奥手で異性が苦手でも婚活を成功させる方法

奥手な男女

奥手なひとならではの魅力をアピールする

奥手なひとは自分に負い目を感じやすく、「どうせ自分なんて。。。」「もっと異性と気軽に話せたらな。。。」とネガティブな考えに陥ってしまいがちです。でもそれは、全くの間違いで、奥手なひとというのは奥手なひとにしかない魅力があります。

例えば、誠実や真面目さ、優しさ、繊細さなどがありますが、これは異性を惹き付ける類希な魅力の一つです。それを上手に相手に伝えることができれば、異性との付き合いがうまいだけのひとにはそうそう負けません。

自分の魅力を再認識し、それを上手に異性にアピールすることが婚活成功のための第一歩です。

街コンやお見合いパーティーには参加しない

婚活というと街コンやお見合いパーティーを最初に思い浮かべるかもしれませんが、奥手なひとにとって街コンやお見合いパーティーは一番うまくいきにくいところです。街コンやお見合いパーティーはどうしても短時間で自分をアピールしなければならないため、奥手なひとの魅力である誠実さや真面目さをアピールすることが難しいのです。

また、街コンにしても、お見合いパーティーにしても、自分から話しかけたり、会話をリードして行かなければ、数多いライバルに勝つ事はできません。奥手なひとにとってはそれはなかなかの試練です。わざわざ自分に不利なところに行く必要はないので、婚活で街コンやお見合いパーティーに行くのはやめましょう。

サポート役を見つける

奥手のひとが自分の魅力を上手に異性に伝えるためには、今までと同じように一人で婚活をしていては状況は改善できません。自分の魅力を引き出し、それをアピールする方法をアドバイスしてくれるサポート役を見つけることが必要です。

サポート役としてふさわしいのは、自分のことをよく知る友人や家族などが適しています。頼めるひとがいれば今すぐ頼むのがいいでしょう。

どうしても身の回りにそういう人が見当たらない場合は、結婚相談所のコンサルタントに力を借りるのもありです。結婚相談所のコンサルタントは婚活のプロ中のプロですから、自分の魅力を引き出し、それをアピールする方法を丁寧に教えてくれます。

例えば、ツヴァイは専任のアドバイザーが程よい距離感で、サポートをしてくれます。詳しくは、»ツヴァイの口コミをどうぞ。