趣味の書き方

話が広がりやすいものを選ぶ

プロフィールに書かれた趣味は対面して話すときの大切なきっかけになります。

全然話の広がらないような趣味を書いてしまっては、そのきっかけがなくなってしまうので、なにを話せばいいのか相手が戸惑ってしまいます。

話が広がりやすい趣味とは、ずばり誰でも少しは経験があることです。例えば、読書、映画、旅行などがそれにあたります。

好きな映画や最近見た映画の話をするだけでも、会話が盛り上がりますし、そのひとのひととなりが見えてきます。

話を盛り上げる意味でも、相手との好みの相性を知る上でも、話の広がりやすい趣味を書いた方がいいでしょう。

個性を出す

趣味は無難なものよりもある程度個性が出た方がいいものです。そこから、自分の性格や好みなどの個性を伝えることができるからです。お見合いパーティーのように何人もの異性と話す場面ではそれがなおさら効果を発揮します。

そうはいっても、そんな個性的な趣味なんかないというひともいるかと思います。

そういう場合には、無難な趣味でも、個性が伝わるような要素を付け加えるようにしましょう。

例えば趣味が映画鑑賞だったします。下記の二つを比べてみてください。

「趣味:映画鑑賞」
「趣味:SFものでスリリングな映画を映画館でよく観ます。」

下の書き方のほうが断然個性が伝わってくるのが分かります。このように5W2Hを意識して書くだけでも個性は十分に伝わるものなのです。

自分のよさを引き立てるようにする

趣味で伝えることができるのは個性だけではありません。書き方次第で自分のよさを引き立てることができます。

例えば登山が好きだったとします。それでそのまま「趣味:登山」と書いても伝わるのは趣味が登山であるという事実だけです。

そこで、「登山サークルで幹事をしている。」という事実もあるのであれば、それも一緒に書いてみましょう。

そうすると、サークルに参加するような活動的なひと、幹事ができるようなリーダーシップのあるひとという、自分のよさを二つも伝えることができてしまいます。

これは、書くスペースの問題もあるので、書ききれない、書きにくいような内容であれば、直接会ったときにその事実を伝えてもいいかもしれません。

いずれにしても趣味で自分のよさをついでにアピールするようにしてください。それだけで相手の印象は全然変わってきます。