Omiaiのメッセ―ジで困らないための心得

最終更新日:

Omiai

Omiaiを始めて順調にマッチング出来るようにはなったものの、メッセージが続かずなかなか出会いに繋がらないという声をよく聞きます。

Omiaiは婚活を意識したユーザーが多く、そのためやりとりをする相手にも慎重になる傾向があります。せっかくマッチングしたのに些細なことで相手に見限られてしまったらもったいないですよね?

今回はOmiaiはもちろん他のマッチングアプリやメッセージのやりとりの場面でも役立つメッセージのポイントを紹介します。

メッセージが大事な理由

Omiaiに限らず、マッチングアプリの多くは男性ユーザーの数が女性ユーザーよりも多く、そのため男性の方が競争率が激しく難易度が高いです。

少しでもその厳しい競争を勝ち抜くにはメッセージにも工夫が必要です。

 

女性の場合は多くの男性からメッセージを受け取る中で、本当に真剣に出会いを求めている相手を見極めたいものです。

今回は男女ともに好印象なメッセージの送り方を中心に紹介しますが、これは裏を返せば実践している人は真剣にやりとりをしたいと思っている人ということになり、数あるメッセージの中から真剣な人を見極める基準にもなります。

最初のメッセージが肝心

何事も最初が肝心です。
最初のメッセージがなぜ大事かというと、自分の印象がそこで決まるからです。
実際に対面するのと同様に第一印象でナシだと思われたら挽回するのは難しいように、最初のメッセージをしくじるとそこで終わってしまう場合も多々あります。

マッチングしたからといって、相手の自分への興味の度合いにはバラつきがあります。
いいねが来たからとりあえず返してみたという方も中にはいますし、なんとなくいいねをしてみたという方もいます。

一度に多くのアプローチを受けてもボタン一つでブロックして関係が断ててしまうということもあり、実際に対面するよりも相手を手軽に選別出来てしまいます。

自分に対して好意を持っているわけではない相手の方に返信させるには工夫が必要です。

メッセージはマッチング直後に自分から送る

大事とは言われても何から始めればいいか分からない人も多いでしょう。
まずは最初のステップとして、初回のメッセージはマッチングしたら自分からすぐに送ることを心がけましょう。

向こうがいいねを返した場合、プロフィールを見た直後の可能性が高く、印象に残っているためです。
それに、すぐに送ることでやりとりに対して前向きな印象を与えます。

積極性が垣間見えると、真剣さをアピールできるので相手も返信する気になります。
最初のうちはメッセージを送るのにも緊張しますが思い切って送ってみましょう。

挨拶とお礼は必須

挨拶とお礼はマッチングアプリがどうこうではなく、人付き合いの上で必要最低限のことです。
日常生活でも初めて会う人には「はじめまして。お会いできてうれしいです」くらいの挨拶は当然すると思います。マッチングアプリでもそれは変わりません。

また、マッチングしたことへのお礼も添えましょう。お互いにいいと思ったからマッチングしているのですが、それでもお礼をされて嫌な気はしません。

テンプレ感が出ないようにする

効率的にたくさんの人と同時進行でやりとりしたい気持ちも分かりますが、誰に対しても同じような定型文を送るのはおすすめしません。

最初のメッセージでいいねした理由を伝えることで、相手の方に写真だけじゃなくてプロフィールもちゃんとチェックした上でいいねしたということをアピールできます。

共通の趣味や出身地などがあるとお互いにとって鉄板の話題になるので、その後のやりとりでも重宝します。

効率を重視して最初を手抜きにすると、やりとりが発展しないまま終わりかえって効率的じゃなくなる可能性もあります。

言葉遣いは丁寧に

これも当然のことですが言葉遣いはきちんとしましょう。
相手が年下だとしても、相手からしたら見ず知らずの人からいきなり馴れ馴れしくタメ口で話しかけられたら不愉快です。
特にOmiaiは婚活ユーザーが多いので、ノリよりも人としてちゃんとしているかを重視する人が多いです。

最後は質問で終わる

挨拶だけだと少し物足りないので簡単な質問で締めくくると相手は返信しやすくなります。

同時に、質問によって相手に対し興味を持っていることを示すこともできます。

話題の選び方

最初のメッセージからやりとりが続き、喜んだのは束の間…ということは往々にしてあります。次の話題選びはとても悩ましいものです。一例を紹介しますので是非ご参考にしてください。

プロフィールやキーワードを参考にする

プロフィールや登録しているキーワードは話題として相手も受け答えしやすいです。

しかし、プロフィールを見れば分かりそうなことを質問したり、あまりにもざっくりした質問は答えづらいので一度ちゃんと考えてから話題を振りましょう。

・キーワードにロックってありますが、好きなバンドとかありますか?
・最近どんな映画観ましたか?

写真に触れる

ペアーズに限らずマッチングアプリの写真は、少なからず自信があるものや人に見てほしいものを載せるはずです。それに触れない手はありません。

写真をきっかけにエピソードなど聞き出せれば、自然と話は膨らみますよね。

・写真の海キレイですね!どちらの海ですか?
・猫ちゃん可愛いですね。飼われてるんですか?
・僕もこの間シンガポールでマーライオン見てきました!

質問は答えやすいもので

メッセージを送る際に、疑問形で締めくくると相手の方は返信しやすいですが、答えにくい形式だとスルーされてしまいます。

一度に二つの質問を送ったり、関係が出来上がっていないのに込み入った質問をしたりするのはやめましょう。

注意点

メッセージで第一に意識すべきは、相手に嫌われないことです。

話の面白さや趣味が合うか以前に、いかにしてメッセージでマイナスイメージを与えないかの方が重要です。文字だけのやりとりなので、文面で嫌な印象を与えると即座に切り捨てられます。

ここからは、具体的なメッセージのNGパターンを紹介していきます。

文章は長すぎず短すぎずを心がける

メッセージで最初に意識すべきは“文量”です。

短すぎると淡白で、不機嫌な印象を与えてしまいます。

逆に長すぎると、まず読むのが大変です。それに返すにしても、長文に対して短い文章を返すのは心苦しいので、同じくらいの長さで返そうとしてしまう人は多いです。

そのため、文章が長いと読むにも返すにもエネルギーを使ってしまうので長続きしづらいです。

誤字脱字には注意する

誤字や脱字はたまには仕方ありませんが、多すぎると大きなマイナスになります。
場合によっては理解不能な文面になって返信しづらくなりますし、メッセージをチェックもせずに適当に送っていると思われる可能性もあります。

送る内容はもちろんですが、誤字脱字についてもしっかりとチェックしましょう。

顔文字や絵文字は好みが分かれる

文章に抑揚を出したり、感情表現をするために顔文字を多用する方がいますが、顔文字に関しては好みが分かれます。まず、多用するとほとんどの相手の方は引いてしまいます。

顔文字以外にも絵文字や「笑」や「!」などもメッセージを彩る装飾になりますが、これらも多用は厳禁です。

絵文字ばかりの文章は見づらいですし、「w」や「笑」を多用されると馬鹿にされているような気になります。「!」も数が多すぎると鬱陶しいです。

上手く使えば効果的ですが、多用しすぎると敬遠されるので適量を意識してメッセージ中に1個か2個程度に抑えると良いです。

また、不要な個所をカタカナにするなども不評です。

最初はシンプルな文面を心がけ、相手の文面に合わせて使い方や頻度を変えていくのが良いです。

質問攻めにならないようにする

質問は相手の方から返信がされやすいですが、質問ばかりしていても相手の方はウンザリしてしまいます。答えに対して何らかのリアクションをしたり、展開させていかないとかえって興味がないと思われてしまいます。

メッセージを振り返って質問しすぎているなと思ったら一言でもお詫びを添えましょう。

それだけでも印象は変わってきます。

逆に自分のことばかりもNG

質問攻めにして相手の方のことばかり聞きだそうとするのもいけませんが、かといって自分のことばかり話すのもいけません。

相手の方の話題を横取りして自分の話をしだすのはナンセンスです。

大事なのは言葉のキャッチボールで、話すことと同様に聞くことも大事です。

否定的な言動はしない

当然ですが相手の方を否定するような言動はNGです。

基本は褒めるか肯定するかです。

仮に相手の方が間違っているとしても正論を言って否定するのはやめておきましょう。そういった場合は、正論より共感して欲しくて話をするケースがほとんどです。

ただ褒めればいいってものでもない

褒めることが大事だとお伝えしましたが、ただ褒めれば良いというわけでもありません。

具体的にどこがどう良いのかを伝えないと本当は褒める気がないと思われてしまいますし、誰にでも同じようなことを言っていると思われます。

また、写真を見て容姿を褒めるのは良いですが、容姿ばかりを褒めすぎると相手の方の方は顔しか見られていないと思ってしまうかもしれません。大げさすぎても嘘っぽくなり、持ち上げてどうするつもりなのだろうと不信感を抱かせかねません。

いきなり会おうとしたり連絡先を聞かない

メッセージを始めてすぐに会おうとしたり連絡先を聞くと、その時点で無視されるかブロックされる場合がほとんどです。

マッチングしたからといって信用を得たわけではないので、いきなりそのように距離を詰められたら、恐怖以外の何ものでもありません。街中を歩いていていきなり見ず知らずの人に連絡先を聞かれるのと同じです。

連絡先や実際に会うために、まずはお互いの人となりを知たうえで、相手の方から信用を得て安心感を持ってもらえるように努めましょう。

返信が来ないからと言って一方的に送りつけない

相手の方からの返信がないのにメッセージを一方的に送りつけるのはやめましょう。

メッセージを送ってから何日か経っても、返信が来ない場合は多々あります。

相手の方が見ていない場合もありますが、ほとんどの場合興味を失ったか何らかの失敗をして嫌われたパターンです。

そうなってしまったら、挽回の可能性はほとんどありません。

Omiaiは既読機能が備わっているので、既読の有無は分かりますが既読がついて返信が無ければスパッと諦めた方が時間を無駄にせずに済みます。

既読後はなるべく早く返信する

既読後に放置していると相手は既読スルーをされていると思い、多少嫌な気分になります。返信したとしても返す気がなくなってしまうこともあるので、下手な駆け引きはメッセージのみのやりとりの段階では逆効果です。

ただし、既読を付けるタイミングにも注意したいところで、毎回のように相手がメッセージを送った直後に既読を付けてしまうと、少し怖いです。

相手もすぐに既読を付けたりお互いにメッセージ画面を開きながらテンポよくトークが進んでいる場合ならまだしも、いつも即既読即レスは執着が強すぎて重いと思われます。

避けた方がいい話題

いくら話題に困ったからといってもNGな話題に触れてしまうとお互いにしんどくなります。

相手の知らない・興味のない話題

自分の趣味など相手に知ってもらってあわよくば好きになってもらいたい気持ちはよく分かりますが、相手が興味を示していないのに一方的にプレゼンを始めるのは迷惑です。

相手のリアクションを見て、引き際を間違えないようにしましょう。

自慢話

ちょっとした自慢話程度なら話のタネになりますが、行き過ぎると面倒くさいと思われます。

また、自慢の方向性が間違っているとただのマイナスアピールになりかねません。

政治・宗教の話

政治や宗教の話はなるべくしないようにするのが良いです。

相手の方の中には、その話題に対して敏感な方もいるかもしれません。

人によって考えや価値観に大きく差がある上にデリケートな話題なので、話に上げないようにしましょう。

過去の恋愛

過去の恋愛の話も最初のうちは避けた方が良いでしょう。

相手から切り出してきた場合でも深く掘り下げない方が無難です。

デリケートな話題は関係が出来上がっていないとリスキーです。

お互いに気まずくなったり空気が悪くなる恐れがあります。

ネガティブな話題

愚痴や悪口などは、文字を目にするだけでもストレスを与えます。

相手の方に無関係であっても、非難する内容が当てはまってしまい傷つけてしまうこともあるかもしれません。

ネガティブな話題をあえて出す必要性はありません。

下ネタ

これは言わずもがなですが、下ネタや下品な言動はもれなく嫌われます。

あったこともない人から下ネタを振られても気持ち悪いだけでなく恐怖すら感じます。

ヤリモクと認定されてブロックされるだけです。

ちなみにペアーズはセクハラ行為は禁止されており、強制退会の対象になります。

内容と同じくらい頻度も大事

メッセージの頻度やタイミングを工夫することで、返信率がアップします。

相手がメッセージを開きやすいタイミングを見計らってメッセージを送ると良いです。

相手の返信ペースに合わせる

返信が来たら、素早く返したいと思うかもしれませんが、あまりに早すぎると相手の方はプレッシャーを感じてしまいます。テンポよくやりとりしたい方もいれば、ゆっくりやりとりしたい方もいます。ですので、自分のメッセージの何分後に相手が返信しているかをチェックし、その時間を目安に返信すると良いです。

通勤時間やお昼時、夜19時~23時ごろ

仕事などの都合でどうしても相手のペースに合わせられない場合や、自分が見てない間にメッセージが来た場合などは多くの人がスマホを見ているであろう時間帯に送ると良いでしょう。

通勤時間帯やランチタイムに加え、仕事が終わって家でゆっくりしている時間などがお勧めです。19時~23時は多くの人がスマホをチェックしているので狙い目です。

逆に深夜帯など普通に働いている人が寝ていると思われる時間に返信すると、相手に気づかれない可能性がある上に働いていないニートだと思われる恐れがあります。

返信が早いor多い時間帯

相手とのメッセージのやりとりを遡って、返信が早かったり返信されやすい時間帯がないかチェックしてみましょう。いつも返信が来る時間が決まっているなら、その時間帯で送るように心がけましょう。

ある程度やりとりが続かないと分かりませんが、効果的な手法です。

その後デートに誘うときも、ある程度自由な時間を把握していれば誘いやすいはずです。

心構え

これまでメッセージの送り方や注意点を説明しましたが、マッチングアプリを利用する上での心構えについてもお話しします。

メッセージでモヤモヤする人もいると思いますが、気の持ちようで変わるものです。

気長に待つ

返信が来ないときは待つしかないです。人によってアプリに割ける時間の量は違います。女性は男性の何倍ものメッセージのやりとりをしていますから、すべてのメッセージに丁寧に返答できるわけではありません。一度に返せる量には限界がありますし、疲れていて返せないということも十分にあります。そんな時に、一方的にメッセージを送ってもプレッシャーを感じてストレスになるだけです。気長に待っていれば、もしかしたら返信が来るかもしれません。

数いるうちの一人だと割り切る

先ほども述べた通り、女性からしたらマッチングしているとしても数いる男性の中の一人にすぎません。同時に何人もの男性とやりとりをしているわけで、自分だけが特別なわけではありません。

引き際を心得る

どんなにメッセージを工夫してもやりとりが続かない人はいます。

相性といったらそれまでですが、あきらめて次に行く方が効率的です。

男女比の関係から女性が主導権を握る形になるのは仕方ないので、上手くいかない場合は自ら身を引きましょう。

まとめ

始めのうちは緊張してしまって自分からメッセージを送れなかったり、思うように自分を出せなかったりするものです。しかし一度慣れてしまえば、相手の感情や意図を読み取れるようになり、楽しくメッセージのやりとりが出来るようになります。

メッセージは慣れるまでが大変ですが、慣れてしまえば怖くありません。
とにかく慣れるために場数を踏んで、経験値を蓄えましょう。

習うより慣れろ。何はともあれ、まずは実践あるのみです。

注目の記事

結婚相談所の口コミ比較ランキング 結婚相談所の口コミ比較ランキング
実際に利用した600人以上の評価で決定!口コミ評価を元にした結婚相談所の口コミ比較ランキング。本当に出会える結婚相談所とは??
結婚相手のイメージ 新型コロナで外出自粛!自宅でもできる婚活・出会いの方法
外出自粛中でもできる婚活って??自宅でもできる婚活や出会いの方法をご紹介。
結婚相手のイメージ 期待の新サービスが登場!ペアーズエンゲージのレビュー
月額9800円の格安の結婚相談所がスタート!運営はあのペアーズ!詳しいレビューはこちらから。
1年以内に婚活で結婚したカップル 1年以内に理想の相手と結婚する方法
1年以内に結婚できる人とできない人の違いは〇〇!婚活のプロアドバイザーが教える1年以内に結婚するための方法。

関連記事

SNSでシェア