婚活で貯金額を聞く女性の心理や希望額&貯金が少ない場合の答え方

最終更新日:

婚活で貯金額を聞かれて不審に思った男性

婚活で出会った女性に貯金額を聞かれて、戸惑った経験はありませんか? 実は、女性が男性に貯金額を聞くのはお金持ちと結婚したいからではありません。

今日は、貯金額を気にする女性の心理女性の望む結婚相手の貯金額を紹介します。貯金の少ない男性が女性に貯金のことを聞かれたときの答え方もあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

貯金額を聞く女性の心理

まずは、婚活で出会った男性に貯金額を聞く女性の心理を紹介します。

1.結婚資金に回したい

1つ目の心理は、男性の貯金を結婚資金に回したいというもの。

厳密に言うと、自分では思うように貯金できていない女性は「男性に貯金がなければ結婚式を諦めなければいけないかもしれない」と思うのです。

小さな頃から

夢はお嫁さんになること♡

と言う女の子がいますよね。このお嫁さんという表現は、どちらかと言うと結婚そのものよりもウェディングドレスを着てお姫さまみたいに着飾りたいという願望そのものであることが多いです。

ですから、女性にとって結婚すること自体とステキな結婚式を挙げることはセットのようなものだと男性は理解してください。

そのうえでお伝えしますが、親ごころゼクシィの調査によると、婚約から結納・新婚旅行までにかかる費用の全国平均は463.3万円だそうです。そこへ新生活を始めるにあたって必要な費用を加えると、結婚資金には600万円程度が必要だと考えられます。

また、マイナビウーマンの調べにより、結婚費用を1円も出さない女性(厳密に言うと、貯金がないので出せない女性)が多いことや、結婚費用を両親が援助してくれる家庭はそう多くないことも分かりました。

つまり、結婚資金を貯金していない女性が理想の結婚生活をスタートさせるためには、相手の男性に頼るしかないということです。

とはいえ、結婚式や新婚旅行の予算については同じ女性でも考え方に随分と違いがありますので、一概に「600万円ほどの貯金がある男性を求めている」とは言えません。あくまで、この人と結婚したらどんな結婚式を挙げられるだろう? と想像するための質問ですので安心してください。

2.金銭感覚を知りたい

婚活で出会った男性の金銭感覚を知りたいというのも、貯金額を聞く女性の心理です。

男性の中には、年収が400万円の人もいれば800万円の人もいます。ですが、貯金額も年収に比例して多くなるのかといえば、そうではありませんよね。

たとえば、

年収が800万円あっても貯金は0円、だけど毎回リッチなデートに連れていってくれる

といった男性がいれば、

年収は400万円でデートは毎回チープな雰囲気、でも貯金額は250万円

といった男性もいます。

ただ交際するだけなら、年収が高くて毎回リッチなデートに連れていってくれる男性を望む女性は多いもの。ですが、婚活中の女性にとっては、800万円の年収で貯金額0円の男性よりも400万円の年収で貯金額200万円の方が安心できます

反対に、年収が高いのに貯金額があまりにも低い男性は、趣味や人付き合いなどにお金を多く使う散財タイプなのだろうとみなされる可能性が高いでしょう。

3.何かあったときのことが心配

婚活で貯金額を聞いて金銭感覚を知りたいと考える女性

女性が婚活で出会った男性に貯金額を聞く3つ目の理由は、結婚生活の中で何かが起こったときに頼れるかどうかを知りたいからです。

結婚してからも共働きで働く家庭は多いものの、実際には

  • 妊娠や出産による休業
  • 育児や両親の介護による勤務時間の短縮
  • 事故や病気による入院

などで一時的に月収が減ってしまうかもしれません。保険で賄(まかな)える場合もありますが、すぐに保険金を支払ってもらえないケースもあるでしょう。そう考えれば、ある程度の貯金をしている男性と一緒になった方が安心だと考える女性の気持ちにもうなずけます。

女性もバリバリ働く時代であるとはいえ、やはり十分に貯金ができる女性はそう多くありません

実際に、マイナビウーマンの調べによると結婚までに50万円未満しか貯金していない女性は最も多く、実に全体の28.3%にも上ります。次に多いのが「50万~100万円未満」、その次に多いのが「100万~150万円未満」で、いずれも割合は11~13%ほど。

つまり、50%以上の女性は150万円未満の貯金しか用意できずに結婚するということです。

本当は余裕があるのに貯金をしていないのか、それとも本当に余裕がなくて貯金できていないのかは人によりますが、やはり金銭面では男性に頼りたいと考える女性が多いのでしょう。反対に、自分で十分に貯金できている女性は男性に頼りたい気持ちも薄れるため、婚活すらしないのかもしれません。

女性の望む結婚相手の貯金額

では、女性は男性に一体どれくらいの貯金額を期待しているのでしょうか。ここからは、女性の望む結婚相手の貯金額を紹介します。

マイナビウーマンの調査によると、未婚女性が望む結婚相手の貯金額は以下のとおりです。

1位 500万くらい 28.8%
2位 300万くらい 23.7%
3位 1000万以上  14.4%
4位 200万くらい 12.7%
5位 600万くらい 8.5%

引用元:マイナビウーマン

やはり結婚資金に必要な600万円に近い金額が出ましたね。

とはいえ、この金額はあくまで目安です。参考程度に捉えてくださいね。

貯金が少ない場合の答え方

婚活で貯金のことを聞く女性と聞かれた男性

最後に、貯金の少ない男性が女性に貯金のことを聞かれたときの答え方を紹介します。

例1.そんなにお金のことが気になりますか

あまり貯金について触れたくないなら、

そんなに僕の貯金が気になりますか

と言ってみてください。

これは、ちょっとした心理テクニックです。もしもあなたの内面に興味がある女性なら、きっとそれ以上は聞いてこないでしょう。反対に「貯金がある男性としか結婚したくない」「婚活なんだから貯金額くらい聞いても良いと思った」などと言われたら、あなたとは価値観が合わないかもしれません。

お金に関する考え方は、結婚後トラブルになることの多い価値観の1つです。婚活の話を進めながら、納得がいくまでじっくりと話し合いましょう。

例2.婚活を始めてから本格的に始めた

貯金が少ないことに対して彼女の理解を得たいなら、

婚活を始めてから貯金を本格的に始めたから、今はまだ言えるほどたまっていない

と言ってみてください。

加えて、

いつまでに○円くらいはためたいと思っている

と具体的な目標を伝えれば、お金に無頓着なワケではないことが伝わるでしょう。

まとめ:女性にとっては大事なこと

他人に貯金額を聞くなんて、一般的に考えれば失礼な話かもしれません。ですが、婚活に真剣だからこそ、彼女たちは意を決して聞くのではないでしょうか。何も「貯金額が多い人としか結婚したくない」と思っている女性ばかりではないので、貯金を気にするのは結婚を前向きに考えている証拠と捉えてあげてください。

とはいえ、結婚後にお金のトラブルが発生すれば離婚の危機に陥る可能性もありますので、お金に関する価値観は結婚を決めるまでにしっかりと見極めましょう。