どれだけ好きでも3ヶ月は付き合ってから結婚を決めたほうがいい

結婚前のカップル

冷静な判断をするには3ヶ月は必要

出会ったその瞬間から恋におちて、すぐにでも結婚したいと思うことがあります。そういう場合でも最低3ヶ月は付き合ってから結婚を決断するようにしてください。

熱しやすい恋はその後に冷めるスピードも早いものです。どれだけ急激に恋におちても、たいていは3ヶ月で気持ちが落ち着くものです。

結婚を決めるかどうかをそのタイミングで冷静に考えても遅くはないのです。

恋が燃え上がっているときというのは、冷静な判断ができません。第三者からみれば明らかに問題があると思われる相手であっても、恋をしている本人にとってはそれが見えていません。

相手の欠点すらも魅力のひとつのように思えてしまうのです。

マリッジブルーになりかけた女性

ある女性が「ついに理想的な相手を見つけました!性格も相性もばっちりです!」と勢い良く私に教えてくれました。

出会って数週間しかたってないにも関わらず、彼女はすぐにでも結婚すると言い出します。しかし、私はまずは3ヶ月付き合ってみてくださいと伝えます。彼女はしぶしぶながら結婚するのを思いとどまり、3ヶ月付き合ってみることにします。

すると、彼女は彼が自分の思っていたようなひとではないことに気付きます。

どうも彼には虚言癖があるようで、自分で自分を大きくみせようとするところがあるようなのです。顔がイケメンだったため、ついつい一目惚れしてしまい、彼の欠点を見逃していたのです。

結局、彼のその性格に飽き飽きしてしまい、その後数ヶ月付き合った後で別れてしまいます。

彼女はその後、別の男性と出会って、無事に結婚しましたが、いまでもその前の男性との結婚を思いとどまってよかったと話しています。

婚活をしていると男女ともに自分をよく見せようとし過ぎてしまうことがあるので、1ヶ月や2ヶ月ではありのままの姿は見えてきません。詳しくは友人に会えばありのままの姿が分かるでも書いていますが、少なくとも相手の友人に1人は会ってみるようにしてください。そうすれば否が応でも相手のありのままの姿を見ることができます。

自分を知ってもらうためにも3ヶ月は必要

最低でも3ヶ月交際したほうがいいのには他にも理由があります。それは自分自身も相手に勘違いされている可能性があるからです。

恋に落ちたときに冷静な判断ができないのは相手だって同じです。恋におちることに男も女も関係ありません。人間である限り、必ず恋に落ちますし、その瞬間から冷静な判断ができなくなります。

相手が自分の性格や長所を勘違いしていたら、結婚してから、「こんなひとだと思わなかった!」といわれてしまうことでしょう。毎日のように自分への不満ばかりを言ってきたら、とてもじゃないが何十年も一緒に生活なんてできません。

ありのままの自分を知ってもらい、その上で結婚したいと思ってもらえるように、最低3ヶ月は付き合ったほうがいいのです。3ヶ月も付き合えば、お互いにいい部分も悪い部分も分かってきます。

その上で結婚できるかどうかをお互いに判断しても遅くはないのです。