人気職業の男と結婚する方法

医師と結婚したい女性のための出会い方講座

男性の医師

出会い方1:患者として医師に近づく

医師と出会う手っ取り早い方法として患者として医師に近づくという技がありますが、これはあまり可能性が高くないのでやめておいたほうがいいです。

というのは、医師というのは患者を性的対象としてみないように訓練されているからです。想像すれば分かると思いますが、性的対象として患者をみていたら、診療や治療なんてできっこないですからね。

実際、患者に手を出す医師がいない訳ではありませんが、これをすると病院での評判が落ちるので、その病院にはいれなくなるかもしれません。最悪の場合病院から解雇処分となる可能性もあります。

出会い方2:病院で勤務する

医師は多忙ですから、なかなか出会いに時間をかけることができません。結婚相手は病院内の医療スタッフになることもしばしばです。

よって、医師と結婚するには病院で勤務するというのは一つの手です。病院で勤務すればおおよそ医師と接する機会はありますから、そこでうまく関係を築き、親しい仲になれば、結婚までこぎつけることは十分可能です。

もちろん、今から看護師の資格をとろうというのはなかなかハードルが高いので、手軽な医療事務などがおすすめです。医療事務は資格があれば面接で有利になりますが、なくても勤務することは可能です。

出会い方3:お見合いパーティーに参加する

お見合いパーティーの中でもエグゼクティブ系職種限定パーティーや高年収限定パーティーに医師が参加している可能性があります。こうしたパーティーに参加するのはどうでしょうか。

この場合、実際に医師が参加していれば参加する価値はありますが、実際に医師が参加しているというケースはあまり多くはありません。参加していても歯科医師ばかりだったということもよくあります。

医師は基本的に忙しいですから、こうしたパーティーに参加している時間的余裕はないのです。

出会い方4:結婚相談所に登録する

出会いの最終手段として利用されることの多い結婚相談所はどうでしょうか。結婚相談所はたしかに医師の登録が一定数あります。こうしたところで、医師と出会い、結婚まで至ったという女性はちょこちょこ話に聞きますので、ある程度の出会いは期待できます。

入会金や月会費が少々お高いのがネックですが、お金をかけてでも医師と出会いたいと考えるのであれば、入会するのもありでしょう。

ただ、結婚相談所の中でも「医師の登録が多い」と掲げている結婚相談所には注意が必要です。こうした結婚相談所は、医師が登録するときには入会金や月会費を割引したり、無料にしたりして登録してもらっているケースがあるからです。

するとどうなるかというと、女性会員の料金設定が高めになったり、結婚へのモチベーションが低い会員ばかりになったりしてしまうのです。もちろん、医師の会員を増やすためには仕方のないことなのですが、料金のわりにいい出会いがないということもあり得ますので、こうしたところには注意するようにしましょう。具体的には、フェリーチェやクラブオーツーなどがそれに当たります。

オーネットやツヴァイのように医師からも入会金や月会費をとり、ひとによって極端に料金設定を変えないようなところを選ぶようにしましょう。

»オーネットの口コミ
»ツヴァイの口コミ

出会い方5:婚活サイトに登録する

婚活サイトに登録するというのはどうでしょう。これは意外と使える方法です。というのは、お見合いパーティーや結婚相談所に行ってる時間がない、多忙な医師でも、中抜け時間や仕事の後などのちょっとした時間にでも相手探しをすることができるるため、比較的登録者が多い傾向にあるからです。

また、「医師は婚活サイトに登録していない」と思い込んでいる女性も多いので、医師狙いのライバルが少ないというメリットもあります。婚活サイトというのは意外と医師との出会いの場所としては穴場スポットなのです。

なお、婚活サイトを選ぶときには、スマホで使いやすいかどうかで選ぶようにしましょう。前述の通り、多忙な医師にとってどこでも手軽に使えるかどうかは重要だからです。

スマホで使いやすい婚活サイトとしてはブライダルネットがあります。ブライダルネットはSNS型の婚活サイトなので、ミクシーやFacebookと同じような使い勝手で利用することができます。個人的におすすめです。

»ブライダルネットの口コミ