結婚したい相手に好印象を持たれる会話術

会話する男女

聞き上手になる

男性でも女性でも聞き上手な異性には好感を感じるものです。自分の話と相手の話が3対7くらいになるように意識して、聞き上手になってあげてください。

相づちや合いの手を適度に入れて、興味をもっているということが伝わるようにするのがポイントです。すごいと思うようなことがあれば、素直に褒めてあげられると相手も喜んでくれるでしょう。

お互いの共通点から話を広げる

初対面でも、共通点が見つかると相手との距離は一気に縮まるものです。自分と同じ趣味だったり、出身地だったりした場合にはチャンスです。そこから話を広げていけば、なんとなく相手に親近感を感じて、初めてなのに初めての感じがしなくなります。

実際に交際をスタートしてからも、共通点があると楽しいものですし、会話に困ることも少なくなりますので、宝探しでもするようにまずは共通点を探してみてください。

相手に興味をもつ

自分に興味をもってくれるひとを嫌うひとはいません。ですから、相手が楽しそうに話していることや聞いてほしそうな話題は積極的に興味をもって聞くようにしてみてください。

「それはどういうことですか?」「その後どうなったんですか?」「なんでそうしようと思ったんですか?」というフレーズを意識して話を聞くのがポイントです。

積極的に聞いてみると、相手がもっと話をしたいと思うようになりますので、会話も自然と盛り上がります。最終的に『自分に興味をもってくれた』という印象を与えることができれば、また会話したいという気になりますので、次につなげることができます。

相手のウイークポイントはスルーする

人間は完璧ではないので、誰しもがつっこまれたくないウイークポイントというものがあります。女性であれば年齢、体重、男性であれば学歴、身長、年収など他者からみれば些細なことでも、本人にとってはできれば突っ込まれたくないことが必ずあります。

誤ってそこに突っ込んでしまうと、会話は沈黙し、残り時間でそれを取り返すことは至難の業となってしまいます。

気になることは交際が始まってから聞けばいいことですので、大事な出会いの場で地雷を踏んで台無しにするようなことは避けたほうが無難です。

笑顔で相手の目をみて話す

笑顔というのは不思議なもので、どんな相手に対しても安心感を与えてくれるものです。逆の立場になるとよく分かると思いますが、無表情のひとと笑顔のひととでは話しやすさが違うと思います。

初対面だと緊張してしまい、会話が上手くいかないこともあるかもしれませんが、笑顔だけでも忘れないようにするだけで、相手に与える印象は全然違うものになるはずです。