終わりよければすべてよし。親近効果の活用法。

親近効果とは

終わりよければすべてよし。という言葉を聞いたことがありますでしょうか。デートがいまいち楽しくなくても、最後のほうにおいしいものを食べたり、ちょっとしたハプニングで楽しい出来事があると、「まぁ、いろいろあったけど今日は楽しかったかな。」と感じるあの感覚です。

これを心理学用語で親近効果といいます。ひとは最も近い記憶にその後の記憶が影響されやすい効果をいいます。原理としては単純に時間的に近い記憶のほうが鮮明で、長期的な記憶に残りやすいのです。

面接やオーディションでは同じようなレベルの人物であれば、後半のひとのほうが記憶に残っているので、有利になりやすかったりしますが、これも親近効果のひとつの例です。

お見合いパーティーでの活かし方

親近効果はお見合いパーティーでも活かすことができます。一対一のトークタイムでは順番が決まっているので、意図的に意中の相手を後半にもってくることは難しいですが、フリータイムは好きな相手と話すことができるので、意中の相手がいれば必ず話すようにしましょう。

特にフリータイムが複数回ローテーションするようなパーティーではチャンスです。一対一のトークタイムがいまいちだったとしても、フリータイムでいい印象を残すことができれば、一対一で印象に残った相手よりもあなたのほうが印象に残る可能性があります。

また、最終結果発表でカップルになれなかった場合でも、帰りがけに今日はありがとうございましたとにこやかに挨拶して帰れば、あなたの印象が残って、後からパーティーの運営者経由で連絡がくることもあります。

デートでの活かし方

初めてのデートではその日の印象で次のデートにつながるかどうかを判断されてしまいます。デートがいまいちだったら次のデートはないでしょうし、デートが楽しいと感じてもらえたら次のデートの約束をすることができるかもしれません。

しかし、最初のデートでは最初から最後まで楽しいというのはなかなかありません。必ずつまらなないと感じてしまうタイミングがあるかもしれません。

ここで親近効果の出番です。デートが終わりに近づいてきたら、ちょっとギアを入れて相手が喜びそうなことをしましょう。ちょっと服装をほめてみる。そのひとの魅力的な部分を伝えてみる。などなんでもかまいません。

別れ際に「今日は楽しかった。ありがとう。」と伝えてみるのもいいでしょう。別れてからすぐにメールでお礼をいうのもありです。

とりあえず、最後の方であなたの印象がよくなることをすれば、デートで感じたあなたへの印象が薄れて、最後のほうで感じたあなたへの印象が強くなるかもしれません。