脱毛サロンは結婚前に行っておいたほうがいい理由

女性なら一度は脱毛サロンに興味をもったことがあると思いますが、いずれ行こうと思っているひとは、結婚前に行っておくことをおすすめします。これは、私の私見ではなく、多くの女性と話していてそう思うからです。その理由について、詳しくみていきましょう。

脱毛について考える女性

理由1:結婚式に間に合わせるため

まず、最初にあるのが、結婚式に間に合わせるためという理由です。脱毛は短期間で終わると思っているひとは多いですが、実際は結構時間がかかります。一回でできる脱毛の数は限られているので、つるつるにきれいにするためには何回も通う必要があります。特に全身脱毛を選択する場合、1年くらいは見ておいたほうがいいと思います。

「脱毛はブライダルエステのときでいいや!」なんて思っていると、意外と時間がかかることを知り、結婚式に間に合わせられないなんてことも起こり得ます。

彼氏に「ごめん。脱毛がまだだから、結婚式先延ばしにしていい?」なんて言うわけにもいきませんから、早めにしておいたほうがいいです。

理由2:脱毛エステの費用を捻出しにくくなるから

結婚はなにかと費用がかかります。結婚式や新婚旅行はもちろんですが、引越しや、新しい家具や家電製品の購入などで、出費が増えるんです。

大抵の場合、それらの費用は、彼氏と割合を決めて出すことになりますが、よっぽど貯金がたくさんあるひと以外は、お金がかつかつ状態になるので、脱毛サロンの費用を捻出しにくくなります。

また、二人で結婚に向けてお金を準備しているときに、脱毛サロンに十何万というお金を出してまで通うのは、なかなか彼氏の理解を得にくいというのもあります。

「きれいのためならお金をかけたい!」というのが女の子の気持ちですが、男にはエステや脱毛にお金をかけるのはなかなか理解しがたいもので、「エステにお金を使うくらいなら新婚旅行をもっと豪華にしようよ!」となってしまいがちです。

彼氏の許可がなくてもいい、結婚前に行っておくのが、おすすめです。

理由3:妊娠中は脱毛サロンの施術ができなくなるから

まず、妊娠中は脱毛サロンでの施術は断られます。その理由としては、脱毛時の痛みが母体によくないこと、予期せぬ体調変化に対応できないこと、万が一のときにサロンが保証できないことなどが挙げられます。

最近の脱毛は痛みが少なくはなりましたが、妊娠中の母体には痛みによるストレスは有害になります。それによって、急に体調が悪くなるかもしれませんし、施術を途中で中断することになるかもしれません。サロンではこれらに対応できるだけの設備や人員はありませんし、場所によっては病院に搬送しにくい場所の場合もあります。

万が一、施術が理由で流産となってしまった場合、責任をとるのは施術をしたサロンになってしまいます。このことから、妊娠中は、いかなる場合も脱毛サロンは施術をすることはできません。

理由4:子供がいるとサロンに行く時間がなくなるから

子供が生まれると、しばらくは子供につきっきりになります。一日中子供の面倒をみることになりますから、当然、脱毛サロンに通っている時間はなくなります。

「子供は旦那や親に預けて私は脱毛サロンに!」なんてことはよほど図太くないとできませんし、子供を預けられるサロンだとしても、幼稚園以上などの条件が厳しかったり、別途料金が発生する場合もあるので、現実的ではありません。

つまり、子供が生まれて以降に脱毛サロンに行くのであれば、ある程度大きくなってからになってしまいます。なので、脱毛サロンに行くのであれば、結婚前か、子供ができる前にしておいたほうがいいのです。