結婚相談所を会員数で比較|希望の相手が見つけやすいのはどこか

結婚相談所を検討するときに気になるのは会員数です。会員数が多いということは、希望条件をより細かく指定したときでも、マッチするお相手が見つかる可能性が高まることを意味します。逆に、会員数が少ないと、そもそも希望を指定することすらできない可能性があります。

また、会員数が多いとそれだけ多くの相手から申し込みを受けることができるようになります。会員数が多いということは、それだけ自分に興味をもってくれるひとが増えるからです。

このように結婚相談所を選ぶ上で会員数は非常に重要です。会員数が極端に少ない結婚相談所は除外し、主要な結婚相談所7社の会員数を比較しましたので、まずはグラフをご覧ください。

婚活ラウンジIBJメンバーズ 50,179名(2013年12月現在)
オーネット 40,437名(2014年1月1日現在)
ノッツェ 40,000名(2012年3月1日現在)
ツヴァイ 36,049名(2013年3月現在)
サンマリエ 20,000名(2010年12月現在)
パートナーエージェント 8,228名(2014年2月現在)
誠心 7,196名(2012年6月現在)

会員数が多いのは婚活ラウンジIBJメンバーズ

これを見ると一番会員数が多いのは婚活ラウンジIBJメンバーズだってことが分かります。なぜこれだけ多いのでしょう。それは婚活ラウンジIBJメンバーズは日本結婚相談所連盟(IBJ)が運営する結婚相談所だからです。

日本結婚相談所連盟(IBJ)は全国の結婚相談所同士が会員の情報を共有するネットワークで、ここに加盟している結婚相談所であれば、どこでもこのネットワークに在籍する会員の中から探す事ができるのです。

そのネットワーク活かした結婚相談所である婚活ラウンジIBJメンバーズは他の独自会員のみで運営する結婚相談所と比べても会員数は多くなります。なので、会員数でいえば圧倒的に婚活ラウンジIBJメンバーズと考えていいです。

»婚活ラウンジIBJメンバーズの口コミを読む

実はパートナーエージェントが最強?

単純に会員数だけでみれば婚活ラウンジIBJメンバーズが最も多いのですが、実はパートナーエージェントが最強なのではないかと私は考えています。

というのは、パートナーエージェントには「コンシェルジュワイドコース」というプランがあります。これは独自会員8,228名(2014年2月現在)に加え、先ほどの日本結婚相談所連盟(IBJ)の会員約5万名からも紹介を受けることができるというプランです。

つまり、両者を足し合わせて合計5万8228名の会員から選べるのです。このプランであれば、実質的にパートナーエージェントが最強の結婚相談所になります。

このプランは独自会員のみの「コンシェルジュコース」に比べて月額3000円ほど高くはなりますが、3000円で会員が5万人も増えるのであれば、十分割に合っていると私は思います。

»パートナーエージェントの口コミを読む