お見合いパーティーのデメリット

デメリットを考えている

他の参加者が気になる

一般的なお見合いパーティーは一つの会場で行うため、隣とのひととの距離が意外と近かったりします。慣れればそんなに気にならないものですが、最初のうちはどうしても気になってしまうかもしれません。

そういうときには個室パーティーを選ぶといいです。個室パーティーはパーティションで仕切られたブースのようなところでやるので、周りを気にすることなくゆっくり話すことができます。

個室パーティーはパーティーパーティークラブチャティオで多く開催されています。

全く収穫がないパーティーになることもある

当たり前ではありますが、お見合いパーティーでは全員が全員カップルになれるわけではありません。どれだけカップル率が高いところでも、50%くらいが限界なので、2人に1人は全く収穫がないパーティーになってしまうことになります。

100%カップルになる裏技があればいいですが、残念ながらそんなものはありません。

なので、お見合いパーティーを選ぶときには信頼できる主催者を選ぶこと、及び自分の好みの異性が多く参加しているパーティーを選ぶことが大事になります。

また、自分が優位に立てるパーティーを選ぶことも大事です。例えば32歳の女性の場合には、年齢制限が「32歳〜40歳」というようなパーティーを選びます。自分が最年少になるので、それだけで大きなアドバンテージになります。

緊張してうまく話せないこともある

お見合いパーティーは初対面の相手と正面を向き合って話すことになるので、緊張してうまく話せないこともあります。特に人見知りの場合や、会話が苦手なひとにとっては緊張しやすい環境といえます。

これはある一定慣れの問題でもあるのですが、どうしても緊張してしまうことが心配であれば、もっとカジュアルに参加できる趣味系の合コンがおすすめです。

例えばエクシオでは料理合コンや登山合コン、テニス合コン、カフェ合コンなど、気軽に話ができるカジュアルなタイプの合コンを数多く開催しています。

お見合いパーティーの雰囲気が苦手であればこういうものに参加するのも一つの手です。