【男性向け】婚活サイトやマッチングアプリで女性に送ると既読スルーされる8パターン

婚活サイトでメッセージ交換

婚活サイトマッチングアプリをしていると理由も分からずに既読スルーされることがあると思います。ただ単に他にいいひとが見つかったと言うだけならいいですが、実は地雷を踏んで自ら自爆しているケースも多くあります。

今回は女性からの視点で男性から送られると既読スルーしたくなるメッセージの8パターンを紹介したいと思います。

1.「どこに住んでますか?」

メッセージの初期段階でいきなり住んでいる場所を聞くとかあり得ないです。

男性からすれば悪気はないでしょうし、大体の住んでいる場所を知ったところでどうにもならないじゃんって話なんですが、男性が思っている以上に女性は個人情報に対して敏感です。

サイトに登録した時点でかなり勇気を振り絞っているはずですし、登録している男性のことを警戒しています。

そんな状況で住んでいる場所を聞いたら、「この人は怪しい人なんじゃないか?」「住んでいる場所を教えたらストーカーされるんじゃないか?」などと身構えてしまいます。

印象は良くないですし、最悪の場合は既読スルーされておしまいなので気をつけましょう。

2.「飲みに行きませんか?」

仲良くなった相手と飲みに行くことは当たり前のことですが、メッセージを2,3通しか交換していないような相手だとまだ警戒している状態なので、女性はほぼ間違いなく警戒します。

飲みに誘う→酔わせる→ホテルや自宅に連れ込む→セックス

と言う流れになることを女性は恐れているんです。

飲みに誘うにしても、ある程度信頼関係が築けて、女性の警戒心がとけた頃に誘うべきですし、最初は昼デートやランチに誘う程度のほうがOKしやすいです。

警戒心は相手によるので、慣れている人ならいきなり誘ってもOKしてくれるかもしれませんが、無難にいくならば、いきなり飲みに誘うのはやめた方がいいでしょう。

3.「LINEのID教えてくれませんか?」

10往復、あるいは1週間程度サイト内でメッセージ交換をしたらLINEに移行するのは普通のことなので問題はないです。

しかし、まだ2~3往復しかしていない状況でLINEのIDを聞かれたら、女性はかなり警戒します。

サクラや怪しい業者が早い段階でLINEのIDを聞いてくることは知っているので、「この人は怪しい人なんじゃないか?」と思ってしまうんです。

そうでなくとも、LINEのIDを聞くのが早いのはチャラそうに見えたりヤリモクに見られたりしがちです。

LINEのIDを聞くタイミングには注意するようにしましょう。

4.「可愛いですね」を繰り返し送る

褒められれば誰でも嬉しいものですが、あまり過剰に褒め過ぎるのはやめた方がいいです。

「おだてて何か売りつけようとしてるんじゃないか?」「褒めればヤレると思ってるんじゃないか?」「外見でしか見てないんじゃないか?」などと女性は警戒してしまい、連絡をとるのをやめてしまいたくなります。

褒めるのが悪いことではないですし、適度に褒めることは好印象なので積極的にやった方がいいですが、褒め過ぎたり同じ褒め言葉を連呼しないようにしましょう。

本当に褒めるのは仲良くなってからでも十分です。

5.「頂きます。」「致します。」「申します。」

誠実な男をアピールするために丁寧な敬語を使う男性がたまにいますが、「頂きます。」「致します。」「申します。」などの敬語は堅苦しすぎて気軽にメッセージを送りにくくなります。女慣れしていない男と言うレッテルを貼られてしまうかもしれません。

確かに女性はチャラい男を嫌う傾向にありますが、逆に真面目過ぎるつまらない男も興味をもてません。

線引きが難しいところではありますが、真面目すぎずチャラすぎないカジュアルなメッセージ交換をするようにした方が良いですし、百歩譲って最初は固かったとしても、少しずつラフな会話にしたほうが女性はメッセージを楽しんでくれます。

6.明らかに長文過ぎる

メッセージの文面が明らかに長文だと相手は返信することが億劫になってしまいます。同じボリュームで返信することがめんどくさくなってしまうんです。

女性は複数の男性とメッセージ交換をしていますので、ちょっとでもめんどくさいと思われたらリリースの対象になります。

女性と同じくらいかちょっと少ないくらいでも十分なので、メッセージのボリュームは相手に合わせることを心がけましょう。

7.つまらないボケ

会話を盛り上げることは大事ですし、この人とメッセージしてたら楽しいと思ってもらえることはとても大事です。しかし、だからといってホームラン狙いのつまらないボケを送るのはやめた方がいいです。

初期のメッセージで男性が面白いと思って送っているボケは大体の場合スベっているので、女性の印象は悪くなるだけです。

そもそも、初期段階のメッセージで相手から爆笑をとる必要はないですし、女性もそんなことをメッセージに求めている訳ではありあません。

つまらないボケをする暇があったらリアクション豊かに返信して、話題を切らさずにメッセージを続けていける方がよっぽど印象がいいです。

8.「俺のことどう思いますか?」

自分の印象が気になってこんなことを聞いてしまう人がいますが、女性からすれば「会ったことないから分からん」って話です。

優しい女性なら適当に褒めてくれるかもしれませんが、本心はめんどくさいと思っているはずです。めんどくさいだけならまだマシですが、自意識過剰でキモいと思われたらもう終わりです。既読スルーされるかもしれませんし、徐々にフェードアウトされてしまうことでしょう。

まとめ

焦りは失敗の元なので、慎重すぎるくらいの気持ちでメッセージ交換をするのが既読スルーされないコツです。今回紹介した8つの点にはよく注意してメッセージ交換をするようにしましょう!