どこで出会える?パイロットと結婚するための5つの方法

パイロットは30代の副操縦士で1500万円、40代の機長で2500万円くらいもらえる高年収の職種です。婚活女性からも人気がありますが、数自体が少ないので、出会うのはなかなか難しかったりします。

ですが、方法がない訳ではありません。ここではパイロットと出会う方法について紹介したいと思います。

飛行機

空港で逆ナンする

パイロットの職場は飛行機の中ですが、仕事の合間には当然空港の中を歩いています。一般のひとが立ち入る場所を歩いていることもあるので、それを狙って逆ナンするという方法があります。かなり勇気がいる方法ですが、実際に成功させたひとがいない訳ではありません。

聞いた話では、記念に一緒に写真を撮ってもらい、その写真を送りたいから連絡先を教えてほしいと言ったそうです。そしたら、そのパイロットの男性は連絡先を教えてくれて、その後から連絡を取り合うようになり、最終的に結婚までこぎ着けたそうです。

成功確率はそうとう低そうな気がしますが、可能性はゼロではないので、ダメ元でも試してみる価値はあります。

宿泊先やその周辺の飲食店に勤務する

パイロットはフライト先に宿泊することが多くなりますが、パイロットが宿泊するホテルは航空会社が同じであれば、大抵同じなので、パイロットがよく宿泊するホテルというのは存在します。

そういうホテルで勤務すれば、よく宿泊するパイロットと顔なじみになりますので、出会いに発展する可能性もなくはないでしょう。ホテルでなくても、その周辺にある飲食店でもありです。

CAの友人を作って紹介してもらう

CAの友人にパイロットを紹介してもらうというのは出会いの方法としてはかなり有効です。実際、パイロットの出会いは友人紹介が多くなりますので、CAの友人がいれば紹介してもらうにこしたことはありません。

CAの友人がいなければ、FacebookなりTwitterなりを活用し、CAの友人を作り、ある程度親しくなったら、パイロットを紹介してもらいます。

空港職員として勤務する

いっそのこと、空港職員として空港に勤務して、パイロットと出会うという方法もあります。空港職員の求人はあまり多くはありませんが、事務職や機内食の準備などの補助的な仕事であれば、派遣で募集していることがあります。

直接パイロットと知り合えるのがベストですが、そうでなくても、航空関係の知り合いを多く作ることで、パイロットとの出会いに結びつけることができるかもしれません。

結婚相談所に登録する

お見合いパーティーにパイロットが参加するケースは多くないかもしれませんが、結婚相談所に登録している可能性はけっこうあります。パイロットといっても出会いがないひとは本当に出会いがないので、結婚相談所に登録して婚活しているひともいます。

パイロットが多く登録している結婚相談所というのは、特にありませんが、会員数が多い結婚相談所であれば、登録しているパイロットの数も多い事が考えられます。会員数が多い結婚相談所としては、オーネットやツヴァイなどがあります。

»オーネットの口コミを読む
»ツヴァイの口コミを読む

予算的に結婚相談所は検討外というひとは、婚活サイトでもいいでしょう。結婚相談所よりは数は少なくなるでしょうが、大手の婚活サイトであれば、登録している可能性も高くなります。婚活サイトの大手はブライダルネットです。

»ブライダルネットの口コミを読む