友達と一緒に婚活するとうまくいかなくなる5つの理由

最終更新日:

頭を抱える女性

友達と一緒に婚活を始めたいというひとは多くいます。一緒にがんばる仲間がいるほうが婚活を続けやすい、不安やぐちがあってもお互いに相談し合うことができるというというのがその理由のようです。

しかし、私の経験上は友達一緒にする婚活は非常にリスキーであまりうまくいかないことの方が多いです。今回はその理由について紹介したいと思います。

理由1:常に友達と比較してしまうから

仲のいい友達同士だと、お互いに知り合った人や仲良くしている人について話をすることがあると思います。

すると、自分と比較してしまい、「自分ももっといい人と知り合いたい」「友達よりもいい人と知り合いたい」という気持ちになり、好みの異性の基準が崩れたり、友達よりいいひとを見つけることが婚活の目的になってしまったりします。

特に女性は友達が自分よりもスペックが良い男性と仲良くしていると、スペック競争みたいになってしまい、条件重視の婚活になってしまう危険性もあります。

「自分は自分、友達は友達」と割り切れる人ならいいですが、その自信がないようであれば、友達と婚活するのは避けたほうが良いでしょう。

理由2:独身女子会は潰し合いになりがちだから

女子同士の暗黙のルールは「抜け駆け禁止」です。

独身女子会にでも参加すれば、表向きは一緒に頑張ろうというムードになりますが、いざ知り合った男の話になろうものなら、暗黙の潰し合いが始まります。

「稼いでるのはいいけどそういう人ってチャラい人多いよねー。」
「商社マンなんて遊んでる人多いからやめなよー。」
「お医者さんは変な人多いから危ないよー。」

などと、自分よりもスペックの良い人と付き合ってる人がいたら、やんわりと潰しにかかります。

これを鵜呑みにしたり、友情を壊したくないという理由で、付き合うのをやめたりすれば、せっかくの出会いが台無しになってしまいます。

婚活中は独身女子会などからは一歩引いた方が自分の婚活に集中できるので、結果的にうまくいくことが多いです。

理由3:嫉妬心から友情が壊れる可能性があるから

お見合いパーティーには友達と一緒に参加するひとはわりと多くいます。

しかし、お見合いパーティーの雰囲気をみたかっただけならまだしも、真剣に出会いを求めていくのであれば、お見合いパーティーは一人で行った方がいいでしょう。

友達とお見合いパーティーに行くと、友達の状況がどうしても気になってしまうのです。誰と話しているのか、どのひとを狙っているのか、自分が気に入っている人とかぶっていないだろうか、などと、余計なことばかり考えてしまいます。

気になってしまうので、目の前にいる相手との会話もないがしろになりがちです。

また、自分がいいと思ってた人と友人がマッチングしていたら、嫉妬心から不遜な態度をとってしまうかもしれません。嫌みのひとつでも言いたくなるかもしれません。

友人との関係を保つためにも、お見合いパーティーは一人で行った方がいいのです。

理由4:フリータイムに男が話しかけにくいから

お見合いパーティーや婚活イベントではほとんどの場合フリータイムがあります。そんな時に友達と一緒にいると、非常に話しかけにくいんです。

男は基本的に1人で参加していることの方が多いので、2人でいる女の子に話しかけに行くのはとても勇気がいります。

2人のどちらかに興味がある場合も、2人と話さなくてはいけないので「めんどくさいな。。。」と思われてしまうかもしれません。

真剣な目的であれば、お見合いパーティーは1人で参加するようにしましょう。

理由5:友達に先を越されるとメンタルが落ち込むから

頭を抱える女性

友達と一緒に婚活して、状況を逐一報告するくらい仲がいいと、その時は一緒に婚活をしている安心感から心地いいですが、友達が結婚してしまったときはメンタルが大きく落ち込みます。

表向きは喜んであげられたとしても、心の中では動揺が広がるでしょう。

「先を越されてしまった。」
「自分は遅れているんじゃないか。」
「これから先は一人で婚活できるのかな。」

などと、ネガティブな気持ちで心が満たされてしまいます。

急に孤独を感じてしまい、なかなか気持ちの整理がつかずに自分への自身を失い、最悪の場合、そのまま一年くらい婚活ができなくなってしまうこともあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?婚活では友達同士で婚活していると、何かとうまくいかなくなることがあるので、1人でやる方がベターです。

友達にはたまに近況報告する程度にしておいて、独身女子会などからは距離をおくようにしましょう。