友達と婚活するとうまくいかなくなる

頭を抱える女性

友達との婚活

友達と一緒に婚活を始めたいというひとは多くいます。一緒にがんばる仲間がいるほうが婚活を続けやすい、不安やぐちがあってもお互いに相談し合うことができるというというのがその理由のようです。

しかし、私の経験上は友達同士で始めた婚活はたいていの場合うまくいきません。

というのは、友達同士で婚活していると、友達の状況が気になってしまって、自分の婚活に集中できなくなるのです。

友達に恋人ができたとします。まだ自分に恋人がいなかったとすると、当然焦ります。焦って理想の相手ではないようなひとと付き合ってしまったり、逆に友達よりもいいひとを見つけようと奮起してしまうあまりに、無駄に恋人のハードルが上がってしまいます。

友達が結婚してしまったときは最悪です。表向きは喜んであげられたとしても、心の中では動揺が広がるでしょう。

「先を越されてしまった。」
「自分は遅れているんじゃないか。」
「これから先は一人で婚活できるのかな。」

などと、ネガティブな気持ちで心が満たされてしまいます。

そうなれば、婚活は停滞してしまいます。なかなか気持ちの整理がつかずに、自分への自身を失い、最悪の場合、そのまま一年くらい婚活ができなくなってしまうこともあるでしょう。

お見合いパーティーは一人で行く

婚活を友人と一緒にやらないひとでも、お見合いパーティーには友達と一緒に参加するひとはわりと多くいます。

お見合いパーティーの雰囲気をみたかっただけというのであればかまいませんが、真剣に出会いを求めていくのであれば、お見合いパーティーは一人で行った方がいいでしょう。

友達とお見合いパーティーに行くと、友達の状況がどうしても気になってしまうのです。誰と話しているのか、どのひとを狙っているのか、自分が気に入っている人とかぶっていないだろうか、などと、余計なことばかり考えてしまいます。

気になってしまうので、目の前にいる相手との会話もないがしろになりがちです。

また、友人がいいひとを見つけてうれしそうにしていたら、嫉妬心から不遜な態度をとってしまうかもしれません。嫌みのひとつでも言いたくなるかもしれません。

友人との関係を保つためにも、お見合いパーティーは一人で行った方がいいのです。