小食な女の子は本当に可愛いのか

小食の女の子はかわいいというのは女子の中では定説ともいえる常識です。まだ食べれるのにちょっと残してみたり、スモールサイズを選んでみたりと、可愛いと思われようと計算して小食を演じてみることは誰でも経験があると思います。

でも、男性からは本当にかわいいと思われているのかというと、実はそうでもありません。むしろ逆効果になってしまうこともあるようです。詳しく見てみましょう。

小食の女の子

男からはかわいこぶってるとしか思われない

小食な自分を演じる好意は男性からは評判はよくありません。というのは、小食アピールをする女性は男性から見抜かれてしまっているからです。多くの女性が小食アピールをするので、男性はそれに飽き飽きしているというのが本音のようです。

たしかに、むしゃむしゃ食べてる女性と小食な女性がいたら、小食なほうが女の子らしいと思うかもしれませんが、同時に計算高い女とか、自分を可愛く見せようとする女、ありのままの自分を見せない隙のない女という印象を抱いてしまうのも事実です。

女同士で食事にいったときに、自分だけサラダしか食べなかったり、デザートはいらないとか言い出す女に感じる腹立たしさに似たようなところがあります。

男は一緒に食事を楽しみたいと思っている

小食を演じる女性があまり好かれないもうひとつの理由に、自分だけが食べているというのが嫌だというのがあります。

一口食べておしまいみたいな女の子だと、自分だけが食べることになるので、二人で食事をしてても、一人で食事に来ているかのような感覚を抱いてしまいます。

女性と違って、一人で食べることも多い男性にとって、女性との食事は貴重な一緒に食事を楽しめる時間です。それを一口食べて終わりではちょっとかなしくなってしまうのも仕方がありません。

男性と食事をするときには、小食アピールの前に一緒に食事の時間を楽しめるようにしたいものです。そのほうが男性に喜んでもらえますし、また一緒に食事がしたいと思ってもらえるはずです。

おいしそうに食べる女性は魅力的

笑顔が多い女性は男性から好かれますが、同じように食事をおいしそうに食べる女性は男性から好かれます。おいしそうに食べていると自然な笑顔が増えますし、普段は見られない表情が垣間見えて、男性は喜びます。

逆に食べるのを我慢していると、表情はどうしても固くなりますし、普段見える表情とあまり変わりないものになるので、男性は新しい魅力を見いだすことはないかもしれません。

男性にとっては小食という事実よりも、おいしそうに食べている表情のほうがよっぽど魅力的に映ります。無理して小食を演じるくらいなら、気持ちよくおいしそうに食事を楽しんじゃいましょう。

そのほうがお互いにとっていいはずです。