本当に効果的な男性の褒め方

褒めるのは難しいものです。それが大事だということは分かっていても、いざ実践しようとするとうまくいきません。

うまく褒めたつもりでも、相手の反応はいまいち。相手によっては逆に機嫌が悪くなってしまうこともしばしば。

特に男性は疑い深いひとが多いので、よほどうまく褒めない限りは喜んではくれません。たいていは社交辞令だと思われておしまいです。

そこで、男性を褒めるときの効果的なポイントをいくつかご紹介しましょう。

褒めている光景

1.外見を褒める

女性は外見を褒められることが多いかもしれませんが、男性というのは外見を褒められる機会というのはあまり多くありません。

特別にイケメンじゃなくても、メガネやネクタイ、スーツなど身につけているものやこだわっていそうなものがあれば、それをほめてあげれば喜ぶひとは多いものです。

男性が女性からほめられてうれしいのはずばり外見です。無理して内面をほめるよりも、よっぽど効果的です。

2.理由を述べる

男性は理屈っぽいので、褒められればなんでも喜ぶというほど単純ではありません。

褒めるときにはその理由を具体的に伝えるようにしてください。

例えば、ネクタイをほめるときに「そのネクタイ素敵ですね。」というだけでは、何が素敵なのかよく分からないので、男性は喜びません。

「そのネクタイは珍しい柄で、色合いもすごくお似合いです。センスがいいですよね。」ときちんと理由を述べたほうが、男性は喜びます。

3.思いついたらすぐに褒める

褒めるときはそこに気持ちがのっていないと、相手に社交辞令だと思われてしまいます。相手のいい部分が見つかったときや、本当にすごいと思ったときには、間髪入れずに褒めるようにしましょう。

ぎこちない褒め方だったとしても、気持ちがのっているので、相手にはその気持ちがしっかり伝わります。

事前に準備したり、後からタイミングをみて褒めようなんてやっていたら、気持ちがのらなくなってしまいます。

褒めるベストタイミングは思いついた瞬間だと心得ましょう。

いかがでしたか?
以上、三点を意識することで、褒めたときの相手の反応はぐっとよくなります。

決して難しいことではないので、すぐにでも実践できるはずです。

ぜひ取り入れてみてください。