結婚相談所で出会った夫婦の離婚率が圧倒的に低い4つの理由とは

最終更新日:

結婚相談所で出会うとなぜ離婚率が低いんだろうと考える男性

「婚活で結婚相談所を使うメリットって何だろう」と考えたことはありませんか? 結婚相談所を使うメリットはたくさんありますが、その中でもとくに大きなメリットとしてご紹介したいのが、離婚率の低さです。

実は、結婚相談所で出会った夫婦の離婚率は10%程度と言われています。恋愛結婚の離婚率は35~45%程度と言われているので、その差は歴然ですね。

では、結婚相談所で出会った夫婦の離婚率はなぜ低いのでしょうか?

今日は、結婚相談所で出会った夫婦の離婚率が圧倒的に低い理由を4つご紹介します。

理由1.結婚の理由が「好きだから」ではない

結婚相談所で知り合った夫婦の離婚率が低いのは、結婚理由が「好き」という恋愛感情だけではないからです。

一般的な恋愛結婚は、当然のことながら恋愛関係に発展した末に結婚します。

つまり、恋愛結婚の結婚理由は「好き」という恋愛感情が大半を占める、ということ。

ところが、「恋は盲目」という言葉があるように、恋愛感情を抱いた状態で結婚すると相手を見誤る可能性があります。

たとえば、

  • 優しい人だと思っていたけど、外面が良いだけだった
  • 頻繁にプレゼントをくれた男性が、実は浪費家だった
  • 頼もしい人だと思っていた人がモラハラ夫になった

などは、珍しくないケースです。

恋愛感情は、いつか消えます。結婚した相手に異性としての魅力しか感じていなかった場合、恋愛感情が消えると相手の魅力が分からなくなることもあるでしょう。

一方、結婚相談所で知り合った場合は、交際を決める段階で恋愛感情を抱いているとは限りません。

恋愛感情を抱く前なら、恋愛関係に発展する前にしっかりと相手を見極められます。相手がどんな人なのか、人として魅力的な相手なのかをしっかりと見極めてから交際すれば、結婚を決める頃にはしっかりと信頼関係を築けますね。

つまり、結婚相談所で出会った2人の場合は、「好き」という恋愛感情が結婚理由の大半を占めない、ということです。

もっと言えば、結婚を決める理由がたくさんある可能性もあるでしょう。結婚理由が多いということは、言い方を変えれば相手に魅力がたくさんあるとも言えます。

また、恋愛感情が結婚理由の大半を占めないので結婚しても相手の魅力は消えません。

理由2.最初から結婚観を知り合える

結婚相談所で出会えば最初から結婚のことが話せるから離婚率が低いよとサインを出す女性

最初から結婚観に関する話題を出せるのも、結婚相談所で出会った夫婦の離婚率が低い理由の1つです。

恋愛結婚の場合は、「結婚」という言葉すらなかなか口に出せない人もいます。

たとえば、まだ交際して間もない状態で結婚の話題を出すと「重い」と思われる可能性もあるからです。また、交際して間もない状態で結婚の話題を出されると、「結婚詐欺かも」と感じる人もいるのではないでしょうか。

反対に、交際期間が長くなることで結婚の話題を出せなくなるカップルもいます。

このように、恋愛カップルにとって結婚の話題を出すかどうかは非常にデリケートな問題なのです。

いざ結婚の話が出ると、今度は結婚観の違いで別れにつながることもあります。また、結婚についてほとんど話し合うことのなかったカップルがそのまま結婚すると、結婚してから価値観の違いに気づくことも。

価値観というものは、そう簡単に変えられるものではありません。実際に、価値観の違いによって離婚を選ぶ夫婦は多いです。

たとえば、離婚理由の1位によくあがるのは『性格の不一致』ですが、これはおもに価値観の違いを指す言葉だと考えられます。結婚前に結婚後の生活についてしっかりと話し合ってさえいれば、結婚観の違いによる離婚の多くは避けられるのではないでしょうか。

一方、結婚相談所で出会った2人は最初から結婚について話せます。

お互いの価値観を含めて、結婚してからの生活について話し合うことで結婚後の生活を想像することもでき、理想と現実のギャップが埋まります。

気兼ねなく結婚の話題を出せるのは、結婚相談所の出会いならではのメリットですね。

理由3.結婚をスタートと捉える

結婚相談所で出会った夫婦は結婚がスタートだと考えるから離婚率が低いんだよと笑顔で手をつなぐ2人

結婚をスタートと捉えることも、結婚相談所で出会った夫婦の離婚率が低い理由です。

結婚相談所で出会った夫婦は、結婚をゴールではなくスタートと捉えます。

結婚を人生の節目と考え、結婚生活が始まることや、2人で家庭をつくっていくことをしっかりと意識したうえで結婚を決めるのです。

ですから、結婚生活には山もあれば谷もあるということがしっかりと頭に入っています。

一方、恋愛結婚の場合は結婚をゴールと捉えるカップルも多いです。

結婚をゴールと捉えると、結婚をした瞬間が幸せのピークとなります。つまり、幸せのピークを過ぎれば、あとは下がっていく一方なのです。トラブルが起こることを想定していなければ、冷静には対処できないでしょう。

結婚をスタートと捉えるかゴールと捉えるかの違いは、意外と大きいものですよ。

理由4.アドバイザーの意見を聞ける

結婚相談所で出会った夫婦の離婚率が低い理由には、婚活専門のアドバイスを受けられることも入っています。

結婚相談所には、プロのアドバイザーがいることをご存じですか?

コンシェルジュと呼ばれることもあるアドバイザーは、結婚相談所の利用特典としてアドバイスをしてくれます。

たとえば、相手の好みに合わせたデート服を提案してくれたり、スムーズに交際へ発展させるためのコツを教えてくれたりするのがアドバイザーです。

婚活中は、婚活をしていること自体を友人や家族に隠す人も多いため、具体的にアドバイスをしてもらえる機会はそう多くありません。ましてや両者を公平に見てくれる人はほとんどいないので、アドバイザーの意見は貴重です。

また、婚活のプロだからこそ、アドバイザーの意見を聞いて判断すれば相手を見誤る可能性が低くなり、結果的に離婚率も低くなります。

まとめ

今日は、結婚相談所で出会った夫婦の離婚率が低い理由を4つご紹介しました。

ただし、今日ご紹介したことを結婚前に実践しなければ、たとえ結婚相談所で出会っても離婚率は低くなりません。結婚相談所を利用するなら、ぜひ覚えておいてくださいね。

»結婚相談所の口コミ比較ランキング