結婚相談所ではカウンセラーとの相性は大事

相性がいい二人

結婚相談所の担当者はなんでも相談できる

結婚相談所に入会するとたいていの場合、専任で担当者がつくことになります。入会する結婚相談所によって呼び方は異なりますが、一般的にはカウンセラーとかアドバイザー、担当スタッフというような呼び方をしています。

カウンセラーの仕事は担当する会員を成婚に導くことが仕事です。カウンセリングからマッチング、プロフィールの作成支援、写真の撮影と選定、お見合いパーティーなどのイベント紹介など、幅広くサポートしてくれます。

不安なときにはなんでも相談することができるでしょう。どんな相談でも快く応じてくれます。カウンセラーは婚活する上で大切なパートナーなのです。

相性がいいことが一番大事

カウンセラーとは相性がいいことが一番大事です。カウンセラーもひとそれぞれなので、あるひとにとっては最高のカウンセラーでも、あるひとにとってはいまちなカウンセラーになります。

友人同士でも相性のいい人と悪い人がいるように、カウンセラーとも相性はあります。

信用できるひとなのか、本当に自分のことを分かってくれているのか、仕事を全力で取り組んでくれるのかなど、このひととなら一緒に婚活ができると思える相手かどうかは常に確認するようにしましょう。

自分を担当するカウンセラーとは入会前の相談会などで話す機会があります。ここでしっかり相性を見極めるようにしましょう。詳しくは入会前の無料相談で確認すべきことで書いています。

成婚料はカウンセラーのモチベーションのひとつ

結婚相談所では成婚料が発生する場合とそうでない場合があります。一見して、成婚料がないところのほうが良心的なようにみえますが、実はそうでもありません。

成婚料はたいていの場合、報奨金としてカウンセラーに何割かが入るようになっているので、成婚料があるかないかでカウンセラーのモチベーションは全然違ったものになります。

自分への報奨金がある場合は、やはりなんとしてでも成婚してもらおうと思うでしょうし、報奨金がないのなら、それほど頑張らないかもしれません。

実際のところ、成婚料がある結婚相談所のほうが会員が成婚するまでの期間が短いといわれています。結婚相談所を選ぶときには成婚料があるかどうかは必ずチェックするようにしましょう。

カウンセラーのレベルはまちまち

結婚相談所のカウンセラーは結婚相談所によってレベルがまちまちです。ただ単に結婚相談所のレベルが低いだけのこともあれば、カウンセラーに力を入れていないということもあります。

例えば、オーネットの口コミをみても分かる通り、オーネットはデジタルマッチングを重視しているのでカウンセラーのレベルはあまり高くありません。

一方、ラウンジメンバーズパートナーエージェントではカウンセラーに力を入れているので、利用者のカウンセラーに対する評判もよくなっています。

このように結婚相談所のカウンセラーのレベルはまちまちなので、カウンセラーを重視するのであれば、カウンセラーの評判がいい結婚相談所を選ぶのがいいといえるでしょう。