Omiai初心者のための使い方説明書

最終更新日:

Omiai

Omiaiに登録したものの、イマイチ使い方が分からない。
とりあえず始めて見たものの、いいねが全然来なくてどうしたらいいのか分からない。

マッチングアプリが初めてだと、マッチングの仕方や使い方が分からないということはままあります。
そんな方々のためにOmiaiの初歩から一歩進んだコツや攻略法まで一挙にご紹介したいと思います!

マッチングの流れ

Omiaiのマッチングの仕組みは他のマッチングアプリと同じく、いいねをしてそれに相手が応じた場合にマッチング成立となり、やりとりが始まります。

一度スキップされてしまうとなかなか挽回が難しいので、いいねを送る前に写真やプロフィールが万全の状態か確認しましょう。

いいねの送り方

プロフィールを開くと画面下部にいいねのボタンが現れます。
いいねのボタンを長押しすることで右の画像のようにいいねの種類を選ぶ画面が表示されます。。
いいねの種類を添えることで簡単に自分が惹かれた点を伝えることが出来るのでぜひ活用しましょう。

いいねは一度送ったらキャンセルは出来ないので慎重に相手を見極めて送るようにしましょう。

いいねの数が違う?!

Omiaiには人によっていいねを送る際に消費する数が違うという特徴があります。

新規会員や人気会員などのいいねの集まりやすい会員に対して消費するいいね数を増やすことで、いいねが集中しないように工夫されています。それによって安定したマッチング率の担保し、サービス全体でのカップル成立確立の底上げを図っています。

送る側もいいねを送る前に相手のプロフィールなどを慎重に確認するようになるため、ミスマッチを減らすことも出来るのです。

スペシャルいいね

いいねの消費とともに5ポイントを使うことで「スペシャルいいね」が送れます。

この「スペシャルいいね」は他のアプリでは「メッセージ付きいいね」と呼ばれているもので、いいねにメッセージを添えて送ることが出来る機能です。

言葉で直接自分の気持ちを伝えられるので、マッチング率を上げることが出来ます。

ここぞという時に使ってみてはいかがでしょうか?

ピックアップとは

ピックアップとは毎日無料でいいねを送れる相手です。

1日2回5人ずつ追加されるのでせっかくですのでいいねを送ってみましょう。

ピックアップされる相手の条件については指定が出来ませんが、比較的居住地が近い人が選ばれているようです。
普段の検索条件では見つけられないような人と出会うきっかけになるかもしれません。

ちなみにピックアップでチェックした人には足あとはつきません。

いいねを送った人の確認

自分がいいねを送った人はマイページの「自分から」で確認が出来ます。

 

いいねを送ったものの返ってこなかったり、足あとすら付かないような場合にはここからその相手を見つけ出して、後述する「みてね」など追加のアプローチをしてみるといいでしょう。

みてね送り方と効果

いいねを送った相手には追加で「みてね」と「メッセージ付きみてね」を送ることが出来るようになります。

「みてね」には3ポイント、「メッセージ付きみてね」には5ポイントが必要です。

「みてね」を使うことで、3日間いいねを送った人の「お相手から」画面で最上部に優先的に掲載されるようになります。

ただし、いいねを送って足あとが付いたにもかかわらず返ってきてない人には送るべきかどうか慎重に判断しましょう。足あとが付いたということはプロフィールを見ているということですから、もう一度プロフィールを見てもらったところでいいねが返ってくる見込みは低いです。なのでそのような場合には「メッセージ付きみてね」で直接言葉で相手に働きかけた方が効果的です。

また、「みてね」を送る前にプロフィールや写真に不備がないか改めて確認するのが良いです。

相手の見つけ方

相手の見つけ方にはいくつか方法があります。
自分に合った方法を選んで、効率よく相手を探していきましょう。

検索を使う

最もオーソドックスなのが条件を入力して相手を探す「検索」での探し方です。

自分で選んだ条件を元に相手が表示されるため、ミスマッチが少ないというメリットがあります。

しかし、反面条件を絞りすぎて表示される相手が少なかったり、理想が高すぎてそもそもマッチングしないということもあります。

条件はあくまでも「これだけは譲れない」というものだけにすると良いでしょう。

キーワードから探す

Omiaiではキーワードといって趣味や関心事を登録することが出来て、それによって検索をかけることも出来るので、同じ趣味を持つ相手を探したいときにはとても便利です。

足あとから探す

自分のプロフィールを閲覧した人は足あとといって履歴が残ります。

プロフィールを閲覧したということは自分に興味があるということですから、いいねをすれば返ってくる可能性は比較的高いです。

自分が閲覧した相手にも足あとは残るので、それが気になる方はプロフィール非表示機能を使いましょう。

マイページの「設定」から「プロフィールの公開設定」に入ると、非表示機能を使うことが出来ます。

いいねをもらう

もう一つはいいねをもらった相手から選ぶ方法です。

相手からアプローチされているので比較的気軽にやり取りできると思います。

相手のプロフィール画面でできること

相手のプロフィールを確認する以外にも出来ることがあります。

右上の「・・・」のマークをタップしてみましょう。

お気に入り登録

お気に入りはいいねをしようか迷っている時や、いいねしたいのに残りがない時に便利です。後からその相手をわざわざ検索する手間をなくして、すぐに見つけ出すことが出来ます。

マイページの「お気に入り」から確認できます。

お気に入りに追加しても相手には通知されないので、気兼ねなくお気に入りに追加してください。

違反報告

暴言やセクハラなどの不適切な発言やプロフィールの内容が明らかに詐称されたものなど、違反ユーザーに対しては運営にその事実を報告することが出来ます。

ただし、返信が返ってこないなど違反ではなく個人的な不満を違反報告としてあげるのはやめましょう。
むやみにやると逆にアカウント停止のおそれがあります。

ブロック

ブロックは一度すると元に戻すことはできません。『ブロックユーザーリスト』で名前を確認することはできてもプロフィールの閲覧やブロックの解除はできません。

相手にブロックしたという通知は行きませんが、相手の方には退会者と表示され、プロフィールやメッセージの閲覧ができなくなります。

悪質なユーザーから距離を置きたい場合や、知り合いを見つけてしまってバレたくないときなどは先手を打ってブロックすればバレずに済みます。

マイページで出来ること

課金全般

マイページ内の「有料会員」「プレミアムパック」から月額会費が必要となるプランに加入できます。

また、「Omiaiポイント」でポイントの購入が出来ます。

画面下部のバナーからも購入やポイントの交換が行えます。

プロフィールの確認・編集

マイページ画面上部のアイコンタップで自身のプロフィールを閲覧できます。

写真の変更

写真を追加する場合は、アイコン下の「+」ボタンから行えます。

偏向削除の場合は該当画像をタップで選択できます。

キーワード編集

プロフィール画面の「キーワード」からキーワードの選択が行えます。

人気のワードをタップするだけで追加が出来ます。
また、手動で入力して追加することも出来ます。

削除は画面上部に並ぶ自身が参加しているキーワードの「×」を押すと出来ます。

自己紹介文・詳細プロフィールの編集

自己紹介文は自由記述ですが、書き方が分からない場合は例文を参考にしましょう。

詳細プロフィールは基本的に選択式ですが、一部自由記述の箇所には審査があります。

最後に更新をしないと反映されず、また一からの入力になるのでご注意ください。

ヘルプ・お知らせの閲覧

お知らせには審査の可否や新着のいいねやマッチングなどの通知が来ます。
他にも新機能や不具合の情報なども掲載されるので、定期的に目を通しておきましょう。

また、不明点がある場合にはヘルプを参照しましょう。
ヘルプのお問い合わせフォームでは退会の処理が出来るので一応覚えておくと良いです。

まとめ

Omiaiの基本的な機能や使い方を説明しましたが、いかがだったでしょうか?

よく分からずにどうしたらいいか分からないときに比べると、アプリがグッと身近に感じると思います。
使い方や機能が分かればあとは実践あるのみです。

普段何気なく使っていて見落としていた機能もあったのではないでしょうか。基本をしっかりと抑えて安心安全な出会いに巡り合えるよう応援しています。

注目の記事

結婚相談所の口コミ比較ランキング 結婚相談所の口コミ比較ランキング
実際に利用した600人以上の評価で決定!口コミ評価を元にした結婚相談所の口コミ比較ランキング。本当に出会える結婚相談所とは??
結婚相手のイメージ 新型コロナで外出自粛!自宅でもできる婚活・出会いの方法
外出自粛中でもできる婚活って??自宅でもできる婚活や出会いの方法をご紹介。
結婚相手のイメージ 期待の新サービスが登場!ペアーズエンゲージのレビュー
月額9800円の格安の結婚相談所がスタート!運営はあのペアーズ!詳しいレビューはこちらから。
1年以内に婚活で結婚したカップル 1年以内に理想の相手と結婚する方法
1年以内に結婚できる人とできない人の違いは〇〇!婚活のプロアドバイザーが教える1年以内に結婚するための方法。

関連記事

SNSでシェア