Omiaiの中の人にインタビュー!マッチングのコツを教えてもらいました!

手軽でありながら効率よく相性の良い異性とマッチングできるサービスとして、初めてFacebook連携を実装したマッチングアプリ「Omiai」。サービス開始から5年が経過し、マッチングアプリでの婚活や恋活が広く認知されるようになり、今では多くのユーザーから支持されています。今回はそんな「Omiai」の人気の理由を探るべく、アプリを運営されている株式会社ネットマーケティングの担当者にインタビューをさせていただきました。

ユーザーに信頼して利用してもらえるサービスを目指して

― 本日はよろしくお願いします。「Omiai」さんは2012年2月にサービスをスタートされており、日本におけるマッチング分野のFacebook連動型アプリとしてパイオニア的存在だと思います。Facebook連動型のマッチングアプリを始めようと思ったきっかけは、なんだったのでしょうか?

弊社はそれまで広告業をメインに事業を展開していたのですが、2012年ごろに新しい事業を始めようという動きがありました。その当時、海外に目を向けてみるとオンラインデーティングサービスが人気を集めており、「この流れがいつか日本に来るだろう」と思い、マッチングアプリの分野を始めることになりました。

しかし、日本で出会い系サービスというと、「使っている人が誰だかわからなくて怖い」というネガティブな印象が大半。そのため、我々は使う人が信頼して利用できるよう、当時実名登録が推奨だったFacebookとの連携を、日本で初めて採用したんです。

「Omiai」というサービス名には、2つの意味があります。一つは、信頼できる人に仲介人になってもらって結婚相手を見つけていく日本の伝統的な「お見合い」のように、信頼できるサービスにしたいということ。もう一つは、いつか海外展開をしていくときに、横文字でどこの国の人でも親しみやすく、読んでもらいやすいサービスにしたかったからです。

― 信頼性を担保するためにFacebook連携を始められたんですね。しかし、Facebook連携をしていると、Facebook上でマッチングアプリを使っていることはバレたりしないのでしょうか?

Facebook連携をしていますが、Facebook上の友達は表示されないようになっていて、身近な人にアプリを使っていることはわかりません。また、Facebookプロフィールから登録されている名前を引っ張ってきていますが、アプリではイニシャル表記されるようになっているので、実名も知れることなく、安心してご利用いただけます。

― 現在登録されているユーザー数、男女比率、年齢層などを教えてもらえますか?

現在累計会員数は190万人を突破し、もうすぐ200万人に到達する勢いです(2017年1月27日時点)。アプリ上で両想いになる「マッチング」は、8秒に1回のペースで生まれています。

【出典】各出会い方における「恋人ができる確率」から、恋人ができるまでにかかる期間を算出した調査結果より

ユーザーの男女比は男性6:女性4ですが、最近はだいたい半々くらいになってきました。年齢層は男女ともに24~35歳くらいの方に一番多く使っていただいています。マッチングアプリの中では、年齢層が少し高めで、どちらかというと婚活目的で利用している人が多いかと思います。

ユーザーが安心してアプリを利用できるよう、監視体制に注力

― すごいペースで会員が増えているんですね。ちなみに、日本では出会い系のサービスというと、少しネガティブな印象もあったかと思うのですが、プライバシーの保護やトラブルの対策など運営で気を付けていることはありますか?

安心・安全についての取り組みは、他社よりも力を入れていると思います。例えばマッチングアプリはインターネット異性紹介事業に該当するため、ユーザーさんの年齢確認として身分証の提出が必須となっています。

監視体制についても24時間365日行っているのはもちろんのこと、カスタマーサポート担当者が目視で監視を行っています。

たとえば、プロフィールの写真に卑猥なものが使用されていないか、自己紹介の文章や、メッセージ交換の際に誹謗中傷をしていないか、商用目的の利用など本来の目的以外の利用をしていないか、すべて目視でチェックしています。

プロフィール写真についても複数の人が写っていたりする場合は、「他の人の顔を隠してもらわないと載せられませんよ」ということをユーザーさんに通知し、情報の信頼性を追求しています。

他にもクローリングと言って機械的な監視も併用しており、マッチングサービスでよくトラブルになるネットワークビジネスの業者などの入り込みを阻止しています。

「Omiai」は他社と比べ業者の利用が非常に少ないのですが、その理由としてこの監視体制以外にも、価格帯を少し高めに設定していることもあるかもしれません。このように、できるだけユーザーさんに安心・安全に使っていただけるよう、監視体制を徹底しています。

― 目視で監視をされているとは驚きました!これだけ監視していただけていれば、ユーザーも安心してアプリが利用できますね。安心・安全への取り組み以外に、他社とは違う「Omiai」さんを利用することのメリットはありますか?

Facebook連携のマッチングアプリは 交際ステータスの情報を引き継いでいるので、登録の段階で既婚者や交際中の人、18歳未満の人は利用できない仕様になっています。「Omiai」では純粋に婚活・恋活している人を応援したいと思っておりますので、Facebookの交際ステータスが変わった段階で使用できない仕組みにして、なるべく既婚者や交際中の人の利用ができないようにしています。

ただ交際ステータスについてFacebook上で設定していない人もいると思うので、ユーザーからいただく「違反報告」も参考にしています。これはユーザーさんが実際にマッチングした人と会ってみたら相手が既婚者だったとか、お金を請求されたとかいう場合に、そのユーザーを通報できる仕組みです。

この違反報告をカスタマーサポートが受けて、違反と見なされたユーザーには「イエローカード」が表示されます。そしてこのイエローカードが出たタイミングで、そのユーザーとマッチングしているユーザーさんにもメッセージが届き、イエローカードのユーザーとの接触に注意するようアナウンスしているんです。

実は「Omiai」は、開発は男性の比率が高いですが、企画運営はほぼ全員女性。そのため、このように女性にとって使いやすいサービスの追及ができているのだと思います。

相性の良い人とマッチングしやすい方法とは?

― それだけユーザー目線でサービスを開発していただけていると、一人のユーザーとして本当にありがたいです!ちなみに相性の良い方とマッチングするためにできること(どういう内容を登録して、どういう使い方するとマッチングしやすいか)などもしございましたら、男女別に教えていただけないでしょうか?

男性のユーザーさんは女性のユーザーさんを、プロフィールの写真で選んでいる場合が多いみたいです。そのため女性のユーザーさんはなるべく写真写りの良いものを選ぶこと、写真を複数登録するとマッチングしやすい傾向にあります。

逆に女性のユーザーさんは男性ユーザーさんのプロフィールを細かいところまで見て判断する傾向があるので、男性はプロフィールをしっかり書くことが大事になってきます。

現状男性のユーザーさんは、プロフィールに単語を並べているだけの人がすごく多いので、きちんと文章にして書くことを心がけみてください。

例えば好きなものについて書く場合「ビールが好き」と書くのではなく、「最近アメリカ産のクラフトビールにハマっています」というように、細かく説明できると「今度クラフトビールのおいしいお店に行きませんか?」という形で話が発展し、マッチングしやすくなります。

たまに男性ユーザーさんに「こんな自分のプロフィールを見てくれてありがとうございます」というように、ネガティブで自分を卑下しているような文章を書く人がいますが、これもマッチングしづらい原因になっています。プロフィールにはネガティブなことではなくポジティブなことを書くようにしてみてください。男性はプロフィールを客観視して作るためにも、女友達や第三者の方に文章を見てもらった方がいいかもしれませんね。

もし、「プロフィールにどんなことを書いていいかわからない」という場合は、「プロフィールの設定」というところで「同性人気会員のプロフィールを参考にする」というページがございますので、そちらを参考にするのがおすすめです。

また、男性は女性と違って自撮りがあまりお上手ではないので、生活感がにじみ出過ぎた写真をプロフィール画像にしている場合がありますが、これも女性からすると印象が良くないようです。

趣味の車の写真やバイクの写真もよくないですね。男性は笑顔が自然で爽やかな印象の、第三者に撮影してもらった写真を選ぶように心がけてみてください。

後は性別ごとに「人気会員ランキング」というものがあり、自分のランキングを確認することができるので、ランキングアップを目標にゲーム感覚でプロフィールを更新してみるといいかもしれませんね。

今後のサービス展開や今後の展開について

― なるほど、とっても勉強になりました!「Omiai」さんでは検索でのマッチング以外に「漫画好きな人とマッチング」や「同じ血液型の人とマッチング」など定期的に「特集」も実施されていますよね。今後ほかにもサービスの拡充は検討されていますか?もし可能であればご紹介していただけると幸いです。

お話しいただいた特集機能は、他社さんのコミュニティと違って期間限定で行っているので、「今しか入れない!」というイベント感から、ユーザーさんには結構アクティブに使っていただいておりますね。普段会えないような人とマッチングすることも多いため、検索以外で趣味の合う人と出会いたい人などに評判の機能です。

今後もよりユーザーさんに満足していただけるコンテンツを作っていきたいですね。

― その機能早く使ってみたいです!すでにサービスを開始されて5年が経過しましたが、これまでの振り返りと、今後10年という節目に向けての展望を教えていただけますか?

サービスを開始してからこの5年でやっと「『Omiai』って安心・安全だよね」っていうイメージがついてきたかと思うので、そのイメージをより広げていきたいです。

まだまだ世間体的に「マッチングサービス=出会い系」という認識が強いので、「それは違うんだよ」っていうことをしっかり伝えていきたいですね。

今後については、恋人探しや結婚相手探しの選択肢の中で 、「Omiai」が合コンや友達の紹介と並ぶようなレベルになれればな、と思っています。

また、ユーザーさんが増えてきたとはいっても現状大都市圏の方にしかご利用いただけていないので、地方の方々も含め日本国内にしっかり根を張ったサービスとして、成長させていきたいですね。

― 恋人探し、結婚探しの方法として「Omiai」が当たり前に語られる日も近そうですね!本日はお忙しい中、ありがとうございました。

最後に

近年まで日本では注目されていなかったマッチングアプリという新たな市場を開拓し、今では婚活市場で大きな存在となった「Omiai」。

今回のインタビューで、多くのユーザーから支持されている理由は業界の先駆者だからということではなく、細かな市場調査を重ね、ひたむきにユーザー目線でサービスを改良し続けているからだと感じられました。「Omiai」という名前に込められた意味のとおり、信頼されるサービスとして、これからさらに多くの人たちの縁をつないでいくのでしょう。

»Omiaiの口コミ・評判

(取材/文:中森りほ)