婚活に必要なメールテクニック〜男性編〜

婚活では最初はメールで女性とコミュニケーションをとることになるため、基本的なメールのテクニックがないと、なかなかいい女性に出会うことはできません。まずは婚活における基本的なメールのテクニックをマスターして、女性からの返信率をあげられるようにしましょう。

メールする男性

まずは自分を信用してもらう

女性は警戒心が非常に強い生き物です。一度も会ったことのない相手であればなおさら警戒心を強めます。ちょっとでも怪しいと思うようであれば、すぐに連絡がこなくなりますし、信用できるまでは直接会うようなことは絶対にありません。

なので、一度も婚活サイトや結婚相談所で一度も会ったことがない女性とメールする場合には自分を信用してもらえることに全力を注ぐ必要があります。

例えば、初めてメールを送るときには自己紹介を必ずする、丁寧な文面を心がける、いきなりデートの約束をしようとしないなどが基本になります。プラスアルファで、自分の身の回りの小話や失敗談みたいな話をすると、親近感がわいてきて信用度はぐっとあがります。

メールの頻度や分量は女性に合わせてあげる

女性はメールの頻度や分量に敏感です。頻度や分量は多すぎても少なすぎてもだめです。多すぎれば返信がめんどくさいと感じ、少なすぎれば愛情がないと感じます。多すぎず、少なすぎない絶妙のさじ加減が大切です。

どれくらいが多くて、どれくらいが少ないのかはその女性によって全然異なりますので、基本的には相手に合わせてあげるのがよいでしょう。同じくらいの分量、頻度で送ってあげるようにしてください。メールの内容がどうであれ、メールのテンポが自分と近い男性には不思議と親近感がわくものです。

ちょっとした工夫で返信率は上がる

婚活では女性のプロフィールを見て、気に入ったときにメールを送るという場面が多くあります。このときに「私は〜と申します。仕事は〜をしています。よろしければ連絡ください。」というように、自己紹介だけ送ってしまう場合が多くあります。

これではよほど魅力的なプロフィールをもった方でない限りは返信してもらえる可能性は極めて低いでしょう。他の男性からのメールに埋もれてしまうか、一斉削除されてしまうのがおちです。

女性からの返信率を高めるポイントはどこに興味をもってメールを送ったかをメールに書くことです。それは容姿でも趣味でも特技でもなんでもかまいません。それをはっきり伝えることで、きちんと自分のことをみてくれている誠実な男性という印象を与えることができるのです。

すばやく返信できる男性はモテる

女性からのメールにすばやく返信できる男はモテるのはなぜでしょうか。それは実践できている男性がほとんどいないからです。メールに早く返信したほうがいいと分かっていても、ついつい後回しにしてしまう男性がほとんどなんです。

女性はメールの返信を待つのが苦手なので、返信が遅いだけで自分には興味がないと思ってしまったり、軽くみられていると思ってしまったりします。

なので、メールはできるだけ早く返信できるようにしましょう。それだけで、他の男性から一歩抜け出すことができます。特に知り合って間もないときはメールだけが自分を知ってもらえる手段になるので、とにかくマメにメールを返信することが大事です。

自慢話は必要ない

婚活では自分をアピールしようとするあまりに自慢話をメールで披露してしまうひとがいます。女性は男性の自慢話ほど興味のないものはないので、一度もあったことのない男性に自慢話をされようものなら、めんどくさいひとだと思われるのがオチで、会いたいと思ってもらえることは夢のまた夢です。

どうしてもアピールしたいことはプロフィールに書くだけで十分です。わざわざメールでアピールする必要はありません。聞かれない限りは答えないというスタンスを守りましょう。

メールでは自分の話よりも女性の話をしっかり聞いてあげることが大事です。余計なアピールをしなくてもそれだけで誠実な男性であることをアピールできます。