40代で結婚するために必要なこと(女性編)

客観的な視点でアドバイスをしてくれるひとを見つける

歳を重ねるごとに自分に本音で話してくれるひとは少なくなってしまうものです。特に40代で仕事をしている女性というのはある程度の地位を確立している場合が多いため、自分より若い人や年次の低い人が本音で話してくれることはほとんどないでしょう。

そうなると、お世辞や社交辞令が多くなってしまい、自分の本来の姿が見えなくなってしまったり、悪い部分やいい部分に気づくことができなくなってしまったりします。

なので、婚活を本気でやろうと思ったら、客観的な視点でアドバイスをくれるひとが必要です。それは仲のいい友人や家族でもかまいません。周囲に見当たらなかったら、有料のサービスを利用してもいいと思います。とにかくまずは、客観的な視点でアドバイスをくれるひとを見つけることが必要なのです。

積極的に出会いの機会を増やす

結婚願望がない訳ではないのに40代まで結婚に至らなかったひとの多くは、出会いの機会が極端に少ない傾向にあります。仕事熱心なひとも多く、職場や取引先以外で新しいひとに出会う機会がないという場合が多いのです。

しかし、実際のところ40代で出会いの機会を増やすというのは至難の業です。20代〜30代の頃は友人の紹介や合コンがあったかもしれませんが、40代になるとそういったことはぱたりとなくなってしまうものです。また、40代になってくると、自分から紹介を頼むにも頼みにくかったりします。

なので、40代で結婚につながる出会いを増やすためには、相当に積極的に自分から動かなければなりません。お見合いパーティーはもちろんのこと、結婚相談所を利用することも選択肢に入ってくることでしょう。

結婚相談所なら、40代の女性でも登録できて、かつ、実績も豊富なツヴァイがおすすめです。

男性をリードしてあげる

結婚相手の年齢はプラスマイナス5歳程度の相手がメインになります。45歳であれば、40〜50歳前後の方が現実的なラインとなります。

これくらいの歳まで結婚していない男性というのは、仕事一筋で人生を歩んできたひとが多いため、女性経験が少なかったり、女性に対して免疫がないような男性が多くいます。

そういう男性は女性と会ったときに何を話せばいいのか分からなかったり、デートをどうすればいいのか分からなかったりします。

なので、女性が自分から積極的にデートに誘ったり、会話をリードしてあげないと、なかなか恋愛が発展しなかったりするのです。女性がリードすることに違和感を感じるひとがいるかもしれませんが、徐々に男性にも自覚が出てきてリードしてくれるようになりますので、最初だけだと思って、男性をリードしてあげるようにしましょう。