オタク男子が婚活する上で必要なこと

オタクであることに自信を持つ

オタクの婚活
オタクの男性はオタクだから結婚できない、オタクだから女性に好かれない、オタクだから相手にしてもらえないなど、自分がオタクであることをネガティブにとらえてしまいがちです。

しかし、オタクであることは決してネガティブなことではありません。オタクというのは特定のジャンルを極めたひとですから、本来は周囲に賞賛されてもいいくらいです。一昔前はたしかにオタクへの誤った偏見はありましたが、近年ではそれもだいぶなくなりつつあります。

婚活をするのであれば、オタクであることを隠したり、自分の欠点のように語るのはやめましょう。むしろ、自分がなんらかのオタクであることを堂々と伝えるのです。もちろんそれで、ひいてしまう女性もいるでしょうが、オタクであることを気にしない女性もいますし、実は同じ趣味をもっている女性が好意を示してくれるかもしれません。

服装や身だしなみを必要以上に気にしすぎない

オタクのひとというのは自分の興味があること意外は力を入れないところがあるので、服装や身だしなみがないがしろにしがちです。しかし、自分でもその自覚は強くあるので、オタクのひとが婚活する上で最初に気にすることは服装や身だしなみだったりします。

しかし、結論からいうと服装や身だしなみにそこまで気を使いすぎる必要はありません。婚活する女性はオシャレなことをそれほど重視していないからです。

重視しているのはなんといっても経済力と性格の相性です。服装なんて最悪自分がどうにかしてあげればいいとすら思っています。

最低限の清潔感さえできれば、それ以上は必要ありません。

とにかくゆっくり話す

人間は緊張すると知らず知らずのうちに早口になってしまうものです。全員ではないですが、オタクの男性は特に早口になってしまうことは多くあるように思います。

あまりに早口だと女性は話を聞き取れないだけでなく、せっかちなひとだという悪い印象を与えてしまうかもしれません。

心当たりがあるひとは電話しているときの自分の声を録音してみるといいと思います。思っている以上に早口であることに気づくことでしょう。

中途半端な恋愛テクニックを使わない

オタクに限らず、恋愛経験の少ない男性はどうしても巷にあふれている恋愛テクニックに飛びついてしまう傾向があります。

恋愛テクニックというのは完璧に使いこなすことで効果を発揮するものなので、中途半端に使ってもあまり効果はなかったりします。また、女性は男性が思っているよりも勘が鋭いので、にわか仕込みの恋愛テクニックはすぐに見抜かれてしまいます。

下手にテクニックに走るくらいであれば、女性の話をしっかりと聞いて、自分の思った通りのことを伝えるほうがよっぽど価値があります。女性がオタクに魅力を感じるときというのは、そういった素直で正直な姿勢だったりします。

結婚相談所は使わない

婚活というと真っ先に結婚相談所を思い浮かべてしまいますが、結婚相談所でオタクが成功したという話はほとんど聞かれません。結婚相談所はオタクはモテないという偏見をもっているので、オタクであることをにおわせるプロフィールがあろうものなら、担当のカウンセラーやアドバイザーから修正するように注意を受けることになるでしょう。

なので、基本的には結婚相談所は使わずにお見合いパーティーを中心に活動するのがおすすめです。お見合いパーティーは直接一人一人の女性と話せるので、自分に興味をもってくれるひとがいることもありますし、始めからオタクのみに参加を限定しているとこであれば、オタク同士なので気楽です。

お見合いパーティーの比較ランキングを参考にして、自分好みのお見合いパーティーを選んでみてください。

初対面の相手といきなり面と向かって話すことに抵抗があるようであれば、婚活サイトという手もあります。婚活サイトメールで距離を縮めてから直接会うことになるので、心理的なハードルは下がります。外面よりも内面を先に見てもらえるのも婚活サイトのいいところです。

婚活サイトは婚活サイトの比較ランキングを参考にしてください。