ランチョンテクニック:美味しい食事は好印象を与える心理効果がある

最終更新日:

「好きな人に意識してもらいたい!」「でも自分から強くアタックするのは苦手だな…」と悩んでいませんか?

そんなあなたには、心理学で有名な「ランチョンテクニック」が働きやすい食事デートがオススメです。

ランチョンテクニックとは、おいしい食事をしながら話すと相手に好印象を与えやすいというもの。誰でもチャレンジしやすいので、初デートにもピッタリです。

ここでは、ランチョンテクニックについて詳しく紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

ランチョンテクニックとは?

ランチョンテクニックを使ってお互いに好印象を持ち始めた男女

ランチョンテクニックとは、食事を一緒にすることで相手に好印象を持ってもらう心理学テクニックのこと。アメリカの心理学者「グレゴリー・ラズラン」が明らかにしました。

人は口にものを入れているとき、口の中の感覚に注意が向きます。思考が食事に集中するため、いつもより判断力が鈍くなり相手の話を受け入れやすくなるのです。

また、おいしいものを食べると「快楽」という感情が生まれます。人は快楽を感じたら、そのとき一緒にいた相手や話題も「快楽」と結びつけてしまいがち。そのためおいしい食事をしたときは、同じ空間にいた人や話の内容について「素敵な人だったな」「いい話だった」と好感を抱きやすくなるのです。(これを連合の原理と言います)

心地よい気分のときは、不快なときよりもおおらかな気持ちになれるもの。

政治や取引の接待が高級レストランや居酒屋で行われるのも、ランチョンテクニックを利用しているからなのです。

ランチョンテクニックが恋愛で役に立つ2つの理由

美味しい食事をしながら距離を縮めているカップル
ランチョンテクニックは、接待だけでなく恋愛の場面でも役に立ちます。なぜなら次のような理由があるからです。

1.誰でもチャレンジしやすい

ランチョンテクニックで必要なことは、おいしいお店をリサーチして食事をするだけ。そのため、あなたが特別に準備するものはありません。

「おいしいお店はどうやって調べたらいいの?」という方は、まず相手に好きな食べ物を聞いてみましょう。誰でも好きな食べ物については会話もしやすいからです。よほど嫌いな食材を使っていない限り、必ず「私も〇〇が好きです!」と好きな食べ物で共通点が見つかります。

食事は人の本能につながっているため、全く興味がない人はいません。そのため「私とあの人は立場が違うから共通点なんてない…」という悩みがある人にもピッタリです。

難しい知識やマナーが必要になることもあまりないので、誰でも気軽にチャレンジできるのがメリットでしょう。

2.相性が分かりやすい

ランチョンテクニックでは、相手との相性をしっかり見極めることができるのもメリットの一つ。いざ恋人になったとしても、時間が経ってから「何だか合わない」と違和感を覚えて別れてしまうカップルは多いですよね。

これは、相手との価値観や相性が合わなかったことが大きな原因です。でも「細かいところでの価値観の違いなんて、最初から分かるわけないよ!」と思うかもしれませんね。

そんなとき一緒に食事をすると、お互いの相性が判断しやすいのです。味覚は人によって、受け取り方や感じ方が違うもの。同じ味つけでも、好みか苦手かは個人差が大きくなります。

そのためデート中に同じものを食べて、お互いが同じように「おいしい」と感じるということは、「本能的に相性が良い=一緒にいて居心地がいい」と言えるのです。

このように、ランチョンテクニックは恋人として本当に相性がいいのか確かめるのにピッタリでしょう。

ランチョンテクニックを使うときの3つの注意ポイント

ランチョンテクニックを使うときの注意ポイントについて説明する女性

それではランチョンテクニックを使うときの注意ポイントを見ていきましょう。

1.誘い方が分からないときは、ダブルバインドを使おう

「簡単に言うけれど、そもそも食事にどうやって誘えばいいのか分からない!」「まず誘っても断られそう」と思うかもしれませんね。

そんなあなたには、「ダブルバインド」という心理学テクニックを紹介します。ダブルバインドとは自分が望む方へ相手を動かすテクニックのこと。相手に「Yes か No」で答えさせるのではなく、「A か B」で答えさせるように質問をすることで、相手に断られないようにデートに誘うことができます。

例えば次のように誘ってみましょう。

  • 和食とイタリアンどっちが好き?
  • イタリアンなら、パスタとピザどっちが好き?
  • この間、窯焼きのピザ屋さんですごくおいしいお店見つけたんですけど、水曜と土曜どちらが都合いいですか?

このように、相手へ「行かない」という選択肢を掲示しないのがコツです。もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

»ダブルバインド:相手を断らせない強力な恋愛心理テクの使い方!具体例あり

2.会話の内容も楽しい話題をしよう

ランチョンテクニックを使っているときは、食事だけでなく会話の内容にも気をつけましょう。

ランチョンテクニックは「おいしい食事=楽しい時間」と感じることを利用するテクニックです。しかし、いくら食事がおいしくても食事以外の時間が楽しくなければ意味がありません。

そこで、食事以外の会話も次のように楽しい話をするようにしましょう。

  • 今までの旅行先で、一番楽しかった所は?
  • 今までもらったプレゼントで、一番うれしかったものは?

このような内容の質問をされると、相手は記憶の中から楽しかった思い出を探します。人は楽しかった過去を思い出すことにも幸せを感じるもの。すると、過去の幸せなイメージが今の時間とも結びつき、再び「楽しかった思い出」として記憶されるのです。

会話が続くか不安ならば、自分が話すだけでなく相手にも話してもらうのも方法の一つ。相手が気持ちよく話せるように、相手の楽しかった思い出を質問してみましょう。

3.相手の好みを調べておこう

ランチョンテクニックを使うときは、相手の好みを調べておきましょう。

あまりリサーチしないでいると、味やサービスがイマイチのお店に行くことになるかもしれないからです。付き合って長いカップルなら「まあ、こんなこともあるよね」と笑い話ですむかもしれませんが、最初のデートでしてしまうとあなたの評価が下がってしまいます。

同じように、相手の嫌いな食べ物も避けた方がいいでしょう。相手がパスタ好きならパスタのお店、和食が好きなら和食をチョイスします。

ランチョンテクニックは、相手に「快楽」を与えるのがコツ。そのためにも、相手が苦手なものや不快なものは何か調べてお店を探しましょう。

まとめ

ランチョンテクニックで男性に好印象を持った女性
相手に良い印象を与える心理学テクニック「ランチョンテクニック」について紹介しました。

ランチョンテクニックとは、食事をしているとき同じ空間にいた相手に好意を持ちやすくなるという心理のこと。とくに食事がおいしいほど、好感が大きく増します。

まずは、相手の好きな食べ物をリサーチするところから始めましょう。食事は人の本能でもあるので、誰でも少しは興味があるもの。そのため立場が違っても、好きな食べ物だとお互いの共通点が見つけやすいのです。

ただし、雰囲気の悪い店や清潔感のないお店を選ぶと、あなたの評価は下がってしまうので気をつけましょう。

ぜひ好きな人を食事デートに誘って、素敵なカップルになってくださいね。

注目の記事

マッチングアプリの口コミ比較ランキング マッチングアプリの口コミ比較ランキング
実際に利用した600人以上の評価で決定!口コミ評価を元にしマッチングアプリの口コミ比較ランキング。本当に出会えるマッチングアプリとは??
結婚相手のイメージ 目的別!短期間で出会いを10倍に増やす方法
理想の相手と結婚するために最も大切なのは出会いの数!短期間で出会いを増やす方法を目的別に紹介します。
1年以内に婚活で結婚したカップル 1年以内に理想の相手と結婚する方法
1年以内に結婚できる人とできない人の違いは〇〇!婚活のプロアドバイザーが教える1年以内に結婚するための方法。

SNSでシェア