自己開示で異性との親密度アップ

自己開示の法則とは

なにを考えているのか分からない神秘的なひとは魅力的にみえることがありますが、多くの異性からモテるためには自分のことを包み隠さず話せるひとのほうが有利です。

どこかで聞いたことがある人も多いと思いますが、心理学用語で自己開示の法則というのがあります。要するに自分の内面に関わること、弱み、欠点、悩み事などを話すことで信頼感が増し、好感をもたれやすいという法則です。

あえて弱みを話してみる

異性に対しては、自分を良く見せようとする思惑がはたらくため、自分のマイナス要素は極力話さないようにしてしまいがちです。

出会ってすぐはそれでもいいかもしれませんが、ずっといい部分ばかりをアピールしていても、相手は本当かな?と思ってしまいますし、交際に至るような信頼関係を築くことは難しくなってしまいます。

そこで、ある程度仲良くなったら、進んで自分をさらけ出してみましょう。あえて苦手なことや自分の過去の失敗を話すことで、相手から信頼を得るのです。

自己開示の法則には返報性というのがあり、相手が自己開示してくれたときに、自分も自己開示しなきゃという気持ちになります。

お互いに自分の内面をさらけ出すことになるので信頼関係は強いものになります。

自己開示は意中に相手に絞ってやることがポイント

自己開示は誰にでもやればいいというものではありません。誰からもモテる人間を目指すのであれば別ですが、たいていの場合は意中の相手がいると思います。

であれば、自己開示は意中の相手に絞って行うのがいいでしょう。

例えば、合コンで気になる相手がいたときに、そのひとと隣になったときにこっそりと、自己開示をしてみましょう。

「実はこういうところ苦手なんだよね。」
「お酒に酔いやすいから控えているんです。」

などこっそりと話してみましょう。相手は自分だけに話してくれたという喜びからあなたに特別な感情を感じやすくなります。

合コンではなく二人っきりで話している場合には、普段は話さないようなこと、例えば、実家の家族のこと、将来の夢、悩み事などがいいでしょう。

相手も自己開示してくれたら成功

自己開示が成功したかどうかは、相手も自己開示してくれたかどうかでわかります。

自分が自己開示したけど、相手は自分についてあまり話そうとしていない場合はまだ自己開示がうまくいっていない証拠です。

逆に相手が自分について話すようになったら、自己開示が成功して、お互いに信頼関係が築けていると判断していいでしょう。