失敗しない結婚相手の選び方

結婚相手選びは減点方式よりも加点方式のほうがうまくいく

親指を立てる女性

減点方式だと 婚活で相手を探すときについついやってしまうのが、減点方式で相手をみてしまうということ。自分の理想像を明確にしてから婚活をするひとが多いので、どうしても理想像を基準にしてしまいがちです。 …続きを読む

刺激よりも安心感のある生活を過ごせる相手が結婚相手にはちょうどいい

笑顔のカップル

あこがれのリッチで刺激的な生活 どうせ同じ男を選ぶのなら刺激的な刺激的な生活をさせてくれるひとがいい。欲しいものを買ってくれる。行きたいとこにつれてってくれる。高級なレストランで食事ができる。女性なら …続きを読む

理想の結婚は自分の幼い頃の家族にある

ベンチに座る子供

理想の生活は幼い頃の家族 理想の結婚相手は異性の親であるという話は誰もが聞いたことがあると思います。同じように理想の生活は自分の幼い頃の家族を振り返ることで見つかることがあります。 まずは幼い頃を思い …続きを読む

焦れば焦るほど理想の結婚相手が分からなくなる

悩む女性

理想の男性とは 婚活している女性に意外と多く見受けられるのが、自分の理想の相手が分からないというひとです。 婚活を始める前や始めたばかりの頃は確かに理想像がありました。しかし、婚活がうまくいかなかった …続きを読む

女性は7つ年上までが現実的な結婚相手のライン

ピクニックをするカップル

夫婦の年齢差は1歳下から7歳上まででほぼ9割 日本では夫婦の年齢差は女性からみて、1歳下から7歳上まででほぼ9割の割合を占めています。旦那さんが年上、奥さんが年下という関係の夫婦がほとんどなんですね。 …続きを読む

結婚相手は金銭感覚が近い方がいい

カップル

高年収の相手は疲れる 結婚相手の年収は高ければ高いほどいいのは当然のことです。誰しもがより豊かな生活を望み、より経済的に安定していたいと願うものですから、結婚相手を選ぶときには少しでも年収が高い相手と …続きを読む

結婚相手の出身地は意外と大事

img_025.jpg

意外と大事な出身地 意外と見過ごされてしまうのがお相手の出身地です。年収や職業、趣味や性格はチェックしていてもお相手の出身地ってあまり気にしないのではないでしょうか? でも、出身地ってすごく大事なんで …続きを読む