どうしても看護師と結婚したい男性のための出会い方ガイド

看護師

患者として看護師と出会うのはほぼ無理

看護師と出会おうと思ったときに、男なら誰でも考える(妄想する)のが、患者として訪れた病院で、看護師さんと仲良くなるという方法です。

病院にいると驚くほど可愛い看護師や、笑顔が素敵な看護師がちょこちょこいるので、ついつい仲良くなりたいと思ってしまいます。

でも、結論からいうと、ほぼ無理と思った方がいいでしょう。看護師と患者が親しい関係になることがない訳ではありませんが、基本的に仕事中の看護師は仕事モードに入っているので、患者を恋愛対象に捉えることなんてできません。

連絡先を紙に書いて渡しても、ほぼ間違いなく断られるはずです。基本的に患者として看護師と知り合うのは無理と思った方がいいでしょう。

医療関係の仕事に就くと看護師と結婚しやすい

看護師の結婚相手として多いのが医療関係の職業です。

医師や理学療法士などの現場で一緒に仕事をする職業だけでなく、医療機器メーカーや製薬会社の営業職など、病院となんらかの関わりがある業界のひとは看護師との知り合いやすく、結婚することも多くあるのです。

本気で看護師と結婚しようと思ったら、医療関係の仕事に転職するのもありですが、そこまでしなくても、医療関係の友人を増やすところから始めるのもありです。

医療関係の友人に紹介を頼めば、看護師を紹介してくれるはずです。

土日のお見合いパーティーは看護師が多い

看護師は残業が多いので、平日はお見合いパーティーになかなか参加する事ができません。土日などの休日のほうがお見合いパーティーに看護師が参加している割合は高くなります。看護師狙いでお見合いパーティーに参加するなら、休日のパーティーを選ぶようにしましょう。

婚活サイトのほうが若い看護師が多い?

お見合いパーティーよりも婚活サイトのほうが若い看護師が多いかもしれません。

というのは、33歳の男性で看護師狙いで看護師狙いの婚活をしていた方が、「街コンやお見合いパーティーよりも、婚活サイトのほうが、自分より若い看護師が多かった。」という話をしていました。

その男性が仲良くなった看護師の女性が言うには、「若いうちは仕事が忙しく、婚活している時間がない。出会いを探そうと思ったら空き時間に使える婚活サイトくらいしかない。」のだそうです。

確かに20代の看護師は覚える事が多く、結婚相手を探したくてもそのひまがないといわれています。それもあって、看護師の20代の未婚率は他の職業よりも高めです。SNS世代の若い看護師が手軽にできる婚活として、婚活サイトを選んだとしても不思議はありません。

はっきりしたデータがある訳ではないので、断言することはできませんが、看護師狙いの男性は婚活サイトを利用するのがいいかもしれません。