婚活で3回目のデートは勝負の回!その理由と注意すべきこと

最終更新日:

婚活における3回目のデートについて解説する女性

婚活中のみなさん、出会った相手との交際を決めるまでに何回くらいデートを重ねれば良いと思いますか? 実は、婚活においては3回目のデートで告白をする人が多いです。

そこで、今日は婚活において3回目のデートで交際を決める理由と、3回目のデートで注意すべきことを紹介します。これまでデートの回数について何も考えてこなかった人は、ぜひ参考にしてみてください。

婚活における3回目のデートは勝負の回

婚活において、3回目のデートは勝負の回と言っても過言ではありません。
婚活におけるデートの場合、

  1. 1回目のデートで相手の雰囲気や価値観、常識の有無などを確認する
  2. 2回目のデートでもう少し相手の内面を知る
  3. 3回目のデートで結婚を前提に交際するかどうか判断する

という流れが多いです。

では、なぜたった3回のデートで結婚を前提に交際するかどうかを見極める必要があるのでしょうか。

理由1.婚活は時間との闘いだから

3回目のデートで結婚前提の交際を決めるのは、婚活が時間との闘いだからです。

婚活をする場合、そのほとんどの人が「○歳までに結婚したい」と目標を掲げています。そこから逆算して、「○年の○月までには交際を始めないと○歳までに結婚できないな……」と考える人も多いでしょう。

ですから、多くの人は「ある程度の条件をクリアしたら、なるべく早く交際を始めたい」と考えます。

なるべく早く交際を始めたいとは思っても、やはり初対面では決められないですし、2回目のデートにつながるケースばかりでもありません。だからこそ、そんな中で2回目のデートにつながり、さらに2回目のデートを終えても「また会いたい」と思うなら「この人と交際してみよう!」と思うのです。

「急ぎすぎても良くないけれど、時間をかけすぎることもできない」
こんな気持ちで婚活をする人にとっては、交際するかどうかを見極めるのは3回目くらいがちょうど良い回数なのでしょう。

理由2.『3回目のデートで告白』は定番だから

ネットで調べて婚活では3回目のデートで告白されることが多いと知った女性

婚活においては、3回目のデートで告白をすることが定番になりつつあります。

今やインターネット社会ですから、婚活にまつわる情報もネットで検索する人が多いですよね。

ネットには、
「婚活においては3回目のデートで告白するべし」
「婚活では3回目のデートが分かれ道」
などと書いてあるサイトがたくさんあります。

当然のことながら、こんな情報を目の当たりにした女性が3回目のデートに誘われたら「告白されるかも♡」と期待しますよね。もし告白されなければ、「3回目のデートで告白されないってことは、本気で交際をする気がないのかも」と思うかもしれません。

また、告白を待つ立場になりがちな女性にとっては、3回目のデートで告白しない男性を見ると「決断力がなさそう」と思い、相手への熱が冷めてしまう可能性もあります。

中には自分から告白する女性もいますが、婚活における交際を女性から申し込むケースはそう多くありません。

実際のところ、「告白は自分からしたい」と考える男性が多いことも分かっています。そんな男心を理解した女性だからこそ、自分から告白することを避け、3回目のデートで告白されることを望むのでしょう。

理由3.本命になるまで安心できないから

3回目のデートで交際するかどうかを判断するのは、交際が始まるまでは相手をほかの人に取られてしまう可能性があるからです。

実は、婚活においてはキープや同時進行が当たり前だと言われていて、交際前の相手には自分だけでなく何人かの候補がいてもおかしくありません。
※なぜ婚活においてキープや同時進行をする人が多いのかは、こちらをお読みください。▷『婚活では同時進行・キープは当たり前!そのメリットを解説

結婚を前提とした交際が始まれば、ほかの異性に相手を取られてしまう可能性がなくなります。

もしも3回目のデートをしても交際が始まらなかったら、相手に
「真剣に婚活をしているのかな?」
「本命がほかにいて、自分はただのキープだと思われているのかな?」
などと思われる可能性があるので要注意。

本気で婚活している人は、「真剣に婚活をしている相手と関係を育んでいきたい」と思います。「自分はキープされているのかもしれない」と思えば、そんな相手とそれ以上の関係になろうとは思いません。

本人にとっては本気で婚活をしているつもりで、ほかの人と同時進行している訳ではなくても、3回目のデートで交際を決めなければ相手に「本気ではないのかも」と捉えられてしまう可能性があるので注意しましょう。

3回目のデートで注意すべき3つのこと

最後に、婚活における3回目のデートだからこそ注意すべきことを3つ紹介します。

注意点1.女性は分かりやすく好意を示そう

3回目の婚活デートで好意を示すために多く見つめる女性

3回目の婚活デートでは、2回目までのデートよりも分かりやすく好意を示すことが大切です。

いくら婚活における3回目のデートが交際を決める勝負の回とはいえ、「告白しても断られそう」と思えば男性は告白する勇気を出せません。

告白されたいと考えるなら、女性は分かりやすく好意を示してあげましょう。

たとえば、

  • 肩が触れ合うくらい彼へ近づく
  • 「結婚するなら○○さんみたいな人がいいな」と言う
  • 彼を見つめる回数を増やす

などの行動をとれば、男性は「俺に好意をもってくれているんだろうな」と感じます。

女性が思うよりも男性は鈍感なので、分かりやすく示しましょう。

注意点2.悪口や愚痴を言うのはやめよう

3回目の婚活デートで心を開くことは大切ですが、悪口や愚痴を言うのはやめましょう。

女性はとくに、相手と親しくなるために女性同士で悪口や愚痴を言い合う習慣があります。

ところが、男性にはそんな習慣がありません。悪口や愚痴を言う女性にガッカリしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

心を開いていることを示したいなら、笑える失敗談や小さな頃のエピソードを伝える方法がオススメ。自分の弱い部分を相手に見せることで、心を開いている気持ちを示せます。

女性だけでなく男性も使える方法なので、ぜひ3回目の婚活デートで取り入れてみてください。

注意点3.過度なスキンシップは避けよう

交際を決心しているのだとしても、3回目の婚活デートで過度なスキンシップを図るのは避けましょう。

中には、3回目のデートが始まってすぐに交際を申し込む男性もいるでしょう。もし交際を受け入れてくれたなら、気持ちが高まって相手の女性とスキンシップを図りたくなるかもしれません。

たとえ交際を受け入れてくれたとしても、交際を始めたその日に過度なスキンシップを図るのはNGです。純粋な女性が相手だった場合、「交際を申し込んだのはカラダが目当てなのかも」と思われてしまう可能性があります。

3回目の婚活デートでスキンシップを図るなら、手をつなぐ程度にしておきましょう。

まとめ:真剣な気持ちだけは伝えよう

婚活においては、3回目のデートがとても大切です。3回目のデートで交際を決めるつもりがない人は、せめて「本気で考えているからこそ、もう少しデートを重ねたい」という気持ちだけでも相手に伝えてあげてくださいね。(Written by 永瀬なみ)

注目の記事

結婚相談所の口コミ比較ランキング 結婚相談所の口コミ比較ランキング
実際に利用した600人以上の評価で決定!口コミ評価を元にし結婚相談所の口コミ比較ランキング。本当に出会える結婚相談所とは??
結婚相手のイメージ 期待の新サービスが登場!ペアーズエンゲージのレビュー
月額9800円の格安の結婚相談所が2019年8月に開始予定!運営はあのペアーズ!詳しいレビューはこちらから。
結婚相手のイメージ 目的別!短期間で出会いを10倍に増やす方法
理想の相手と結婚するために最も大切なのは出会いの数!短期間で出会いを増やす方法を目的別に紹介します。
1年以内に婚活で結婚したカップル 1年以内に理想の相手と結婚する方法
1年以内に結婚できる人とできない人の違いは〇〇!婚活のプロアドバイザーが教える1年以内に結婚するための方法。

SNSでシェア