医師と結婚したい!医師と出会うための10つの方法

最終更新日:

医師と結婚

婚活する女性に人気の職業はなんといっても医師です。年収、安定性、ステータスの三拍子が揃っているからです。医師と結婚することができれば玉の輿は間違いないでしょう。

しかし、医師との出会いなんてそうそうありません。そもそも人数が少ないですし、基本的に医師は多忙なので、なかなか出会いの場にも登場しません。

そこで、実際に医師と結婚した女性の話をもとに、医師と出会うための方法を10個ご紹介したいと思います。

医師が好きになる女性のタイプ

医師の好みの女性

まずは医師が好きになる女性のタイプからみていきましょう。医師は大学教授弁護士などと同じように、学生の時からひたすら勉強してきたタイプが多いです。恋愛よりも研究している方が好きというタイプも多く、恋愛経験は少なめです。

医師の中にはチャラい人も多くて、そういう人は華やかなタイプが好きだったりしますが、結婚相手や本命の彼女を選ぶときには、落ち着いた家庭的なタイプを選ぶことが多いです。

また、命に関わる仕事をしていることから、精神的に自分を支えてくれるようなしっかりした女性には心惹かれるようです。逆に甘えっ子タイプを結婚相手に選ぶ医師はあまり見かけないです。

1.患者として医師に近づく

医師と出会う手っ取り早い方法として患者として医師に近づくという技がありますが、これはあまり可能性が高くないのでやめておいたほうがいいです。

というのは、医師というのは患者を性的対象としてみないように訓練されているからです。想像すれば分かると思いますが、性的対象として患者をみていたら、診療や治療なんてできっこないですからね。

実際、患者に手を出す医師がいない訳ではありませんが、これをすると病院での評判が落ちるので、その病院にはいれなくなるかもしれません。最悪の場合病院から解雇処分となる可能性もあります。

2.病院で医療事務として勤務する

医師は多忙ですから、なかなか出会いに時間をかけることができません。結婚相手は病院内の医療スタッフになることもしばしばです。

よって、医師と結婚するには病院で勤務するというのは一つの手です。病院で勤務すればおおよそ医師と接する機会はありますから、そこでうまく関係を築き、親しい仲になれば、結婚までこぎつけることは十分可能です。

もちろん、今から看護師の資格をとろうというのはなかなかハードルが高いので、手軽な医療事務などがおすすめです。医療事務は資格があれば面接で有利になりますが、なくても勤務することは可能です。

3.病院で勤務する友達に合コンを開いてもらう

医師は合コンでものすごくモテるので、合コンでは引っ張りだこ状態です。実際に合コンを主要な出会いの場としている医師は多いので、合コンへの参加率も非常に高いです。

病院で勤務している看護師や薬剤師、理学療法士の友人がいれば合コンを開いてもらえないか頼んで見ましょう。

友達にはいないようであれば、友人のつてをたどったり、SNS経由などで医療関係で仕事している友人を作ってから合コンを頼んでみるのがいいです。

4.医療系のボランティアで出会う

病院では一般人がボランティア活動をしていることがあります。入院中の患者さんのための演奏会だったり、子どもたちへのイベントの開催などです。

こうしたボランティア活動を通じて医師と出会い、結婚したというひとは意外と多くいます。例えば、有名なところでは女優の酒井美紀さんです。

酒井美紀さんはメンタルケアのボランティアに参加したときに、男性医師と知り合い、その4年後に結婚しました。

5.病院の近くの飲み屋で常連になる

病院の近くには必ず医師が通う飲み屋というものがあります。こうしたお店の常連となり、医師と出会いを見つけた女性がいます。今は閉鎖されてしまいましたが、婚活ブログを書いていたアラサー女性のです。

その方は、ずっと医師狙いで婚活をしていたそうですが、あるとき、病院の近くにある飲み屋に医師がよく出没するという情報を聞きつけ、こまめに通っていたそうです。

すると、その飲み屋の店主と仲良くなり、独身の若い医師を紹介してもらえることになりました。そこから順調に交際を重ね、最終的に結婚したそうです。

6.マリンスポーツで出会う

私の友人でダイビングが好きな女性がいるのですが、ツアーやサークルで医師とご一緒することも多いそうです。彼女いわく、医師はマリンスポーツが好きなひとが多いそうで、特に海沿いの地域に住んでいるひとは、マリンスポーツが趣味だという医師は多いそうです。

実際、その趣味を通じて知り合ったことがきっかけで、付き合っているひともいるようで、意外な出会いの場になっているみたいです。

7.学会のスタッフとして出会う

医師は常に最新の治療法や薬に関する知識を習得しなければなりません。その手段の一つが学会です。

学会では一般のひとがスタッフとして働いていることも多く、何度も会っているうちに仲良くなり、交際に発展するということがあるようです。

実際に、とあるリサーチ会社が医師の結婚相手に関する調査をしたところ、学会のような病院以外の現場で一緒に働いたひとと結婚するひとが数%いたそうです。

8.お見合いパーティーに参加する

お見合いパーティーの中でもエグゼクティブ系職種限定パーティーや高年収限定パーティーに医師が参加している可能性があります。こうしたパーティーに参加するのも出会いの方法としてはありです。

この場合、実際に医師が参加していれば参加する価値はありますが、参加していても歯科医師ばかりだったということもよくあります。医師免許の提出が不要なパーティーとかだとそもそも職業詐称している場合もあるので、参加する婚活パーティーの口コミは必ずチェックしてから参加するようにしましょう。

9.婚活サイトに登録する

婚活サイトに登録するというのはどうでしょう。これは意外と使える方法です。というのは、お見合いパーティーや結婚相談所に行ってる時間がない、多忙な医師でも、中抜け時間や仕事の後などのちょっとした時間にでも相手探しをすることができるるため、比較的登録者が多い傾向にあるからです。

また、「医師は婚活サイトに登録していない」と思い込んでいる女性も多いので、医師狙いのライバルが少ないというメリットもあります。婚活サイトというのは意外と医師との出会いの場所としては穴場スポットなのです。

ブライダルネットby IBJゼクシィ縁結び あたりが医師狙いの人にも評判がよくて、実際に出会って結婚した人もいるのでおすすめです。

10.結婚相談所に登録する

私が結婚相談所のカウンセラーをしていた時、医師の登録が意外と多いことに驚いた記憶があります。話を聞くと恋愛自体が苦手で恋愛を避けてきたけど、いい年齢になってきたからすぐにでも結婚の話ができる相手を見つけたいというのです。

こういう医師は意外と多いので、結婚相談所に登録して医師を狙うというのもありです。

実際に個人的にお世話した一人で、医師狙いの30代の女性がいました。この女性は婚活に苦労していて、最後の手段として結婚相談所に入会しました。その結婚相談所でもかなり苦労していたみたいですが、カウンセラーに恵まれたこともあり、入会から8ヶ月目にして医師と出会い、結婚に至りました。

入会金や月会費が少々お高いのがネックですが、お金をかけてでも医師と出会いたいと考えるのであれば、入会するのもありでしょう。

ツヴァイ は会員数が多く、医師の登録者も一定数いるのでおすすめです。