り替えようと思って登録しました。」
・「前の彼氏とは価値観の違いが原因で別れてしまって。。。」

女性のプロフィールでちょくちょく見かけるのが、前の彼氏を引きずっているような言葉です。

引きずっていることをそのまま書いている人もいますし、前の彼氏と別れた理由を長文で書き記していたりする人もいます。

でも、これから新たな恋愛を探したいと思っている人が集まる場所で、過去の恋愛について書いてしまうと、男性からするとちょっとメンヘラで重い女だと思われてしまう可能性があります。

逆の立場になれば分かりますが、元カノに未練タラタラの男性に魅力を感じることはないと思います。

せっかく新たな出会いを探すのですから、プロフィールは前向きで明るいイメージが湧くような内容にするようにしましょう。

1位:上から目線で条件指定

上から目線の女

・「学歴は六大学以上を希望しています。」
・「専業主婦を希望してます。」
・「年収は最低でも600万円以上。」

結婚相手に対する条件指定自体は本人の自由なので何も問題はないと思いますが、それを表立ってプロフィールに書くようなことは避けた方がいいです。

理由は単純に男性がそういう条件指定をする女性に対して嫌悪感を感じているからです。特に年収や学歴などは、お金目当てのあざとい女というイメージが強いので、ネガティブな印象しかありません。

実際に高学歴で高年収の人ほど、そういうお金目当ての女性を嫌がります。自らのターゲットに自ら嫌われるようなことをしているだけなので、条件について書くのはやめておきましょう。

専業主婦の希望についても、書いたところで専業主婦になれる訳でもないし、書かなかったから専業主婦になれない訳でもありません。書いたところで得することはないので、よほどの事情がない限りはあえて書く必要はないと思います。

まとめ

以上、婚活プロフィールに書かない方がいいことTOP5でした。どれだけ魅力的なプロフィールでも、この5つを書いていると台無しになってしまうので、書かない方がいいことには気をつけながらプロフィールを作るようにしましょう。