感謝できるひとは結婚も早い

感謝する男女

結婚が早いひと

一度お会いしただけでこのひとは結婚するのが早いだろうなと思えることがあります。それは誰にでも感謝の気持ちを述べられるひとです。

決して好みでないようなひととのデートの後も「今日はお会いできてよかったです。」と言える。そして、そのひとを推薦した結婚相談所のカウンセラーにも「今回はご縁がありませんでしたが、あのひとを推薦して頂きありがとうございます。」と言います。

誰にでも感謝の気持ちを伝えられるひとというのは、周囲からの協力を得やすくなります。

例えば、あなたが3対3の合コンをセッティングしたとしましょう。この合コンでは誰も収穫がなかったとします。

一方の友人は合コンをセッティングしてくれたあなたにお礼を言える。一方の友人は表向きはお礼を言っても、合コンで収穫がなかったことへの不満ばかりが口をつく。しまいには、上から目線で男性へのダメだしタイムが始まる。

あなたが応援したくなるのはどちらの友人でしょうか。

ポジティブ思考

感謝の気持ちが伝えられる女性というのは物事をポジティブに考えることができるという共通点があります。

どんな出来事に対してもポジティブに捉えることができるので、婚活がうまくいかないときにも、一つ一つの出会いを大切にすることができます。

出会いを大切にできるので、そのとき出会った相手のいい部分が自然と見つけられるようになります。

ひとのいい部分というのは表に出てきにくいものです。初対面の相手に対してであればなおさらです。あなたの友人の中にも、ずっと一緒にいないと分からない魅力をもったひとがいるのではないでしょうか。

そういうすぐには分からないような魅力を見つけられるようになると、結婚は早いです。

感謝の気持ち

婚活をしていると、思考が減点方式になってしまいがちですが、ひとのいい部分を見つけられるひとは加点方式で相手をみることができます。

あれもだめこれもだめではなく、こんないい部分とこんないい部分があるひとだと考えるのです。

だめな部分がない人間はいない以上は、だめな部分がないひとを探しているひとよりも、いい部分を見つけられるひとのほうが結婚が早いのはあえていう必要がないことです。

いつもポジティブでいられるひとはいません。でも、出会った人への感謝の気持ちを伝えること。この繰り返しで、思考はポジティブになりやすくなります。

まずは小さい感謝の気持ちを大切にするようにしてください。