人気職業の男と結婚する方法

商社マンと本気で結婚したい女性の6つの心得

平均的なサラリーマンの年収が400万円といわれる中、総合商社では平均年収1200万円以上という高給です。加えて社交性が高く、仕事ができるひとが多いですから合コンで人気ナンバーワンであるのもうなずけます。

さて、そんな商社マンと結婚したいという女性は多いでしょうが、どうすれば商社マンと結婚できるのかが分からないとひとも多いのではないでしょうか。そこで、商社マンの好みの服装や性格、キャラクターなど、商社マンと結婚を目指す女性が知っておくべき6つの心得をご紹介します。

商社マン

1.可愛い系より、大人女子がモテる

商社マンは人脈を大切にするので、ちょっとした食事会やパーティーに奥さんと一緒に参加したときに大人の振る舞いができることを非常に重要視します。20代前半の商社マンが遊び相手としてキャピキャピした可愛い系の女の子を選ぶことはありますが、30前後から30代の商社マンが結婚相手としてそういう女性を選ぶことはほとんどありません。結婚相手として選ばれるのは間違いなく、しっかりとした大人女子です。

2.シンプルで清楚な服装を心がける

商社マンに人気のある服装はシンプルで清楚な服装です。アクセサリーでギラギラと着飾ったり、派手な色やセクシーすぎる服装はあまり好みませんので、できるだけシンプルにするように心がけましょう。化粧も気合いを入れてこてこてにせず、ナチュラルで上品な感じになるようにします。

3.気配りができる女性は有利

商社マンの奥さんは上司や取引先のお偉い方と会う機会が多くなります。そういうときに上手に気配りができないと、自分の評価も下がってしまうので、結婚する女性には細かな気配りができることを望みます。合コンやデートでは料理を取り分ける、空いたお皿を片付けるなどしてさりげなく気配りのできる女性をアピールしましょう。

4.ブランドものは控えめにして堅実な女をアピール

商社マンは派手なイメージをもたれることがありますが、実際は堅実な金銭感覚のひとが多いです。ブランドもので全身を固めてしまうような派手な女性は金銭感覚を疑われてしまいますので、ブランドもの控えめにするようにしましょう。

5.自分から積極的に遊びに誘うべし

商社マンは多忙で遊んでいるひまなんかないんじゃないかと思うかもしれませんが、実際はオンとオフはきっちり分けるひとが多く、休みなく働きながらもプライベートの時間はしっかり確保しています。「疲れているだろうから」と遠慮する必要はなく、積極的に遊びに誘うようにしましょう。

6.上手にほめることが大事

商社マンは女性から褒められ慣れているので、単純な褒め言葉があまり通用しません。ワンランク上の上手な褒め方が求められます。例えば、服装をほめるにしてもネクタイやメガネといった誰でもふれそうなところではなく、全身の色使いや素材感、着こなし方のような、よく見ないと気付かないようなところを褒めるようにしましょう。

おまけ:商社マンと出会う方法

以上、商社マンと結婚したい人のための6つの心得でした。これさえものにできれば、あとは商社マンと出会うだけです。最後に積極的に商社マンとの出会いを作りたいという意識の高い女性のために商社マンと出会える方法をお教えします。

まず、商社マンとの出会いというと合コンを思い浮かべるかもしれませんが、合コンだと結婚相手ではなく遊び相手を求めて参加している男性が多いので、結婚を考えている女性にはあまり効率的なやり方ではありません。

おすすめなのは婚活サイトです。婚活サイトは結婚を真剣に考えている男性が多く登録しているので、結婚につながる出会いを見つけやすい場所です。「商社マンは婚活サイトに登録してないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そうでもありません。多忙な商社マンは婚活サイトのように空き時間にいつでもどこでも相手探しができるツールを好むので、婚活サイトには多くの商社マンが登録します。

人気の婚活サイトは婚活サイトの比較ランキングでチェックすることができますが、私が色々な婚活サイトを利用した経験を元にすれば、ブライダルネットエキサイト恋愛結婚が商社マンの登録が多いと感じています。特にブライダルネットは上場企業が運営しているという安心感があるので、初めて婚活サイトを利用するひとにはおすすめです。