結婚相談所での出会いの種類

結婚相談所で出会ったカップル

担当者からの紹介

1.毎月決められた人数の紹介書が郵送かメールで送られてくる。
2.気に入った相手がいた場合には担当者に伝えて申し込みをする。
3.担当者から相手に自分のプロフィールを郵送かメールで送付する。
4.相手からの返事がオーケーだったら、詳細なプロフィールやメッセージなどが送られてくる。
5.電話やメールを通じて連絡を取り合い、初デートのセッティングをする

紹介を受けたからといって必ずしも申し込みをしなければいけないというわけでありません。気にいったひとがいなければ、すべてを断っても問題ありません。

ただ、一ヶ月で10名近く紹介されても一人もいいひとがいないという場合にはマッチングがうまくいってない可能性があるので、担当者に伝えて、マッチングの擦り合わせをしましょう。

何も伝えないまま、紹介を受け続けるのは時間と費用の無駄になってしまいます。担当者も何が問題なのか分からないと、マッチングの仕方を変えることができません。

紹介を断るときは断る理由を定期的に伝えることが大切です。

自分で検索して出会う

1.専用のwebシステム上から条件を設定して検索
2.気に入った相手がいたら申し込みをする
3.相手からオーケーの返事がきたら、詳細なプロフィールが送られてくる
4.連絡先を交換して、デートをセッティング

大手の結婚相談所であれば、自分で会員検索をして気になった相手に申し込むことができます。手間はかかりますが、自分で検索できるので、マッチングのずれが少なくて済みます。

結婚相談所によっては担当者からの紹介はなく、すべて自分で検索するようになっていることもあります。

イベントや会報誌を通じて出会う

大手の結婚相談所では定期的にお見合いパーティーやイベント合コン、クルージングツアーのようなイベントが多数開催されています。

直接話しながら相手を選ぶことができるので、効率よく活動することができます。結婚相談所で成婚したひとの中には結婚相談所のイベントで出会ったというひとも意外と多いものです。

また、結婚相談所の会報誌も出会いが多くあります。会報誌には会員の簡単なプロフィールがのっていることがあるので、検索だけでは出会えない相手との出会いがあります。

ちなみに、結婚相談所の大手のオーネットの会報誌であるイントロGでは新入会員のプロフィールが3ヶ月間掲載されます。掲載されると全国から自分への申し込みが一気に増えます。少なくとも10人、多ければ100人以上の申し込みが入ることがあります。

会員の間ではこれをイントロバブルと呼んでいて、ちょっとしたモテ気分を味わうことができると評判です。当サイトに寄せられたオーネットの口コミでも、そこから出会いに発展した方がいらっしゃるようなので、意外といい出会いの場のようです。

オーネットに限らず、結婚相談所ではこうした会報誌やイベントも大事な出会いの場なのです。