人気職業の男と結婚する方法

弁護士の結婚観・好みのタイプ

弁護士

性格

高学歴でプライドの高い努力家
毎日継続して勉強し続けることのできる強い意志と、難関資格をくぐり抜けることのできる知性を併せ持つスーパーエリート。必然的に高学歴のひとが多く、プライドも高め。一方で、女性関係は苦手で、消極的な男が多い。

結婚観

晩婚が多い
若い頃は勉強や下積み業務で忙しいので、恋愛をしている時間がない。事務所の開業を目指すひとも多いので、仕事が安定するまでは結婚はしないというひとが多数派。ただ、弁護士は恋愛経験が少ないひとも多いので、最初に付き合ったひととそのまま結婚してしまうこともある。遅い人は遅いが、早い人は早いというのが弁護士の結婚の特徴。

好みのデート

オーソドックスなデート
映画館やショッピング、おいしいレストランで食事というごくごく普通のオーソドックスなデートを好む。繁忙期にはデートしている暇もないので、カフェでお茶をするだけになってしまうことも。

コンプレックス

弁護士=お金持ちというイメージ
弁護士はみんなお金持ちなはずというイメージを嫌う。若い頃はたいした年収でなかったり、開業に向けて貯金しているひとも多く、意外と羽振りはよくないのが現実。それにも関わらず女性は会社経営者のような派手なお金の使い方を期待するので、奢ってもらえなかったり、プレゼントの値段が低いことにがっかりされるのが悲しくなるそう。

好きな女性のタイプ

結婚相手は仕事ができることが必須条件
弁護士は将来的に開業を望むひとも多く、女性は一緒に仕事を手伝ってくれるひとを選ぶ傾向にある。知的でしっかり者、それに加えて美人で品性があれば完璧というのが弁護士の典型的な女性の好み。

出会える場所

安全な出会いの場
多忙な弁護士はお見合いパーティーのように時間のかかる出会いの場は時間的に難しく、カウンセラーに任せられる結婚相談所が人気。ただ、プライドが高い人も多く、できれば結婚相談所を使いたくないというひとは多い。そんな弁護士の受け皿となっているのがブライダルネットのような婚活サイト。特に20代、30代の若手層に人気がある。