いいことばかりではない 街コンに参加するデメリット

デメリット

結婚につながる出会いは少ない

街コンでは参加者が結婚を望んでいるかどうかは分かりません。「友人に誘われて来ただけ」「流行ってるみたいだから興味本位で来ただけ」というひとも多く参加しており、結婚につながる出会いにはなりにくいというデメリットがあります。

アドレスを交換したものの、その後は音信不通。連絡をとっているけど、交際には発展しない。交際しても「結婚はまだ考えてない」と言われて破局ということも珍しいことではありません。

街コンで出会いがあるのは確かですが、結婚につながる出会いを期待しないほうが賢明です。婚活目的で参加するところではないように思います。

分かりやすい魅力がないと勝ち目がない

街コンは興味がない相手であれば早めに会話を切り上げて次に行けるというメリットがあります。しかし、このメリットはデメリットにもなります。なぜなら、逆に言うと、短時間で自分に興味をもってもらえなければ、自分を知ってもらうチャンスすらないことを意味するからです。

女性であれば「可愛い、美人、気配り上手」なひとが有利ですし、男性であれば、「イケメン、いい職業、話がおもしろい」というひとが有利です。性格的な魅力なんて二の次で、相性とか蚊帳の外です。誰が見ても分かるような、分かりやすい魅力がないと、なかなか勝ち目がないのです。

精神的なダメージが大きい

街コンは興味がない相手であれば早めに会話を切り上げたくなるものですから、そういうときは露骨に顔や態度に出ます。それを気にしないような図太いひとであればいいのですが、ちょっとしたことが気になる繊細なひとだと、精神的なダメージは大きいです。

また、礼儀上、最低でも10〜20分くらいは席を立つわけにもいきませんので、相手が嫌がっているのを分かっていながら、その時間を過ごさなければなりません。これはけっこうなストレスになります。精神的に強くないと、街コンに参加するのは危険です。