40代で結婚するために必要なこと(男性編)

40代のカップル

積極的に出会いの機会を増やす

結婚願望がない訳ではないのに40代まで結婚に至らなかったひとの多くは、出会いの機会が極端に少ない傾向にあります。仕事熱心なひとも多く、職場や取引先以外で新しいひとに出会う機会がないという場合が多いのです。

しかし、実際のところ40代で出会いの機会を増やすというのは至難の業です。20代〜30代の頃は友人の紹介や合コンがあったかもしれませんが、40代になるとそういったことはぱたりとなくなってしまうものです。また、40代になってくると、自分から紹介を頼むにも頼みにくかったりします。

なので、40代で結婚につながる出会いを増やすためには、相当に積極的に自分から動かなければなりません。お見合いパーティーはもちろんのこと、結婚相談所を利用することも選択肢に入ってくることでしょう。

結婚相談所なら、40代の男性でも登録できて、かつ、実績も豊富なツヴァイがおすすめです。

女性から好かれる服装を心がける

40代で未婚の男性というのは仕事一筋で女性の目線なんか気にしたことがないという方が多いと思います。しかし、真剣に結婚を考えるのであれば、女性から好かれるような服装を心がける必要があります。

女性から好かれる服装といっても、特別におしゃれをする必要はありません。よほどおかしな色や柄でなければ、これまで通りのオーソドックスなスタイルで問題ないのです。

むしろ、女性からみて高感度の高い服装というのは清潔感のある服装を指します。シャツやパンツにアイロンが行き届いていて、汚れやシミがなく、汗や食べ物の匂いがしないようにすることが大切です。どれかひとつでも欠けると、清潔感のない汚い印象を女性に与えてしまい、好意をもってもらうことは難しくなってしまいます。

そんなことに気を使うのは面倒だと思うかもしれませんが、結婚すれば奥さんが手入れしてくれるかもしれません。今は少しでも女性に好意をもってもらえるような服装を目指すことが肝要です。

女性を見下すような話し方は控える

そんなつもりがなくても、知らず知らずのうちに女性を見下したような話し方をしてしまうことはよくあります。日本はまだまだ男性社会なので、仕事をしているひとほど女性を下にみてしまったりします。

仕事上はそれでもよかったかもしれませんが、恋愛で考えると、女性を見下す男性を好きになる女性はほとんどいません。特に30代、40代でも熱心に仕事をしている女性はプライドが高い傾向にあるので、男尊女卑には非常に敏感です。

意識しすぎるくらいに女性を見下さないように気をつけるようにしましょう。本心かどうかは別にしても、女性の社会進出を歓迎する姿勢や女性にしかできない仕事に敬意を示すことが大切です。

懐の深い大人の男をアピールする

女性に好意をもってもらうためには、最低限自分の魅力をアピールすることが欠かせません。しかし、特別に容姿が整っていて、高年収な男性でない限りは40代の男性がアピールできることといえば、性格と大人の魅力に限られてきます。

性格はアピールするというよりは、相手が徐々に魅力を感じていく部分ですので、アピールするとすれば大人の魅力という点にしぼられてくるでしょう。

大人の魅力といっても、ダンディな男という意味ではなくて、どんな女性でも受け入れられる寛容な心や懐の深さみたいな部分のことです。女性の話を批判したり説教したりせずに、きちんと聞いてあげられる男性は必ず女性からも好意をもってもらえます。

容姿や年収はすぐには変わらないですが、女性に対する寛容な姿勢はすぐにでも実践できます。意識して取り組んでみてください。