最低でも3回会ってからアリかナシかを判断する

ワインを飲む婚活男女

3回は会わないと判断できない

初めて会ったときから一生の親友だと思えるような友人に出会ったことありますか?

どれだけ仲のいい友人でも、最初からずっと仲がいいということはないと思います。何度か話したり、遊びにいく仲で、徐々に信頼関係を深めていったということのほうが多いのではないでしょうか。

婚活でも同じです。最初はどうかなと思っていても、何度も会っているうちに徐々に相手の魅力が分かるようになり、気付いたら好きになっていたということがよくあります。

婚活では相手を早く見切ってしまう傾向にありますが、1回会っただけで見切ってしまうのは非常にもったいないことです。

どうしても相手の雰囲気や話し方、態度などが、明らかに生理的に受け付けないというのであれば話は別ですが、「なんとなく違うかなと思った」「ぴんとこなかった」という程度であれば、もう一度会ってみることをおすすめします。

2回目、3回目のデートは変化をつける

2回目、3回目のデートで1回目と同じようなデートをしていてはダメです。それでは相手を同じ側面からしかみることができないので、1回目のデートと印象は大して変わらなくなってしまいます。

1回目はレストランで食事をしたなら、2回目は公園デート、3回目は遊園地デート、というように相手を様々な側面から見れるように変化をつけましょう。

実際に私が担当した方で、1回目のデートでレストランに行ったときはいまいちだと感じたのに、2回目の公園デートでは印象が全然違って見えたということがありました。

どうも、相手の方は面と向かって話をするのが苦手だったようで、それに人見知りが重なって思うように自分を表現できなかったようです。

このようなケースは珍しいことではありません。

デートの方法を変えるだけで全然変わるものなのです。

3回会ってもよくわからないときは

3回以上デートを重ねているのになかなか相手のことがつかめないときはそれ以上交際を続けても発展するのは難しいかもしれません。

ただ、見切ってしまう前に一つだけ確認があります。手をつないだときの気持ちはどうだったかです。手をつないだときにドキッと感があればもう少し交際を続けて、少しずつでも距離を縮めたほうがいいでしょう。逆にドキッと感が全然ないようであれば、おそらくその相手はあなたの結婚相手としてはふさわしくないかもしれません。

頭でごちゃごちゃ考えるよりも、手をつないだときの気持ちが一番正しいものです。まだ手をつないでいないというひとは手をつないだときの自分の気持ちを確認してみてはいかがでしょうか。