どうしても20代の若い女の子と結婚したい男性のための出会い方ガイド

20代の女性

若々しい雰囲気は大切

まず最初に知っておきべきは、女性は自分より7歳以上年上の男性は結婚相手の対象にしないということです。25〜29歳の女性を狙おうと思ったら、32〜36歳が限界です。

それ以上だと、20代の女性と結婚するのはなかなか難しい事を知っておきましょう。

ただ、7歳上離れていても結婚を考えてもいいと思える場合があります。それは外見的な若々しさです。外見的な若々しさがあれば、多少歳がいっていても気になりません。

逆に年齢的にはOKでもぱっと身がおっさんだったら結婚したいとは思えません。

なので、20代の若い女性に好かれようとしたら、身だしなみや行動に若々しさが出るように心がけましょう。間違ってもヨレヨレのスーツで、「よっこらしょ」とか言わないようにします。

びしっとしたスーツで、胸を張って活き活きと動くことが大事です。

20代の女の子向けの雑誌を読んでセンスを磨く

どんなものが好みなのか、どんなことが嫌いなのか、何を考えて日々過ごしているのかなどは、最低限知っておいた方がいいです。

食事場所やデートスポットを探すときに、センスのないところを選んでしまうと、それだけでおっさん扱いをされてしまうからです。

無理して好みを合わせる必要はありませんが、若い人の流行を知っている大人というのは、若い女の子から一目置かれるので、知識としては知っておいて損はありません。

そうした、若者の流行や好みを知るのにうってつけなのが女性誌です。20代の女の子は女性誌から色々と影響を受けているので、それを読む事で、センスを磨く事ができます。食事場所やデートスポットも的外れなところを選ぶようなことはなくなるはずです。

出会いの場所を選ぶ

出会いの場所もできるだけ20代の女の子が多いところを選びましょう。

お見合いパーティーでも、比較的若い女性が参加しているパーティーや、アクーのように20代の女の子限定のパーティーのようなところを選びます。

街コンも悪くはありませんが、あまり出会いには発展しにくいので、婚活としてはおすすめできません。

他には、年齢を絞って相手を探せる婚活サイトもありです。こちらも20代の女性に人気のブライダルネットユーブライドのようなサービスを選びましょう。