婚活で自分の性格を分かりやすく書く方法

婚活プロフィールでは性格を書くことは欠かせませんが、書き方がよく分からないという人も多いと思います。今回は婚活プロフィールで自分の性格を分かりやすく書く方法についてご紹介したいと思います。

性格を一言で言えるようにする

まずは自分の性格を一言で言えることが大切です。

難しい言葉や分かりにくい言い回しを使うと、見ず知らずの相手には伝わりにくくなってしまいます。

どんな性格?と聞かれて、「自分はこんな性格です。」と一言で言える方が、聞き手にとってはとても理解しやすいです。

下記に婚活のプロフィールでよく使われる一般的な性格を一覧にしたので、ここから自分に当てはまるものをいくつかピックアップして使ってください。

内向的 社交的 優しさ 個人主義 その他
・落ち着いた性格
・優柔不断
・まじめ
・冷静沈着
・物静か
・神経質
・繊細
・几帳面
・行動的
・明るい
・おしゃべり
・積極的
・社交的
・ワイルド
・むじゃき
・責任感がある
・気がきく
・思いやりがある
・おおらか
・お人好し
・おだやか
・頑固一徹
・マイペース
・のんびり
・自由気まま
・負けず嫌い
・好奇心旺盛
・おせっかい
・忍耐強い

ポジティブな言い回しにする

自分の性格ですので、ありのままを書くのが一番なのですが、あまりにネガティブな印象を受けるような言い回しは避けたほうが無難です。できる限りポジティブないい方になるようにしましょう。

具体例を紹介します。

優柔不断→慎重に判断する性格
協調性がない→マイペース
仕切りたがり→リーダーシップがある
傷つきやすい→繊細

このように、意味は同じでも使う言葉が違うだけで相手に与える印象は全然違ったものになります。婚活では謙遜して自分の性格をネガティブに表現してしまいがちですが、それではアピールにならないので、ポジティブに言い換えるように工夫しましょう。

友達の評価を加えることで個性的に見える

多くのプロフィールを見ていると、すべて同じように見えてしまったり、平凡に見えてしまったりすることがよくあります。

例えば「活動的な性格です」「真面目な性格です」「家庭的です」とだけ書かれたプロフィールはありきたり過ぎて印象に残らない可能性があります。

そこで、オリジナリティがある自分だけの性格にするために、友達の評価を加えることをオススメしています。

「面倒見のいい性格で、友達からは母親のようだとよく言われます。」
「アクティブそうに見られますが、実は結構内気な性格です。」
「元気で明るいのが取り柄なので、周りに〇〇と会うと元気が出ると言われます。」

例を見ても分かる通り、友達の評価をを付け足すだけで、個性的な表現になりました。これならオリジナリティ溢れる自分だけのキャラクターを伝えることができるので、ありきたりな性格で終わることを防ぐことができます。。

エピソードを加えると説得力が増す

初対面やまだ会った事のない相手に自分の性格をリアルに想像してもらうのはなかなか難しいものです。そこで、性格にちょっとしたエピソードを加えてみましょう。エピソードがあると性格をリアルに表現しやすくなるので、自分の性格に説得力が出てきます。

具体例を紹介します。

「好奇心旺盛な性格で、行きたいところややりたいことがあったらすぐに行きたくなります。先日もピザが美味しいお店があるということで電車で一時間かけて隣の県まで行ってきました!」

「めったなことでは怒るようなこともなく、穏やかな性格だと友達にはよく言われます。でも怒らなすぎて職場ではいじられキャラになっているのが最近の悩みです。笑」

どうでしょう。ちょっとエピソードを書くだけで、そのひとの性格やキャラクターを具体的にイメージしやすくなったのではないでしょうか。自己紹介でエピソードを加えるというのは、就職や転職で履歴書を書くときにも使われる効果的なテクニックです。

ぜひ積極的に活用しましょう。

まとめ

性格はありきたりになってしまいがちですが、ちょっと書き方を工夫するだけで、自分だけのオリジナリティ溢れる表現をすることができます。

そういうちょっとした差がライバルに差をつけるポイントでもあったりするので、この記事を参考にしながら、個性的な性格を書いて見てください。