年収と結婚の関係 年収1500万円の30代男性の9割は結婚している

おもしろいグラフがありました。これは総務省が5年ごとに実施している「就業構造基本調査」の統計データを、独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が分析したものです。

年収と結婚の関係
【出所】金融日記 http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51908278.html

なにがおもしろいって、年収が1500万円の25歳~29歳の男性74%がすでに結婚しており、30歳~34歳の場合になると、なんと90%がすでに結婚していることがこのグラフから読み取れるんです。

いや、年収1500万円以上の男性って、ただでさえ割合が少ないじゃないですか。たしか、全体の2%にも満たなかったはずです。

さらにその2%の男性のうち、7割以上がすでに結婚しているんですから、もうひとにぎりというか、ひとつまみというレベルですよね。

ちなみに、男性の場合、年収が高くなるほどに婚姻率が上がっているのも見逃せないポイントです。お金と結婚は切っても切れない関係であるといわれますが、やはり年収が高い方が結婚に踏み切りやすいということもこのグラフから読み取れそうです。

一方、女性の場合、年収が高くなっても必ずしも婚姻率が高くなる訳でないのがおもしろいですね。バリバリ働いているキャリアウーマンは恋愛している場合じゃない。ということなんでしょうかね。


関連記事